日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

スプリング、ハズ、カム

 (46)
6.61時間42分2017G
二月のある日、シングルファーザーの肇(柳家喬太郎)は、広島から上京して、春から東京の大学に通う娘の璃子(石井杏奈)のため、二人で部屋探しに歩く。そこで出会う人々とのふれあいが、二人の心にかけがえのない思い出を刻み付けていく。たった一日のちいさな旅路が終わりに近づくころ、肇は璃子が幼いころ死別した妻との思い出を語りはじめる。璃子にとってそれは、今まで知ることのなかった父と母の秘められた物語であった。<映画作家>(C)スプリング、ハズ、カム製作委員会
監督
吉野竜平
出演
朴璐美石井杏奈角田晃広
ジャンル
ドラマ
オーディオ言語
日本語
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
柳川慶子柳家喬太郎
プロデューサー
小泉朋南陽飯田雅裕
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち4.0

46件のグローバルレーティング

  1. 50%のレビュー結果:星5つ
  2. 17%のレビュー結果:星4つ
  3. 19%のレビュー結果:星3つ
  4. 8%のレビュー結果:星2つ
  5. 7%のレビュー結果:星1つ
並べ替え:

トップレビュー日本から

力蔵2020/05/24に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
娘を持つ父親なら
確認済みの購入
 
こんな風に仲良く娘が成長するまで見守れる父親でいたかったと思う。

僕の娘は武蔵小杉駅近くのシェアアウスで仲の良い仲間たちと一緒に暮らしている。親としては娘が一人暮らしをするより少しは安心できるのだが、父親の僕は一人でいることのほうがずっと好きで、人付き合いが苦手で億劫なタイプなので、そんな他人に気を遣ってまでもシェアアウスで暮らす娘の心持ちがよくわからない。
娘には自由に青春を謳歌して欲しいと思っている反面、人に優しすぎるので周りに流されて欲しくないなんて思ったりもする。そんな僕の気持ちは娘に一度も話したことはない。口うるさいオヤジと思われたくない、そういうカッコつけた自分も少々情けないと思える今日このごろだ。

娘は娘で年をとってゆく父親の体を気遣ってか、年に2度ほど手紙を添えて健康食品をたんまり送りつけてくる。
昔から健康だけが取り柄の僕としたらそんな大量の健康食品などどうでもいい。一番のプレゼントはそこに添えられた娘からの手紙なのだ。何物にも代えがたいほど嬉しい宝物だ。
 
今度娘に会うときはもっと素直になろうと思う。
娘の選んだ生き方を応援できる父親として。
 
映画レビューをするつもりだったが、この作品を観て娘を持つ父親としてあらためて感じたことを綴ってみた。
 
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ほそP2020/05/03に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
家族愛をじわじわ感じたい方にオススメ
確認済みの購入
父と娘の何気ない1日を追っただけのストーリーですが、そのたった1日に詰まる人生模様と家族愛の深さは、計り知れないものです。
また、登場人物を演じる役者さんはどの方も演技派の方々ばかりで、自然体で演じておられるので、違和感なく感情移入が出来ます。
特に喬太郎師匠、杏奈ちゃん、朴さんの演技は素晴らしかった〰️✨

演技力とストーリー展開の意外さが重なり、間延びすることなく映画に引き込まれました。たくさんの映画を観ましたがこの感覚(引き込まれてゆく)は久しぶりでした。

いつもは、途中で早送り⏩しますが、今回は全て通常スピードで再生▶️しました。(笑)
最後まであっという間でした。続きを期待します。

私も郷里の岡山県を離れ、大学から東京に行きました。
その頃(もう30年以上も前のことですが)のことを思い出し、両親と部屋探しをした日のことが走馬灯の様に甦りました。

このドラマと境遇が重なること、広島弁は岡山弁に近いこと等もあり、何か自分の人生を久しぶりに振り返るこれ機会となり、遠く離れて暮らす両親に会いたくなりました。

コロナで外出自粛の中、久しぶりに良作に巡り会えて良かったです。
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
小田原野朗2020/05/05に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
家族みんなで暮らせる時間は限られているから・・・今を大切にして行こう!
確認済みの購入
ほっこりと温まる良い映画だと思います。

特に登場人物の描き方が好きです。私にも広島の知り合いがいるけど、キャラが被ってて笑えました。
純情な心がまだ残っている人達との出逢いは”純情な主人公”にだけ起きる。やがて小さな出会いが時と共に彼女のかけがえのない物語を紡いでゆく。それぞれの関係性を観れば自分と重なる部分に気づかされてしまう。

私の場合は息子とのこと、娘との事、妻との事共感する事がたくさん有りすぎて困ったくらいだ。
世の中の動きが速すぎて、日々の忙しさの中で、気づかないうちに大切な時を過ごす機会を見逃しているかも?
2020年に私は生活の在り方を見直したばかりだった。ほぼ同時に昨今のコロナ騒動が発生、激化した。
単身赴任生活に見切りをつけた私には好都合に家族と過ごす時間が増えている。

この映画は教えてくれていると思う。気づかせてくれると思う、「在りのままで良い」という事を・・・。
すぐ近くにいてくれる人達こそ、一番大切な人達だという事を・・・何も求めず、ただ在りのままで、
一緒に居られる今という時間こそが最も大切な時間なんだという事を・・・

STAY HOME 今この時を大切に活用しよう!ただ私としてはさりげなく、気づかれる事なく、家族を見守ります。

今この時に感謝! この映画なら家族で見ても良いだろうね? オススメします。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
nomo2020/05/17に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
単なる別れの1日ではない。18年間の親子の想いが凝縮されている。
確認済みの購入
美しく温かい映画。終始、淡々としながら穏やかな気分で見られ、心が癒される。

男手一人で育てた娘を見送る父の気持ちと、それを受け取る優しい娘の1日を描いた物語。だが単なる別れの1日ではなく、2人の18年間の想いが凝縮されている。
それを、義理の妹、親切な不動産屋さん、大家さん、インド料理屋さんなどとの交流を踏まえて、親子が互いへの想いを確かめあっている姿が、微笑ましくも美しい。

父親の柳家喬太郎さんの温かさはもちろんだが、石井杏奈さん、父の気持ちに寄り添う娘が素敵すぎ。こんな娘に育てた父の愛情とご苦労が伺えるが、だからこそ「恥ずかしい」と言いつつ、父におんぶされ、背中を叩く娘のシーンはもう泣きそう。

そして最後に、東京のアパートでの初日の夜、父との思い出をじっと噛みしめつつ、新たな生活に向かい合おうとする娘の姿が、いじらしくも頼もしい。「お父さん、大丈夫」という感じでしょうか。

家族愛を描いた映画でも大好きな映画になりました。こんな親子、理想だな・・

ちなみに、石井杏奈さんは、川口春奈さんによく似ているが、より自然で柔らかく素敵です!
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
mmy2020/05/06に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
大学入学で東京に出ていく娘と、男手ひとつで娘を育て上げた父との、分かれ間際のとある一日、だけ。
確認済みの購入
タイトルに書いた状況の日常、何の変哲もない日常が延々と続きます。
のんびりまったりと過ぎる初春の日常、ただそれだけを描いた作品。
親子愛・袖振り合うも他生の縁的な周囲の人への接し方、あたりのことがテーマなのかと。
残念ながら自分の心に刺さるようなストーリーではなく、
感動とか喜びを与えてくれるものではありませんでした。

邦画の悪癖、超ワイドなダイナミックレンジでセリフが聞き取れない、
ということがなかったので、そこは褒めたい点です。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2020/05/19に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
人に薦めたくなる良作
確認済みの購入
親しい人に、「ぜひ見て」と薦めたくなる映画でした
特別なこと、過剰なことはなく、時折くすっとする笑いを混ぜながら
淡々と、きれいに、巣立っていく娘と片親の父を描いた良作だと思います
「四月は君…」の石井さんが純朴な娘役を好演
父親役の方は存じ上げず、髪の色が最初は気になりましたが、素晴らしかったです
多数のお笑い芸人さん、紅葉さんが出演したりしていていますが嫌味は感じませんでした
しばらくしたら、また見たくなるんだろうなぁと思います
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ジンジン52020/06/12に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
なんとなーく、見ているうちにホッコリとしてきます。
確認済みの購入
大学進学を機に広島から東京に出てくる娘。その宿探しをする父娘の半日の物語。
人生の節目のイベント、その日常を切り取った映画である。
なんて事ない日常が続くなぁと思って見続けているうちに、そのなんて事ない日常が幸せである事に気付いた。
やはり映画だから、現実にはあんまり起こらないであろう出来事も適当におこる。
父娘共、おだやかで良い人だ。
宿を探す先々で出会う人々との交流。
見ていてそのうち、なんだかニヤッとしてしまう。
良い行いをすると、相手も良い行いで返すのだと思った。
落語フアンには、柳家喬太郎さんはやはり、噺家の柳家喬太郎に見えてしまい、あの表情、高座でもやるな。なんて見ていたけど、だんだんにお父さんに見えてきた。
石井杏奈さんの娘役も良い。
runout132020/06/15に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
退屈過ぎる・・・
確認済みの購入
ただ淡々と進行する親子の日常。 なんの面白みもなく
視聴していてあくびが出てしまいます。

何とか興味深く視聴出来ないか、少しでも面白く視聴
出来ないか考えても見ましたが・・・無理でした。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示