通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
スプートニクの恋人 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。vv3663_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

スプートニクの恋人 単行本 – 1999/4/20

5つ星のうち 4.0 128件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • スプートニクの恋人
  • +
  • 国境の南、太陽の西
  • +
  • アフターダーク
総額: ¥4,812
ポイントの合計: 145pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

a weird love story
*【weird】
とても奇妙な、ミステリアスな、この世のものとは思えない、

22歳の春にすみれは生まれて初めて恋に落ちた。広大な平原をまっすぐ突き進む竜巻のような激しい恋だった。それは行く手のかたちあるものを残らずなぎ倒し、片端から空に巻き上げ、理不尽に引きちぎり、完膚なきまでに叩きつぶした。そして勢いをひとつまみもゆるめることなく大洋を吹きわたり、アンコールワットを無慈悲に崩し、インドの森を気の毒な一群の虎ごと熱で焼きつくし、ペルシャの砂漠の砂嵐となってどこかのエキゾチックな城塞都市をまるごとひとつ砂に埋もれさせてしまった。みごとに記念碑的な恋だった。恋に落ちた相手はすみれより17歳年上で、結婚していた。更につけ加えるなら、女性だった。それがすべてのものごとが始まった場所であり、(ほとんど)すべてのものごとが終わった場所だった。

●[スプートニク]
1957年10月4日、ソヴィエト連邦はカザフ共和国にあるバイコヌール宇宙基地から世界初の人工衛星スプートニク1号を打ち上げた。直径58センチ、重さ83.6kg、地球を96分12秒で1周した。
翌月3日にはライカ犬を乗せたスプートニク2号の打ち上げにも成功。宇宙空間に出た最初の生物となるが、衛星は回収されず、宇宙における生物研究の犠牲となった。――(「クロニック世界全史」講談社より)

内容(「BOOK」データベースより)

22歳の春にすみれは生まれて初めて恋に落ちた。広大な平原をまっすぐ突き進む竜巻のような激しい恋だった。それは行く手のかたちあるものを残らずなぎ倒し、片端から空に巻き上げ、理不尽に引きちぎり、完膚なきまでに叩きつぶした。そして勢いをひとつまみもゆるめることなく大洋を吹きわたり、アンコールワットを無慈悲に崩し、インドの森を気の毒な一群の虎ごと熱で焼きつくし、ペルシャの砂漠の砂嵐となってどこかのエキゾチックな城塞都市をまるごとひとつ砂に埋もれさせてしまった。みごとに記念碑的な恋だった。恋に落ちた相手はすみれより17歳年上で、結婚していた。更につけ加えるなら、女性だった。それがすべてのものごとが始まった場所であり、(ほとんど)すべてのものごとが終わった場所だった。とても奇妙な、ミステリアスな、この世のものとは思えない、書き下ろし長篇小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 310ページ
  • 出版社: 講談社 (1999/4/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062096579
  • ISBN-13: 978-4062096577
  • 発売日: 1999/4/20
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 128件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 254,651位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ぽよん 投稿日 2016/4/26
形式: 文庫 Amazonで購入
多くのクリエーター達の名前がその実績が認められるのと共に本人の元を離れ“ブランド”となるように、“村上春樹”という名前もまた、独自の世界観を持った良質の作品を示す商標として今や世界中で認識されるようになりました。この作品も例外ではありません。

主人公のすみれと語り手の“ぼく”はそれぞれ“どこにも行きつかない袋小路のような恋”に落ちます。お互いにお互いの存在が必要である事を強く感じながらも、自分の感情にひたすら素直に年上の女性との成就し得ない恋に突き進むすみれと、自分のものにはならないと知りながらも彼女を思い、寄り添い続ける“ぼく”。やがて彼らは彼らの孤独な魂が、お互いの中にのみ真実を見出し、お互いの存在を通してのみ世界と結び付く事ができる事に気が付いて行きます。

すみれと“ぼく”がお互いに深く繋がっている事を必要とするように、人が本当の意味で生きていくためには、心の深い部分を開放して繋がる事ができる場所が必要なんだと改めて確認できました。それが、家族や恋人であれ、哲学や宗教であれ、物語であれ、音楽であれ、心全部で繋がれる場所を持つ事で人は力を得、孤独の圧迫を振り払い、前に進む事ができる。そしてそのような魂の居場所を持てるという事はそれだけで本当に特別で幸せな事だと。…この物語はそんな事を私に改めて認識させてくれました。

私などが言うまでもなく、村上印の作品ですので品質は間違いありません(笑)。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ozonepapa トップ500レビュアー 投稿日 2017/4/20
形式: Kindle版
どうしたらこんなに素敵な言葉を綴れるのだろうかと
いつも思ってしまう。とてもかなわない、当たり前な
のだけれど。
書棚を整理していたら「おや、『スプートニクの恋人』?と
思い手にとった」。数ページ読んで思い出したのだけど
最後まで読んでしまった。
こんな感じで、村上春樹氏の作品は繰り返して読むこと
が多い。なんど読んでも引き込まれてしまう。村上春樹
マジックで春樹ワールドに引き込まれてしまう。
内容に触れるのは野暮なので、この辺にしておこう。

帯より
『22歳の春にすみれは生まれて初めて恋に落ちた。広大な平原をまっすぐ突き進む竜巻の
ような激しい恋だった。それは行く手のかたちあるものを残らずなぎ倒し、片端から空
に巻き上げ、理不尽に引きちぎり、完膚なきまでに叩き潰した。そして勢いをひとつま
みもゆるめることなく大洋を吹きわたり、アンコールワットを無慈悲に崩し、インドの
森を気の毒な一群の虎ごと熱で焼きつくし、ペルシャの砂漠の砂嵐となってどこかの
エキゾチックな城塞都市をまるごとひとつ砂に埋もれさせてしまった。みごとに記念碑的
な恋だった。恋に落ちた相手はすみれより17歳年上で、結婚していた。更に付け加え
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
割とさらっと読了。
これ以前の村上作品と比べて、割と「わかりやすい」小説だったように思う。人に薦めやすくはある。今までだったらぼかしていただろう部分も丁寧に小説内で説明されていた。ねじまき鳥でもその傾向はあったが、よりその方向が明確になった。
初期作品は日本を舞台にしているにもかかわらず、全然違う異世界の話にしか感じられなかった。この小説の表現を借りるなら、「鏡の向こうの世界」「夢の世界」といった小説世界だった。でもこの「スプートニクの恋人」はちゃんとこちら側の世界にあるように感じられた。
個人的には前のテイストの方が好きだったので、少し残念。でもそれは比較の話で、この小説単体としてはとても面白く読めた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この小説にはなぜか強く心を引きつけられるところがあり、通しで10回くらいは読んでいると思う。
わかりやすく言ってしまえばこれはすれ違いの物語だ。
語り手である「僕」はすみれを求め、すみれはミュウを求める。しかしミュウは誰も求めていない。
それゆえに彼・彼女の思いはどこにも届かず、みんな孤独の中で生きている。
すれ違いに耐えられなくなったのか、すみれは姿を消し、ミュウは心を失ってしまう。
僕もまた満たされない思いを抱えて生き続け、すり減っていくが、自分の生徒との思わぬ交流によって心を取り戻す。
そしてその僕の元に、姿を消したすみれから連絡が届く。

筋立てだけを書いてみるとなんとも奇妙で、一読しただけですんなりと受け入れられる物語ではない。
それゆえに私は何度もこの作品を読んでいるのだろう。

村上春樹の作品はあちらとこちら、2つの世界を行き来する物語が多い。
この作品ではあちらの世界のことがほとんど描かれておらず、こちらの世界に取り残された僕の視点から見たものが描かれている。
その点が作品のわかりにくさになっていて、それを乗り越えるために作者は三人称の文体に移行し、多面的に物語を描くための形式を手に入れていったのだろう。
村上春樹が一人称から三
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー