スミス都へ行く [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

スミス都へ行く [DVD]

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,523
価格: ¥ 991 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 532 (35%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品の出品:6¥ 500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

人気タイトルをまとめ買い!
この商品は「DVD どれでも3枚 3,090円」キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらのリンクをご参照ください。 対象商品の一覧 へ

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • スミス都へ行く [DVD]
  • +
  • 素晴らしき哉、人生! ジェームズ・スチュワート ドナ・リード CID-5011 [DVD]
総額: ¥1,531
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジェームズ・スチュワート, ジーン・アーサー, クロード・レインズ, エドワード・アーノルド
  • 監督: フランク・キャプラ
  • 形式: Mono, Subtitled
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2011/01/26
  • 時間: 130 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004E2YUWE
  • JAN: 4547462074584
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 64,088位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

名匠フランク・キャプラが正義と理想を高らかに謳いあげた、アメリカ映画史に残る名作
★第12回アカデミー賞® 受賞脚本賞〈原案〉


【ストーリー】
上院議員の急死により、後任議員の指名が行われることに。
ペイン議員らは、政界の事情を知らない少年警備隊の隊長スミスを議員に祭り上げる。
だが、スミスは議会の目論みをよそに、熱意をもって行政にあたり、ペインや政財界のボスであるテイラーの不正に気づく。
彼らは汚職の濡れ衣をスミスに着せ、政界から葬り去ろうと画策。
一度は挫折するスミスだが、秘書サンダースに激励され、ペインたちのダム建設案の不正を暴く勇気に満ちた名演説を始める…。
名匠キャプラが<アメリカの良心>を描く、笑いと感動のヒューマン・ドラマの傑作。
主演は名優ジェームズ・スチュワート。

【映像・音声特典】
■フランク・キャプラJr.による音声解説
■フランク・キャプラJr.『スミス都へ行く』の想い出を語る
■ヴィンテージ・アド公開当時の広告
■オリジナル劇場予告編

【Copyright】(C)1939, RENEWED 1967 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

※ジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「Oricon」データベースより)

政界の陰謀を知ってしまった新人議員の、不正を暴く勇気ある行動を描いた社会派ドラマ。ジェームス・スチュアート、ジーン・アーサーほか出演。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

ジェームズスチュアートは他の代表作もありますが、私はやはりこの映画の彼が最高だと思います。
ジミーを支えるジーンアーサーの役どころにもこんな女性とめぐり逢えたら・・・と憧れました。
「愛と正義は美しい」。こんな化石のようなフレーズに生気を吹き込む力を持った映画です。
戦前の制作だけに技術・演出ともさすがに古めかしいですが、キャプラの話術は今の観客の心をもきっとゆさぶると信じてます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/1/2
民主党政権時代に野田総理がアメリカを訪問した際、アメリカの報道陣に「好きな映画は?」と聞かれて『スミス都へ行く』と答えていたのをよく記憶しています。
1938年、戦前の模範的な感じのする映画です。
政治のことには口出しせず、汚いと揶揄しておくのが一般人の態度としては最も無難でしょう。
しかし、本当にそれでいいのか?と常に自分自身に問いかけることになるでしょう。
日本ではせいぜい投票率は50%位にしかなりませんね。
この映画の主人公は、まだアメリカ合衆国の理想を信じ、政治に夢を見る新人議員です。
それ故に、利用され、馬鹿にされ、苦汁を味わわされます。
それでも、誰かが声をあげなければならなかったのでしょう。
今も変わりませんね。
アメリカの良心を表すのはジェームズ・スチュワートさんを於いて他にいません。
ジェームス・スチュワートさんならでだと思います。
アメリカ合衆国は民主主義の本山のような国でもありますから、是非にも良心を呼び起こすような作品を作り続けて欲しいと思います。
今の日本(だけでなく世界)には、スミスが必要です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
よくできたコメディであると同時に、正面から理想を掲げて、アメリカの自由と民主主義を称えた傑作である。
ともすれば深刻になりがちなテーマを、ここまで柔らかくおもしろい作品に仕上げた手腕がすばらしい。
監督は『或る夜の出来事』のF・キャプラ。

物語は、田舎の少年団長のスミスがひょんなことから上院議員に選ばれるところから始まる。
右も左も分からずにワシントンに出てきたスミスが自分がただの道化であると知るところまでが前半。
少年キャンプ法案提出をきっかけにして、テイラーが牛耳る大人の社会と対決し、敗れるところまでが中盤。
ワシントン廟で復活し、サンダースの助力を得て23時間演説を貫くのがクライマックスである。

この作品を見て感じるのは、一貫したテーマの強さである。
スミスは理想に満ちた青年だが、それは同時に、アメリカの建国の理念「人民の人民による人民のための政治」という民主主義の理想とシンクロしている。リンカーン廟がポイントポイントで出てくるのはそういうことだ。
メディア王テイラーに牛耳られる現実を前にして、アメリカが当初掲げた民主主義の理想はこんなものだったのか、ということが登場人物やセリフを通じて、作品中で繰り返し語られている。
そのメッセージの素朴な力強さが、な
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
前半の国会の雰囲気が丹念に作られていることが後半たたみかけるように活きてくる!沢山の伏線が、感動映画によくある安っぽさを吹き飛ばしている。そして想起される物語の結末をあえてカットする潔さ。最近は、長編大作とかいって、ダラダラとゆるい映像を垂れ流す映画が多い。訴えたいことを100%映画にしてたら説教にしかならないだろ?「映画を分かってる人は、昔から分かってるんだな〜」っとつくづく実感した映画、そんでもって泣ける。立つ鳥後を濁さず!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
急死した上院議員の、後任(選挙ではないように見えるが...。)に、若くて子供たちに大人気のボーイスカウト団長が選ばれた。
彼は、理想に燃えて政治の世界(ワシントンD.C.)に飛び込むのだが。

1939年作品ということを考えると、当然デフォルメはあるにしても、当時からこんなに政治腐敗が進んでいたのかと考えると痛ましい。
まだまだこれから技術的にも経済的にも大きく発展する余地があるという意味で、古き良き時代と言われるかもしれないが、情報へのアクセスが容易になっている現代の良さを改めて感じた。(だからこそリテラシーは重要なのだが。)
制作・監督F.キャプラ。
アカデミー賞には多くノミネートされるも、受賞はL.R.フォスターの原作賞のみ。
ちょっと風刺が強すぎたか?

主人公Mr,スミスのまっすぐさは、F.キャプラ作品の主人公によく出てくるタイプ。
深く考えさせられるというよりは、善悪の構図もシンプルで、思い切り感情移入できる作品かも。
良い作品だと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す