スパイ・ゾルゲ [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [簡易クリーニング済] 状態は概ね良好で目に付く傷、ヨゴレはございませんが、中古品のため若干の使用感(ケース擦れ傷や色褪せ、盤面に薄い拭き傷など)がある場合がございます。値札剥がし済み。帯をお付けできる保証はございません。☆BOOKOFFの店舗に並んでいる商品と同程度のコンディションとお考え下さい。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,100
通常配送無料 詳細
発売元: ☆24時間管理で迅速丁寧に梱包配送し専売とお急ぎ便や多様な支払い可を約束☆綺多マルチメディア商会
カートに入れる
¥ 4,877
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

スパイ・ゾルゲ [DVD]

5つ星のうち 2.8 52件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 3,980 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,500 (39%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆丁寧梱包堂☆ 年中無休-迅速発送店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • スパイ・ゾルゲ [DVD]
  • +
  • ゾルゲ事件: 覆された神話 (平凡社新書)
総額: ¥4,866
ポイントの合計: 28pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 出演: イアン・グレン, 本木雅弘, 椎名桔平, 上川隆也, 永澤俊矢
  • 監督: 篠田正浩
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2003/11/21
  • 時間: 182 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 52件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000CFB32
  • JAN: 4988104021984
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 58,935位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   第二次大戦下の日本で、特高警察に逮捕されたソ連のスパイ、リヒャルト・ゾルゲ(イギリスの舞台俳優、イアン・グレン)。彼の知られざる平和への思いと、彼と共にスパイ活動に殉じた日本人ジャーナリスト尾崎秀実(本木雅弘)、彼らを支える女たち、スパイに翻弄される日本の中枢の男たちの姿を描く歴史大作。本木雅弘はじめ、椎名桔平、上川隆也、葉月里緒菜、小雪らフレッシュな役者陣が映画を彩っている。
   軍部や政府の機密情報がモスクワに筒抜けになっていた「ゾルゲ事件」は、第二次大戦下の日本を揺るがせた大事件。この事件を軸に、ゾルゲを巡る恋やゾルゲとともに逮捕された尾崎の夫婦愛、彼らを落とそうとする特高警察や政治家たちの焦燥など、たくさんのエピソードを詰め込んだ本作。欲張り過ぎのきらいはあるが、複雑な人間関係をわかりやすく見せているので、昭和史を学ぶつもりで見るといいかもしれない。でもゾルゲをちょっと美化しすぎ?(茂木直美)

内容(「Oricon」データベースより)

太平洋戦争直前の日本を舞台に、世界を震撼させた20世紀最大のスパイ事件を描いた、巨匠・篠田正浩監督による作品。出演はイアン・グレン、本木雅弘、岩下志麻ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
長年見ようと思いながら縁がなかった映画である。満を持して見てみたら後悔した。まず俳優陣の演技、特に本木雅弘、椎名桔平の演技は良いと言えよう。その意味では損はない。だが製作又は協賛会社としてテレビ朝日が載っていることを見てから嫌な予感がしていたが、徹底して尾崎秀美を肯定的に捉えた映画であった。それは当時の中国(というよりは中共)やソ連の共産主義・コミンテルンの美化にも繋がっている。
諸説あるが、日本が太平洋戦争、即ち、米国との開戦へと舵を切る大きな原因となったのがこの尾崎秀美である。勿論当時のルーズヴェルト大統領やハル国務長官らが日米開戦を企図していたことが主原因ではあるが、日米の政権奥深くまで入り込んでいた多数のコミュニストスパイの存在がなければあの大戦は避けることができた公算も大きい。そういう点からすると悪は日本であると、白を黒と、黒を白と言えとすり込まれるような映画でたいそう気分が悪かった。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
ホントはレヴューなんて書かないんだけど…

★5つとか、ありえない評価が並んでいたから、意を決して書き込みます。

どんなに高く評価しても★ひとつ。

犠牲者をこれ以上増やしたくありません。

上映3時間は一人あたりのGDP押し下げ効果は抜群です。

制作費20億は戻ってきませんが、これ以上の経済的損失を増やしてはいけません。

こんなにダラダラと時間を割いて、こんなに厚みのない人物とストーリーを描いた映画は、そうそう無いと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
篠田正浩監督の引退作品。邦画としては最大級の20億円もの製作費と10年に渡る構想を経て完成した大作である。

本作の特徴その1、長い。始まってからすぐ成田を発てば、映画が終わるまでにブラジルくらいまで軽く往復できるんじゃないかと思うほど長く感じる。もちろん、別に上映時間が3時間を超えても、それ自体は良いのだが、この単調さは如何ともし難い。

本作の特徴その2、古い。これは数十年前が舞台だから古く見えるとかそういう問題ではなく、映像のセンスから音楽のセンスから全て古い。例えば音楽で言えば、こうした時代ものにクラシックの有名曲ばかりを随所に挿入するセンスというのはどうだろう。出来上がった時から既に古典というのは、時には格調高いと評されることもあるが、本作の場合はそうではない。

本作の特徴その3、安っぽい。軍人の服、背景の室内セット、とても20億をかけた映画とは思えない。これは軍人役の役者たちの動きにも問題がある。何故彼らは真剣に役作りをしなかったのだろうと不思議でならない。彼らの動きと来たら、軍人というより中小企業の中間管理職そのもの。立ち方1つなっていないし、銃器の扱いは素人以下だ。これではいくら凝った衣装を身に着けたって軍人には見えない。

もちろん篠田監督にも責任はある。軍人の描き方などステロタイプ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
尾崎秀実は国賊である。ケチでセンチなヒューマニズムの為に祖国を売った売国奴である。祖国の為にスパイ活動を行った
ゾルゲとはわけが違う。それをどうやら篠田監督は悲劇のヒーロー扱いしたいようだ。最後の「イマジン」の挿入歌でもそれが
分かる。「みんなの思いは夢や幻となってうたかたの如く消えてしまった」と言いたいのだろう。共産主義は当時のインテリたちの
トレンドだった様だから、篠田監督もそれに影響され、当時の人たちと同じく尾崎を英雄視していたのではないか。

国というものはそれがどんなに至らなくても、その体制を正していくのはその国の人たちだけしかいない。尾崎のように祖国を
不利にするような情報を外部に与えて、外部の力によって変革していこうと言うのはどんなに高邁な思想であっても絶対にやっては
いけない。言語道断である。日本は下手をすると危うくソ連の植民地化するところだったのである。

尾崎は反戦活動もしていて、日本を良くしたいとの願いが人一倍有ったのは心がけとしてはいいのだが、それならば三島由紀夫の
ように死を賭してクーデターでも起こせば良かったのだ。その方がよっぽど潔い。それをぬくぬくと生き長らえて、瑣末で偏った
ヒューマニズムを振り回し、祖国を裏切った挙句に多くの国民を半永続的な
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー