Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル SOS0630 Amazon MasterCard nav_flyout_biss レインストア Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV 父の日特集2018 シェーカー実質無料キャンペーン ペプライムペット Echo Kindle Amazon MP3 水泳・スイミング用品 Prime Video チャンネル

スポーツ小説のお気に入り

Amazon Customer
 
イレギュラー
イレギュラー
"高校野球。主人公コーキを中心とした、野球を巡る高校生達とそれを取り巻く大人たちの物語。単なる野球のものではなく、はっとさせられる部分も多いです。とにかく読んで欲しい一冊です。"
風が強く吹いている
風が強く吹いている
"大学・箱根駅伝。10人だけの新設駅伝部は果たして箱根に出られるのか。走と灰二とのやりとりやメンバーの成長が素晴らしい。10人それぞれの物語でもあります。一気に読んでしまいます!"
一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-
一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-
"高校陸上競技。主人公・新二の一人称で語られる物語。サッカーを辞め、友人の連と共に短距離やリレーに挑戦していきます。"
一瞬の風になれ 第二部 -ヨウイ-
一瞬の風になれ 第二部 -ヨウイ-
"新二は陸上部の部長に。そこに思いがけず身内に事件が。新しく部員も入り人間関係にもさまざまな問題が起こります。"
一瞬の風になれ 第三部 -ドン-
一瞬の風になれ 第三部 -ドン-
"インターハイ出場を目指し、新二たちは4継(100m×4)や短距離に全力を傾ける。その結果は…"
バッテリー (角川文庫)
バッテリー (角川文庫)
"野球。ピッチャー巧とキャッチャー豪を中心とした物語。小学生・出会い編"
バッテリー〈2〉 (角川文庫)
バッテリー〈2〉 (角川文庫)
"中学生になった巧・豪たち。所属する新田東中・野球部でちょっと辛い展開が。"
バッテリー 3 (角川文庫)
バッテリー 3 (角川文庫)
"横手二中・門脇との出会いの巻。再開された新田東中・野球部は、強豪校の横手二中との練習試合を計画するが・・・"
バッテリー〈4〉 (角川文庫)
バッテリー〈4〉 (角川文庫)
"横手二中との練習試合によって、巧と豪の間に亀裂が。"
バッテリー〈5〉 (角川文庫)
バッテリー〈5〉 (角川文庫)
"巧と豪の間に変化が。キャプテン海音寺・横手の門脇・瑞垣たちのやり取りにも注目してしまいます。"
バッテリー〈6〉 (角川文庫)
バッテリー〈6〉 (角川文庫)
"『バッテリー』最終巻。最後のシーンである、新田東中と横手二中の試合開始の描写が、切なくなるほど素敵です。ここから『ラスト・イニング』へと続きます。"
DIVE!!〈上〉 (角川文庫)
DIVE!!〈上〉 (角川文庫)
"水泳・飛び込み競技。中学生の知季・高校生の飛沫・要一のそれぞれの物語。飛び込み競技を続けることに対する悩みや、クラブ存続の危機をどう乗り越えていくか、様々な人間を巻き込んで物語は進展していきます。"
DIVE!!〈下〉 (角川文庫)
DIVE!!〈下〉 (角川文庫)
"水泳・飛び込み競技。決勝戦でのそれぞれの選手の心理描写は秀逸です。オリンピック出場という大きな夢に対して、それぞれが答えをどうだしていくか。是非読んでみてください。"
野性時代 vol.37 (2006 12) (37)
野性時代 vol.37 (2006 12) (37)
"『バッテリー』の瑞垣君達の後日談である「白球の彼方」が掲載されています。高校生になった彼らの思い、驚きの事実が綴られています。(こちらはその後、下に挙げた「ラスト・イニング」にあくまでも一章分として掲載されています。是非「ラスト・イニング」で彼らの"それから"を読んでみて下さい。)"
papyrus (パピルス) 2006年 12月号 [雑誌]
papyrus (パピルス) 2006年 12月号 [雑誌]
"高校陸上競技。 あさのあつこさんの「ランナー」という連載がスタートしています。長距離に挑む主人公・碧季(あおい)と彼を取り巻く家族の物語。おそらくまだ2回の連載ですが、彼が取り組む陸上そのものではなく、むしろ家庭の「影」の部分を中心に描いているように思います。2007年4月号で第一部は完結とのこと。「papyrus」は隔月の発行ですが、この作品は毎号の連載ではないようです。"
RUN!RUN!RUN!
RUN!RUN!RUN!
"大学・箱根駅伝。競技そのものというよりも、出生の秘密を知ってしまった主人公の心の葛藤が描かれています。重く、悲しいけれど、希望があるお話。"
800 (角川文庫)
800 (角川文庫)
"高校陸上・800メートル走。冷静な広瀬と破天荒な中沢。二人の男子高校生が800メートル走を通じて、お互いに競い合っていきます。二人が交互に一人称で語る物語。最後の二人のレース描写にも注目。(女の子との恋愛部分も多々あり、性描写で過激なところもあるので、そこは好き嫌いがあるかもしれません…)"
ラスト・イニング
ラスト・イニング
"『バッテリー』最終巻(第六巻)のその後。主に瑞垣君視点で書かれています。(前に挙げた『野性時代』に掲載の「白球の彼方」は、こちらに「バス停で」という題名であくまでもこの物語の一部分として掲載されています。)巧、豪、海音寺、瑞垣、門脇たちのそれぞれの進路、それぞれの思いが明らかになり、胸に迫ります。新田東と横手二中の試合での心理描写も必見です。是非是非読んでみてください。"
バッテリーSCORE BOARD
バッテリーSCORE BOARD
"『バッテリー』シリーズ。巧の弟・青波を中心とした短編「空との約束」が収録されています。青波とボールの物語。そして巧も出てきます。この本は映画化された『バッテリー』の紹介本ですが、『バッテリー』シリーズが見事に映像化されていることが垣間見られますし、あさのあつこさんの文章や素敵な写真もあり、お勧めです。上の「ラスト・イニング」に収録されている「マウンドへと」が漫画化され、掲載されています。"
強奪 箱根駅伝 (新潮文庫)
強奪 箱根駅伝 (新潮文庫)
"大学・箱根駅伝。こちらに書いていいものか…上に挙げたものとは雰囲気が違うミステリーもの。箱根駅伝の直前に、ある大学駅伝部のマネージャーの誘拐事件が発生。それを巡るテレビ局、警察、犯人、選手達の動きを描いています。大学がすべて実名で出ているのが驚き。箱根駅伝での選手の心理が中心ではなく、あくまでも犯人との攻防を中心に描かれています。犯人達の暗い描写も続くので、好き嫌いはあるかもしれません。"
最後の息子 (文春文庫)
最後の息子 (文春文庫)
"高校水泳。3つの短編小説が収められています。最後の作品「Water」は長崎の高校水泳部員のお話です。主人公の凌雲と仲間である水泳部員たちの物語。青春スポーツと恋愛ものかなと思いきや、家族の話も絡ませた一筋縄ではいかない物語です。"
龍時 01-02 文春文庫
龍時 01-02 文春文庫
"サッカー。今は亡き、脚本家の野沢尚さんが描いたサッカー小説です(未読ですが…)。海外でのサッカーを通じて龍時が成長を遂げてゆく物語。「01-02」「02-03」「03-04」の全三巻。一年ごとずつの物語のようです。「サッカー漫画」ではなく、「サッカー小説」というのは珍しいのではないでしょうか。"