通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
スピッツ がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: Amazon倉庫より24時間以内に発送。送料無料・保証付。状態良好です。書き込みはありません(細かな見落としはご容赦頂ければ幸いです)。amazonが管理していますので、在庫切れキャンセルはありません。除菌クリーニング済みです。現品限りです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

スピッツ 単行本 – 2001/6/16

5つ星のうち 4.6 22件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,057
¥ 2,057 ¥ 1,199

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • スピッツ
  • +
  • 言葉ははかない スピッツ写真集
  • +
  • 放浪隼純情双六 Live 2000-2003 [DVD]
総額: ¥9,141
ポイントの合計: 259pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



雑誌100円OFFキャンペーン
期間限定でファッション誌など対象の雑誌が100円OFF!9/30(金)23:59まで 対象一覧 へ

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

デビューから現在に至るまでの8年間の歩みをメンバー全員のインタビューを中心に、素顔に迫った撮り下ろし写真も厳選収録。甘くせつなくはかなくて、だけど力強いスピッツの魅力が凝縮された一冊。


登録情報

  • 単行本: 455ページ
  • 出版社: ロッキングオン (2001/6/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 494759957X
  • ISBN-13: 978-4947599575
  • 発売日: 2001/6/16
  • 商品パッケージの寸法: 15.7 x 15.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,396位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ここでも個人的な見解は抜きにして、この本を買おうかどうか迷っている方にちょっとした情報提供をさせてください。
まず、表紙のイメージ写真は真っ白ですが、手触りがフワフワしたカバーになってます。「インディゴ地平線」のCDの下に敷いてあるのと同じ手触りです。背丈は小さいけれどなかなか分厚いです。写真はほとんどが草野さん中心で、写真が掲載されているページをざっと数えたところ、76ページでした。(あってるかな?計算違いでもそれくらいのページ数です)アルバム「スピッツ」から「フェイクファー」までのエピソードや曲にこめる想いがぎっしり。他には、メンバーそれぞれのインタビュー、写真集、マサムネ白書、あとがき(草野さんによる)。プライベートなこと、幼少時代の暴露話など内容が充実していることは間違いありません。作詞作曲を手がけておられる草野さんの考え方を知って、人生や人間について改めて考えさせられました。そういう意味で、ファンの方でなくても、買ったときにムダな買い物をしたと思うことはないと思います。
コメント 132人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
スピッツの曲が大好きになって、当然のごとくどんな人たちがこの歌を歌っているんだろうかと気になりだします。そんなときに私は読みました。
この本を読むとスピッツというバンドが本当に好きになります。
メンバー4人のそれぞれの個性と信頼が表れています。
特に作詩曲の草野さんの話はすごく魅力的です。
この本を読んでからでもきっと曲に興味がわくと思います。
2万字インタビューはまさに必読!!!
全く違う半生を生きた4人が創り出した世界を堪能してくださいませ。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 pfs7 殿堂入りレビュアー 投稿日 2003/1/25
形式: 単行本
スピッツを最初期から取り上げてくれていた雑誌『ROCKING ON JAPAN』が、「フェイクファー」までのインタビュー、写真を丸ごと一冊に。
フワフワしたパイル調の装丁がかわいく、中の写真も実に見ごたえあり。
何しろ最初期からなので、比較的最近からのファンには興味深く、コアなファンにももちろん、これまでの軌跡が十分に味わえる本。「薔薇色の禁治産者」などなど、最初期につけられたキャッチフレーズは、今から見てもなるほどと興味深く、この雑誌のセンスを感じさせる。
メンバー一人一人の2万字インタビューは最高。
ブレイク前、ブレイク、そして飛躍への扉を開いた頃のスピッツまで、区切りの一冊。
そしてまた、こういう本が出て欲しいと思う。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
スピッツは、私はロビンソンから入った人間なので、初期のまだ売れてない頃のスピッツのインタビューが読めるのは嬉しい(^^)v

マサムネさんが、イメージとちょっと違ってなかなかしっかりしているような、でもやっぱスピッツの詩人らしい独特の感性がいいですね。

他のメンバーの話も楽しい。スピッツというバンドの柔らかい絆の結び目が見えました(^-^)

最近のインタビューとかも、また新たに第二弾で出版されることを希望します\(^O^)/
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
もうこれはスピッツブリーダー必須の「資料」です。
このボリューム(約450ページ)でこの価格は妥当だし、言ってしまえば安いぐらいです。
ジャパンはスピッツのデビュー当時からスピッツをしっかりと評価してくれた雑誌です。
そのため、インタビューもぬかりありません。
インタビューすべき時期に聞くべきことをしっかり聞いておいてくれた。
そのぬかりない仕事があったからこそ、今になって私たちが重宝できるわけです。
事実、私は「スパイダー」からのファンなので、それ以前のインタビューをまとめて読めて感動しました。
もう何度も読みすぎてぼろぼろで汚くなってしまったけど、この汚れも染みも、私がブリーダーであることの証だと思いつつずっと大切にしていきます。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
Spitzは如何にしてSpitzになったのか? Spitzファンになってからずっとそれを知りたいと思っていた。メンバーへのインタビューをそのまま掲載しているのでその辺がダイレクトに生々しくわかる!子供のころの話とか、家族の話とか、学生時代の話とか、どんなふうに過ごしてきたのかなっていうのがわかって嬉しいし、楽しい。ちっちゃいけれど、メンバーが赤ちゃんだった時の写真もあります。
自分にとってSpitzは一つの奇跡だ。ビートルズと同じくらいの。ビートルズは最悪の状態で解散を迎えてしまったが、もし、彼らがそのまま続いてたらどんな音楽を聞かせてくれただろうとふと思ってしまうことがある。好きだからこそいつまでもそこにあってほしいと思うけど、それがかなわないこともある。でも、Spitzは現在進行形。これからどんな音を創っていってくれるだろうか?
彼らがとてもいい関係にあるのは4人が実際に喋ってるところを聞いてもすごくよくわかる。でも本当はどうなんだろう?と思っていたけど、やっぱりそのまんまだった。メンバーへのインタビューでテツヤがマサムネのことを「我が強いんだけど一人でやってるっていう意識はなく、俺達がいるからやれる」と語っているのだが、やっぱりマサムネは見た目そのままのひとなんだな。マサムネのことが好きだから、マサムネの創る曲が好きだから、マサムネが気持ちよく歌えるように
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック