中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。uu8816_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

スピリチュアルメッセージII―死することの真理 単行本 – 2003/2/25

5つ星のうち 4.7 17件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 心理学| ビジネス向けの自己啓発から引き寄せの法則など、幅広いジャンルの本をラインアップ。心理学の本ページへ。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、霊能力をもって生まれた江原氏が、スピリチュアリズムの意味を自覚し、本格的に研究を始めてからずっといつの日かこの世に出したいと念願していた、真の霊言集です。

内容(「MARC」データベースより)

世の中で起こるすべての出来事に偶然はない。人が生まれてきた意味も、この世で出会う人たちとの関係も、すべては運命の糸に導かれてのもの。「あの世」を知って、「この世」でどう生きるかを学ぼう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 174ページ
  • 出版社: 飛鳥新社 (2003/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4870315467
  • ISBN-13: 978-4870315464
  • 発売日: 2003/2/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 41,537位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 母を突然に亡くしてしまって 悔いが残りどうしようもなく落ち込んでいる時 この本と出合いました。死というものは避けることのできないけれど つらいことではなく新たなはじまりなのだということ そして生きる意味について、これからの人生をどう生きたらよいか、を知ることができました。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
~~人間が最も恐れおののく観念、それは自身や愛する者を問わず「死」という生き物の宿命で在ります。それは突き詰めるところこの肉体の生命が尽きた時、無に帰してしまうという恐怖です。
~~
私のつたないスピリチュアリズムの探求から導き出される答えは、死後の世界の実在を信じざるを得ないという結論です。しかしながら一人の生き物として、死にたく~~は無いしあまつさえ悲惨な死に方だけはしたくありません。それが生身の人間というものです。いきおい死にまつわる物事を不浄として忌避し、最後の最後まで後回しにして「死」と向き合う事を避けようとします。
しかし霊的な視点からすれば「死」は新たなステージへのステップアップであり我々の本性がこの肉体や現実世界の物理法則やら社会経済の足枷から解~~放され、故郷に帰還する御目出度い出来事なのです。「あの世への旅立ち」という言葉は決して単なる比喩などでは無いのです。
悲しいのは遺された者達のみで、死の当事者は安らぎの中に在ると言われます。本来ならばお葬式はお祝いの儀式であるところでしょう。
~~
死後の世界に関して半信半疑である方は、このマーケットでも扱いがありますから是非「~~輪廻転生-驚くべき現代の神話」や立花隆氏の「臨死体験(上下)」「転生の秘密-超心理学が解明する」等、精神科学から「死」にアプローチし
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
江原さんは、TV東京系にて番組にご出演され、活発的に活動されています。
女性の「恋の悩み」や「家庭の悩み」の原因を明らかにしていき、そっと背中を押してくれる江原さんは、まさに私たちの指導者です。
そんな江原さんの良き指導者となっているのが、江原さんの守護霊であり、400年ほど前の武士であった「昌清霊」。
この本は、江原さんの体を媒体として語られた「昌清霊」の言葉をQ&A形式にてまとめられています。
なぜ、事故に遭わなければならなかったのか、どうして病気になってしまったのか。この本の中にはその答えが載っています。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LITTY 投稿日 2006/9/17
形式: 単行本
スピリチュアルメッセージシリーズ、生きることの真理、死することの真理、愛することの真理の3冊を読みましたが、自分にとってはこの「死することの真理」が、一番参考になる本だと思いました。

死についての真理は、生きている人が一番知り難い情報だと思うからです。

江原さんが著者になっていますが、実際は江原さんの指導霊である昌清霊という方が江原さんを通して語られた内容です。

霊が語るという時点で、死後も魂は生き続けるという認識が大前提となっているわけですが、そういうことを全く否定している人(最近は少なくなっているでしょうが)にとっては理解しがたい本になるのかもしれません。

けれど、実際に読んでみれば書かれてあることが真理かどうかは、きっとすぐにわかることでしょう。

誰もが魂の中ではきっと本当のことを知っているからです。

内容は質疑応答の形式になっているので、読みやすくわかりやすいです。

あの世とは何か、死後の魂はどうなるのか、自殺、死刑について、老い、病気について・・・質問事項は的確で、いずれ死にゆく存在として、皆知りたいことは同じなのだな、と思いました。

この本には生きているだけでは知りえないあちらの世界について、たく
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最愛の父を突然脳梗塞で亡くし私は今何が起きたのかを受け入れられなくなっていました、誰に相談しても納得できるものがなく、何かにすがりたかった時にこの本に出会いました。今父がどうしているのか、何を考えているのかわかった気がします。おかげで気持ちが落ち着きました
最愛の人を亡くした人におすすめです。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
父親代わりだった祖父が最近亡くなりました。

高齢であったのもあり、亡くなる以前からいろいろと「死」に対する受け入れ準備を、祖父本人も家族もしていた時に、この本に出会いました。全く偶然でしたが、必然であったのだと思います。

この本を読んで、とても心が楽になりました。実体がなくなる寂しさはあるけれど、祖父は、幸せになったのだと、祈ることができます。

祖父の亡くなった日の朝、祖父の魂に語りかけることもできました。

きっと伝わったのだろう、と、変な確信がもてます。

「死」は、怖いイメージがずっとあったけれど、怖くはなくなります。

「死」を知ることによって、今の人生を有意義に過ごすことができるようになります。

江原さんのテレビは見たことがありませんでした。この著書が初めてです。けれど、この方の言っていることは、本物だと思います。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック