通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
スペードの女王・ベールキン物語 (岩波文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※この本には、経年によるヤケがございます。出荷前に検品をしていますが、中古品の為、折れ目、シミ、まれに書き込み等ある場合がございます。万が一、商品に不備がございましたら発送前にメールにて御連絡させて頂きます。出荷は御注文日の当日or翌日出荷を目指しています。出荷日から1日~4日以内にポスト投函されます。運送会社の遅延にて若干遅れる事もございますのでご了承お願い致します。万が一届かない場合は追跡番号にて検索致しますのでお気軽にメール下さい。経年劣化商品は全体的にヤケがある場合がございますが本編には問題ありません。ISBNナンバーで管理している為ごくまれに出版社が一緒でも表紙画像と異なる場合がございます。※ご了承の上ご注文宜しくお願い申し上げます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

スペードの女王・ベールキン物語 (岩波文庫) 文庫 – 2005/4/15

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • スペードの女王・ベールキン物語 (岩波文庫)
  • +
  • オネーギン (岩波文庫 赤604-1)
総額: ¥1,448
ポイントの合計: 35pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 文庫: 301ページ
  • 出版社: 岩波書店; 改版 (2005/4/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003260422
  • ISBN-13: 978-4003260425
  • 発売日: 2005/4/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 73,340位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 東京砂漠バダウィ VINE メンバー 投稿日 2006/1/10
形式: 文庫
あとがきにも書いてあるが、文学史の流れから断絶されてひっそりと咲く花のような、愛すべき小作品集。
シンプルなストーリー。つつましい意外性。まっすぐで詩的な表現。これぞ物語。寓話。
モーパッサンの短編、内田百間『東京日記』と並んで大好きな短篇集のひとつです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
『スペードの女王』の伯爵夫人とリーザニカのやり取りは出色だった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
読んでいてヒタスラ心地の良いエンターテイメント、逆に言えば過激でなくちゃ感じれない人には不向きな作品である。シェイクスピアにも通づる物語という物の本来の面白さ、ストーリーを練るとは一体どういうことなのか?「まだ俺はこういう物を楽しめたのか」とこの本を握り締めてツブやいてしまった。
タルコフスキーが絶賛、アンドレ・ジッドが絶賛、そしてドストエフスキーが賛美した究極の基本的エンターテイメント。舞台にしても、映画にしても、TVドラマにしても絶対的に面白そうな愛想の良い不朽の名作。こういう物を楽しめる余裕のある人生って良いと思います。
こういう物が母国の物として身近に味わえるロシア人がうらやましい。やっぱり文学は未だにロシアでしょうか?
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ひさしぶりに、どきどきする物語を読んだ。
短くて、息もつかせぬ展開で、次々とページを繰るこの感覚。
ギャンブル、殺人、古来から使われているモチーフを、しっかりと読ませる本作は、まさに「王道」「古典」と呼ぶにふさわしいように思える。

「スペードの女王」もさることながら(三・七・一と唱えたくなってくる)、「ベールキン物語」も良作ぞろい。
「その一発」(展開がすごい)「駅長」(最後のシーンがよい)が、印象的。

古きよき物語という言葉がぴったりの本。
現代の作家が書けない類の本のひとつであるかと。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック