Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 86の割引 (14%)

ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[水上悟志]のスピリットサークル (6) (ヤングキングコミックス)
Kindle App Ad

スピリットサークル (6) (ヤングキングコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.7 36件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] スピリットサークル(ヤングキングコミックス)の6の第6巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 626 ¥ 191

紙の本の長さ: 221ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

桶屋風太は平凡な中学生生活を送っていたが、額に傷のある美少女転入生・石神鉱子の出現によって、自分の様々な前世の人生を視ることに!?自分の過去と未来、7つの生全てを視た風太は鉱子との因縁に決着をつける事に!輪廻転生スペクタクル感動の完結!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 62333 KB
  • 出版社: 少年画報社 (2016/6/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01GTNYRZU
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
いよいよスピリットサークルの完結巻となった最終6巻ですが、これはいよいよとんでもない作品だった事が証明されたラストでした。あまり内容には触れないので、ここまで読んだ人は是非読んでみてください。確実に賛否はあると思いますが、決して読んで損をするラストではありません。

漫画好きとして、言葉が多すぎる作品はよほどしっかり作らなければ小説を読んだ方がいいと思ってしまうんですが、スピリットサークルに関してはこれでも言葉が足りないんじゃ無いかと思うくらいでした。圧倒的な言葉の量と、ラストへ向かう物語の疾走感はもはや芸術の域かと。

水上先生がどこまで冷静に描いていたかは知る由もありませんが、これは作品作りでよく言われる「キャラクターが勝手に動く」ままに描かれたのでは無いかと想像します。理屈も感情も全部超えて、ただただ走り続けた結果の着地だったのではないかと。

この理屈を超えていく熱量は、読後感としてそこまで狂った話ではありませんが新井英樹先生の「ザ・ワールド・イズ・マイン」を思い出しました。圧倒的な物語を見て、理由も解らず感動して、どう表現すれば良いのかわからない気持ちになるというのはそうそう経験できる事ではないので、私には心の底から素晴らしい作品だと言えます。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
惑星のさみだれすら超えるのでは?と
期待しましたが、そこまでは行かないか。
それでも短く収まったこの作品は
作者の代表作の一つとしてかがやく
素晴らしい作品でした。
過去生の体験辺りは毎回
どんな過去が?とハラハラしましたし
悲しい過去、楽しい過去、未来、等々
戦国妖狐と違い練られていたように
思います。
面白かったです、ありがとう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 昇格契約社員 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/6/10
形式: コミック
最終巻にして、今までの全ての話を凌駕するほどの情報量が含まれた一冊だと思う。
いつもより厚さがあるとは言え、それとは別にいつも以上に台詞の量が多かったなという印象。
が、かといって飽きるかと言えばそれは違う。

今までの全ての内容がググィっと収束されていく様には、次へ次へとページを進めたくなる中毒性がある。
また、フルトゥナと風太の戦いも見ごたえがある。
それもあくまで精神戦なのだが、この作者の場合、何とかして直接的なフルトゥナと風太の戦いを描くことも可能ではあるんだともう。
しかし、そこをあくまで内なる戦いにとどめている部分はとても好感。

実際、風太を握り潰そうとするフルトゥナと全ての過去生を経験して成長してきた風太の舌戦は、今までの作者の作品の中でも最も淡々としていながら、それでも他の作品のバトルシーンに負けず劣らずの凄絶さを感じる。

そして訪れたコーコとの決戦のとき。
その最中で訪れるフルトゥナにとっての誤算。
フルトゥナとコーコ、フルトゥナと風太、内外で同時に進行する戦いの行方。
そんな中でまさかの登場し方をする最終兵器(笑)
と、よく最終巻でここまで事態を二転三転させるなーと脱帽。

決着自体は、フル
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
私は好きだけど、万人に勧める気にはなれません。
7世分もの転生の複雑な関係性を記憶しつつ読み解くなんて難しそうな事が、面白そう、と感じる人にだけ、お勧めします。
ご都合主義という批判には全く与しません。
「ぼく地球」が流行った頃に前世の友達探しが社会現象となったことを思い起こせば、転生の記憶が思い込みによって容易に現実化することは自明ですから。
輪廻モノについては、ご都合主義的構成が楽しめる人とそうでない人がいるだけ。
全編を通じての不満があるとすれば、人工精霊ルンというユニークな存在が活かされていない点でしょう。
あと、フルトゥナの罪の本質に納得しがたい気もします。
相対主義的に整理しなおせば、フルトゥナの特異性は頭が良すぎることだけですから。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2016/6/10
形式: コミック
昨今だらだらと続いていく作品が多い中全六巻でこれほど面白い物語を書けるのだからやはり水上さんは凄いですね。
内容を語ることはしませんが文句なしの星5つです、願わくば水上悟志の名が遍く世に知れ渡りますように。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover