中古品
¥ 444
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少の汚れ、傷みがありますが、古本としては概ね良い状態です。※付録・特典等の記載がない場合は原則として付属しておりません。◆検品、簡易クリーニング済み、防水梱包で郵便局のゆうメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

スマートフォンサイトデザインブック 仕事で絶対に使うプロのテクニック 単行本 – 2012/7/13

5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 500 ¥ 444
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

基礎的な知識・考え方から、本格的な企業サイトにも使える技術まで、
スマートフォンサイトのデザインに必要な情報がすべてわかります!

「PCサイトがあれば問題ない」というのはすでに過去の話であり、スマートフォンでの閲覧に最適化されたサイトの重要性はこれからもさらに高まってきます。
しかしまだまだ新しい成長中の分野であるため、小さな画面でも訴求できるデザイン、サイト表示のスピード、サイト設計など、
知識・技術ともに確立していないという現状があります。スマートフォンサイトのデザインは見た目だけがよくてもあまり意味はなく、
デザインとユーザビリティのバランスが取れていることが一番重要です。本書では、単純なデザインパーツの作り方に留まらず、
サイト設計時にはどういった考え方を持つべきか、CSS3を最大限に活用したデザイン、ボタン一つひとつの最適な大きさなど、かなり細かなポイントまで紹介しています。
スマートフォン表示に最適なコーディング方法の話も盛り込んで、デザイン・表現方法を丁寧に解説、表現方法の幅を広げるのにも役立つネタを豊富に紹介しています。
これからスマートフォンサイトを作ろうとしている方々はもちろん、デザインの作り方で悩んでいる方々にとって役に立つ一冊です。
掲載のサンプルデータはサイトからダウンロードできます。

【目次】
INTRODUCTION デザイン作業の前に

スマートフォンサイト制作のワークフロー
整えておくべき環境

CHAPTER 01 デザイン実践のための基礎知識
01 PCとの違いを理解する
02 文字の見せ方と使えるフォントを知る
03 スマートフォンを操作する動作を考慮する
04 スマートフォン向けのコーディングを考える
05 実装制限される機能に配慮する

CHAPTER 02 ユーザーインターフェイス
01 ワイヤーフレームの意義と活用
02 画面表示範囲とファーストビューを意識する
03 テキストリンク・ボタンサイズ・チェックボックスの扱いに注意する
04 ナビゲーションパターン
05 ユーザーにアクションを予想させるナビゲーションデザイン
06 スマートフォン向けのEFO(エントリーフォーム最適化)デザイン
07 ユーザーインターフェイスを考えるときに注意すべき要素

CHAPTER 03 モバイルフレームワーク
01 jQuery Mobileの基本
02 jQuery Mobileを使った制作例
03 さまざまなモバイルフレームワーク

CHAPTER 04 デザインパーツ表現方法
01 繊細で手作り感のあるデザイン
02 かわいらしさを演出するデザイン
03 高級感を演出するデザイン
04 シンプルモダンなデザイン
05 和風テイストのデザイン
06 メタリック感のあるデザイン
07 堅実感のあるデザイン

目的別索引
用語索引

内容(「BOOK」データベースより)

スマートフォンサイトのデザインに必要な情報がすべて一冊でわかります。スマートフォンサイト制作の基礎知識も解説。実際の現場で使うテクニックを大公開。本格的な企業サイトにも使える技を厳選。“デザインの考え方”を丁寧に解説。


登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: エムディエヌコーポレーション (2012/7/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844362739
  • ISBN-13: 978-4844362739
  • 発売日: 2012/7/13
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 333,737位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
スマホサイトのデザインということで、気になり購入してみました。
想像していた通り、HTMLやCSSがわかっている人向けの本です。

とにかく読みやすくて、わかりやすいです!

iPhoneとアンドロイドとの違いがわかるし、各部品の大きさの目安など、すごく参考になりました。
簡易ですが部品作りの例まで掲載されています。
スマホならではの注意点が詳細に書かれています。
サイト全体をどう組み立てればいいのかのヒントも学べます。
正し、HTML5など新しいタグについては別途参考書を目に通した方が良いかと思います。

デザインブックというテーマとしても満足ですが、サイト制作するうえで全体の流れがつかめる便利な参考書です。
購入してよかったと心から思える1冊になりました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
スマートフォンのサイトデザインはPCサイトとの違いを学ぶために購入しました。
PCサイトとの違いや、注意点等、考え方から書かれているので入門書としても調度良かったです。
また、「デザインブック」というタイトルだけに、パーツひとつひとつの作り方を細かく画像つきで解説してあるのでためになりました。
デザインに特化しているので0からスマートフォンサイト作りたいという人にはこの一冊だけでは難しいと思いますが、
スマートフォンのデザインについてはこの本でしっかり学べるのでオススメです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
これまでPCとガラケーのサイトは多く作ってきましたが、スマホはこれから勉強が必要な分野で、わかりやすい入門書を探していました。
いろいろ見て、この本が一番便利ですぐ使える気がしました。
初心者として助かったところは、まず「整えておくべき環境」や「使用できる書体」、「回転」などスマホ制作に必要な準備や考え方が分かりやすくまとめてあったところ。
また、リキッドレイアウトやズームレイアウトについてや、jQuery Mobileなど、実務でどうしても触らなければならない要素についても明記されており、そのまま仕事に使えるレベルでした。デザインについても「メタリックな表現」や「和風の表現」の作り方などが具体的に書かれていて便利でした。サンプルデータがサイトから落とせるのも便利でいいです。参考になりました。
でも一番助かったのは、この本のおかげで「スマホ制作の言葉」が覚えられたことかもしれません。おかげで他の解説書やWebにある情報も一歩ふかく理解できるようになったと思います。
個人的には分厚い本だとゲンナリしてしまうので、もっと薄くしてほしかった気も(気分的に)。
とりあえず、スマホサイト制作をこれから覚えたい方にはムダにならない一冊だと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
もしあなたがウェブのデザインやコーディング、ディレクション等に関わる人ならば、一読しなければならない本ではないだろうか(もちろん、制作を依頼する側であっても大変参考になるが)。

ここ1、2年スマートフォンサイトに関する本はいくつか出版されているが、そのどれもが内容が微妙に異なっていて、まだまだノウハウが溜まりきっておらず正しい方向性を見いだせていない黎明期であることをうかがわせる。

本書はタイトル通りスマホサイトのデザインに特化した内容となっているのだが、一読した後の率直な感想と価値を伝えるとすれば『この本に書いてあることは全て知っていなければならない』ということだ。

斬新な切り口でデザインが語られているわけではないし、聞いたこともないノウハウやハックが書いてあるわけではないが、しかし「ここをおさえておかないといけないよ」というポイントが幅も高さも奥行きも絶妙なバランスで網羅されている。

本書の価値は、ここに尽きるのだ。

どこから手を付けてどのくらいやればいいのか?と全体像を知ることは、新しい分野について学習していく上で価値が高くに重要な情報だ。

スマホサイトの制作はまだまだノウハウが確立していないだけに、「現時点ではここまで知っていればOK」と背中を
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック