通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
スマート防災―災害から命を守る準備と行動 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 外観にうすい擦れキズや上部に少し折れ小口に多少のよごれがある場合がございます。 ◆本文ページにつきましては書き込み線引きは見受けられませんが、見落としがあった場合は速やかに対応をさせていただきますのでご連絡くださいませ。★★お求め頂きました商品は、丁寧梱包の上、郵便局のゆうメールにてお届けさせて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

スマート防災―災害から命を守る準備と行動 単行本(ソフトカバー) – 2016/3/17

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/3/17
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 2,096

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • スマート防災―災害から命を守る準備と行動
  • +
  • 新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている
  • +
  • 近助の精神-近くの人が近くの人を助ける防災隣組
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 75pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介


◆テレビ・講演でおなじみの防災アドバイザー山村武彦氏の書き下ろしによる第四弾!
◆その人、その地域、その企業の身の丈にあった、日常的にさりげなく安全を取り組むことを「スマート防災」として定義。
◆◆東日本大震災から5年が経過し、さまざまな計画や対策が策定されたが、時が経つにつれて形式的になってきていることから、現実的に実践するための防災を提案しています。
◆◆ドローンによる防災など、最新の防災手法についても記載!

出版社からのコメント

本書は、個人、企業、地域それぞれが行うべき災害対策を提案す! ! そして、最近話題のドローンを活用した防災対策についても紹介します! !

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 238ページ
  • 出版社: ぎょうせい (2016/3/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4324101299
  • ISBN-13: 978-4324101292
  • 発売日: 2016/3/17
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 232,884位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
消火訓練、避難訓練、救助訓練などが防災訓練の定番だが、著者は「それも重要だが、よく考えると災害後対処訓練でしかない」と喝破している。火を消す訓練の前に火を出さない訓練、閉じ込められを助ける訓練の前に閉じ込められない訓練、避難訓練の前に命を守る状況別行動選択訓練。つまり「災害予防訓練」を重視せよと訴えている。さらに、避難所体験訓練の前に「在宅避難生活訓練」の重要性を訴えている。
過去、このような視点からの防災の本は初めてである。目からウロコとはこういうことを言うのかもしれない。今までは「防災ごっこ」をしていたような気がする。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック