スポーツ がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,350
通常配送無料 詳細
発売元: FJOオンライン
カートに入れる
¥ 2,790
通常配送無料 詳細
発売元: グッドバリュー  "International shipping available"
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

スポーツ

5つ星のうち 4.6 78件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,146
価格: ¥ 2,354 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 792 (25%)
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで5%OFF対象 1 件

残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 東京事変 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • J-POPのCDとまとめ買いで、スマホへ直接CD音楽が取込める「CDレコ」「DVDミレル」が5%OFF。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • スポーツ
  • +
  • 大発見
  • +
  • 教育
総額: ¥7,723
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2010/2/24)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMI Records Japan
  • 収録時間: 47 分
  • ASIN: B0030CVOIM
  • EAN: 4988006222410
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 78件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 4,123位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
5:26
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
3:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
3:38
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
3:28
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
2:31
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
2:49
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
2:59
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
3:06
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
3:55
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
2:49
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
3:49
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
12
30
2:57
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
13
30
6:16
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

内容紹介

約2 年ぶりに4 枚目となるアルバム制作のプロダクトをスタートさせた東京事変。
その中から先行リリースしたニューシングル『能動的三分間』がシングルチャート初登場1 位を獲得。
期待の高さがうかがえる大反響をみせた。既にオンエア中の椎名林檎初出演CM も話題沸騰と、新たな動向が注目される中、
遂に待望のニューアルバムを2010 年2 月24 日にリリース!
東京事変4 枚目となるニューアルバムのタイトルは『スポーツ』!
“スポーツ"というコンセプトのもと各メンバーが楽曲を持ち寄り、これまで以上にメンバーの個性が競技の如く凌ぎ合い、
フィジカルに化学反応を起こした最新にして最高傑作アルバムが完成。
K 点越えの進化をみせる東京事変の新作。CMタイアップ曲「能動的三分間」「閃光少女」を含む全13曲を収録。

メディア掲載レビューほか

本格的活動を再開した、東京事変の第4弾アルバム。椎名林檎が出演する、グリコ『ウォータリング キスミントガム』のTV-CMソング「能動的三分間」や、「閃光少女」他を収録。湧き上がるような力強さと、鍛え抜かれたアスリートがスタートの瞬間を待っているかのような緊迫感が感じられるナンバーです。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 西京BOY 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアー 投稿日 2010/2/24
形式: CD
とてつもなく豪快で、キャッチーで、それでいて今鳴るのにふさわしい、明確な傑作である。
東京事変2年半ぶりのアルバム「スポーツ」。

まず、タイトルに偽りなし。
全編を通してとても躍動感に満ち溢れた、バッキバキのロック・アルバムに仕上がっている。テンポも早め。
前作「娯楽」で得たバンド感をそのまま応用している感じもあり、
言ってみればあの作品を更にタフに、正しく研ぎ澄まして構築し直したのがこの「スポーツ」といっても過言ではないと思う。
 また椎名林檎としてここまでロックに傾倒したアルバムも久々なのでは、と思う。
事実聴いている最中、ロックモードへの回帰というか攻めというか、そういったものを強く感じて長年のリスナーとして嬉しくなった。
とても頼れる歌、そして頼れるバンド・サウンドが大いに鳴っている。
今この国でロックが好きならば、是非。とでも言いたい出来です。

それにしても改めて一曲一曲が良い。
壮大に始まったかと思えば次々と違う表情を見せる変化球「生きる」から超ファンキーなリード曲「能動的三分間」、
言葉選びと掛け合いがひたすらに気持ち良い「電波通信」、ストレートに良い曲!な「シーズンサヨナラ」「乗り気」「閃光少女」、
シンメトリーに
...続きを読む ›
コメント 104人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
正直なところ、ここ最近の椎名林檎、東京事変には熱を覚えなかった。
良く言えばこなれてきた、悪く言えば薄っぺらくなってしまった、
そんな印象が拭えなかった。
三文ゴシップも購入したが、何度聞いてもピンと来ない。
そんなところで今回のニューアルバムの話。
「また期待して裏切られるのか…。」
購入さえ渋って、友人が買ったのを借りて夜な夜な聞いてみた。
2曲目の電波通信で、久々の衝撃に思わずニヤけてしまった。
何だこの楽曲の躍動感は!久しぶりの感覚。
やっぱり林檎の声にはカオスなバンドサウンドが似合う。
この時のために溜めていました!と言わんばかりの作品。
能動的三分間もシングルでは印象が薄く感じたが、アルバム内では栄えまくり。
そして伊澤一葉が頑張っている。本当に。
今回のアルバムで伊澤が携わっている曲に外れはない。
椎名林檎も「勝ち戦」みたいな曲が創れるんだからやっぱり凄い。
翌日私がCDショップに駆け込んだ事は言うまでもない。

オリンピックは終わったけれど、「スポーツ」は始まったばかりだ。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
教育のように緩急の激しいカオスなアルバムに仕上がっています
今までの流れを踏襲しつつも進化したサウンドに圧倒されました

様々なジャンルの楽曲(スポーツ)達で
アルバム一枚通して「運動会」を行っている印象を強く持ちました

冒頭、いきなり合唱で始まる『生きる』はさながら選手宣誓
疾走感のあるドラムとベースで始まる、まるで打ち込み音楽のような『電波通信』から
ガラッとバンドサウンドに変わりつつも疾走感を殺さず『シーズンサヨナラ』へバトンタッチ
『能動的三分間』で休憩を挟んで『絶体絶命』の応援から後半戦へ
『閃光少女』で最後の種目が終わり、『極まる』で閉会

『閃光少女』が初めて披露されたSpa&TreatmentやPVで提示されていた"走る"というイメージが
運動会の最後を飾るリレーという競技にピッタリ当てはまり、思惑通りなのがにくいです

今までの東京事変のアルバムに限っても間違いなく金メダルな出来です!
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Kaizu 投稿日 2010/5/9
形式: CD
凄まじい作品が出来てしまった。待ちわびていたリスナーが各々設けた高きハードルを、その音楽的身体能力で楽々飛び越えていった・・・そんな感じ。

全体の印象は『大人』よりもアルバムのまとまりが良く、にもかかわらず『娯楽』よりもメンバー(特に伊澤と浮雲)の個性が目立っているってところでしょうか。
まとまりに関しては、自分のiPodにはお気に入りの事変の曲を取捨選択してまとめたプレイリストがあるのですが、この『スポーツ』からはどれかを抜き出すという作業が出来ませんでした(笑)それほどまでに1曲1曲の完成度も高く、1曲1曲同士の粘着力が強いです。
個性に関しては単純で、初めて『スポーツ』を聴いた時点でほぼ全曲だれの作曲か判ってしまったってことです(笑)

個人的なオススメ曲はあえて言うなら『シーズンサヨナラ』です。伊澤氏も「あの曲は攻めましたね。」と語るように、この曲の生ピアノでのプレイは必聴です。

『生きる』に象徴されるような、静と動の流れが聴き手を心地よく翻弄してくれる作品です。事変が真のバンドに完成した感じです。

因みに私事ですが、初めてレビューなるものを書きました。それほどまでにこの作品から衝撃と感動を受けました。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック