この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


スプーク・カントリー (海外SFノヴェルズ) (日本語) 単行本 – 2008/12/18

5つ星のうち3.7 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,224

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

90年代のカルト・バンドのもとヴォーカル、ホリスがまきこまれた驚くべき陰謀とは?『ニューロマンサー』に始まる電脳空間三部作でSF界に新たな潮流をもたらしたウィリアム・ギブスンが、ポップ・カルチャー、コンピュータ、政治、さまざまなガジェットを巧みにもりこんだ長篇。

著者について

1948年、サウスカロライナ州コンウェイ生まれ。19歳のときに徴兵を拒否してカナダへ移住。ブリティッシュ・コロンビア大学で英語学を専攻した。大学在学中から小説を書きはじめ、1977年にデビュー、1984年に発表した長篇第一作『ニューロマンサー』は、ヒューゴー賞、ネビュラ賞、フィリップ・K・ディック記念賞などを受賞、サイバーパンクSFの代表的作家となる。つづく第二作『カウント・ゼロ』(1986)、第三作『モナリザ・オーヴァドライヴ』(1988)で、電脳空間三部作を完結させる。また、サイバーパンクのもうひとりの立役者ブルース・スターリングとの共作『ディファレンス・エンジン』(1990)を発表、同書はスチームパンクの代表的作品と評された(以上、早川書房刊)。
さらには、橋上空間三部作と呼ばれる『ヴァーチャル・ライト』(1993)、『あいどる』(1996)、『フューチャーマチック』(1999)を発表し、現代社会を描く新たなギブスン作品として好評をはくした。
2003年、広告業界の大物ヒュベアトス・ビゲンドが経営するブルー・アント社に頼まれて仕事をするケイス・ポラードを描いた『パターン・レコグニション』を発表、さらに進化をとげたギブスンの作品として話題を呼んだ。
そして、4年ぶりの新作として発表した『スプーク・カントリー』は、9.11以後の現代社会を描いた刺激的な小説として高い評価を得ている。

登録情報

  • 出版社 : 早川書房 (2008/12/18)
  • 発売日 : 2008/12/18
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 342ページ
  • ISBN-10 : 4152089881
  • ISBN-13 : 978-4152089885
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.7 3個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
星5つ中の3.7
3 件のグローバル評価
星5つ
33%
星4つ
33%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
33%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

VINEメンバー
2009年7月27日に日本でレビュー済み
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2011年3月17日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
VINEメンバー
2012年6月6日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告