この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

スペイン

5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 村治佳織 ストア


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • 演奏: 村治佳織
  • 作曲: ロドリーゴ, トゥリーナ, ファリャ, サインス・デ・ラ・マーサ, アグアド
  • CD (2005/10/21)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 59 分
  • ASIN: B000B84P20
  • JAN: 4988002490912
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 95,938位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
2:59
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
3:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
3:35
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
4:31
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
5:28
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
8:36
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
3:45
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
5:10
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
2:50
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
4:38
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
4:16
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
12
30
4:26
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
13
30
4:14
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

メディア掲載レビューほか

クラシック・ギタリスト、村治佳織のベスト・アルバム。DVD『コントラステス』、CD『エスプレッシーヴォ』『パストラル』『レスプランドール』の4枚の作品からスペインの代表的作品を収録。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
村治佳織、を聴いたことのない人は、このアルバムか、少し前に出た村治嬢自選のベストを買うことをお薦めできます。

しかし、自薦ベストとレコード会社移籍としてのベスト。の連続発売、というのはファンとしては、既出のもの(DVDを持っていると)のみ。せめてボーナストラックを入れて欲しかった。なぜなら、CD未収録ということで、DVDの音源がCDに詰め込まれた。というかたちになっているからだ。これのみではちょっと不親切なのでは? とも思った。ですが、初めて聴かれる方、全て買う気のない方、には集約としてのベストCDとしてはお薦めではあります。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yass VINE メンバー 投稿日 2005/11/8
形式: CD Amazonで購入
スペインは村治さんにとっては、魂の故郷なのかもしれない。
力強さと繊細さを兼ね備えたギターは、言葉を語りかけてくる。
耳に新しいはずの曲さえ、何故か懐かしく感じるのは、彼女の表現力によるのだろう。
切ない、そして懐かしい。そんなアルバムです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
スペインと言えば、フラメンコとファリャ。というのが
私の印象。
粉屋の踊り、有名なパコ・デルシアの演奏のCDもあるので比較すると面白い
アランフェスも同様。
パコの男らしい、テクニックと独時の演奏スタイルも良いし
村治佳織の繊細な指使いも良い。

なので…オーディオメーカーさんとの試聴評価でよく使いますが
ただ…とにかく、ビクターレーベル時代の録音が悪い。
XRCDのあるCDもあるけど、とにかくレベルが低いとか
言えば切りがなく音も悪い。

このCDに関しても、3曲目4曲目深い残響音(リバーブ?)もう、頭に来ます。
不自然な残響音ですので、自然な残響音等(スタジオの選択を含め)
もっと頭を使って、ギターの生の音を活かしてほしかった。
とは言っても、他のCDよりはまともかも…

ただ現在DECCAレーベルになって…様子見ですが…ましですが
最近録音技術落ちて来た感が否めません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
2006年2月現在発売されている中で、このアルバムを一番にお勧めします♪
曲自体がとても素晴らしい という点もありますが、
この中の村治佳織さんが、
一番しっかりと 大切にしたいもの・そうすべきであるとご自身がしっかり受け止め,動いている♪
そういうものを感じるのです♪
そうした意思が十分に出し切っているアルバムには、
例えご本人を知らない人でも感じとれる,作品の力強さがあります♪

2006年,今年「ラ・フォル・ジュルネ・ジャポン」にも出演されます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 olivos 投稿日 2014/1/20
形式: CD
私にとって一番興味深かったのは、ロドリーゴのPajaros de Primaveraが収録されていることだ。
解説にもあるように、この曲は高橋功氏の夫人である武子さんのために作られた。武子夫人は、スペインで飛んでいるつばめに関心を示し、そんな感じの曲を作って欲しいとリクエストしたのだが、幼少の頃に失明したロドリーゴはつばめの飛ぶ様子を忘れてしまったと言いつつも、作曲を引き受けた。
楽譜は日本では全音楽譜出版社が1973年に版権を得て出版していたが(現在は廃版)、邦題は「春の鳥」、副題として「つばめ」としてある。これは上に書いた背景があるからだ。
ついでに言うと、この曲の初演は京本輔矩氏。病床に伏せる武子夫人の枕元で弾いたそうだ。武子夫人は苦しい息の中からお礼の言葉を述べ、涙を流し、2日後の6月9日未明に永遠の眠りについたと、高橋功氏が楽譜の端書に記している。
どちらかというと難易度の高い部類の曲で、なんだかはっきりしない曲想だったため、私はまともに練習もせず本棚にうっちゃってあったのだが、このアルバムで曲の全容を聴くことが出来て良かった。

村治氏の演奏は端正で技術も確かなので嫌いではないのだが、何か優等生的なイメージが強いので星をひとつ減らしたけども、アルバム自体はとても良い出来だと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告