スパイ・ゲーム [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,012
通常配送無料 詳細
発売元: T-SELECT
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

スパイ・ゲーム [DVD]

5つ星のうち 4.3 55件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 5,012 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,468 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • スパイ・ゲーム [DVD]
  • +
  • コンドル [DVD]
総額: ¥5,784
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ロバート・レッドフォード, ブラッド・ピット, キャサリン・マコーマック, スティーブン・ディレイン
  • 監督: トニー・スコット
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2002/07/25
  • 時間: 126 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 55件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000066HMN
  • JAN: 4988104021038
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 21,769位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

ロバート・レッドフォードとブラッド・ピット競演で贈る、スリリングなスパイの世界で命を預けあってサバイバルを続ける、骨太な男と男の友情を描いたサスペンス・アクション。

レビュー

製作: ダグラス・ウィック/マーク・エイブラハム 監督: トニー・スコット 編集: クリスチャン・ワグナー 出演: ロバート・レッドフォ-ド/ブラッド・ピッド/キャサリン・マコーマック/スティーヴン・ディレイン
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
初めてブラピを見たときに、レッドフォードにそっくりだなと思ったけど
その二人が師弟関係に配役されている所から、自分的には来てました。
内容は渋いスパイもの。
もうリバー~の時のような綺麗さはありませんがブラピの若造感がいい。
あえて細かい部分は触れませんが
あまり感情を出さないレッドフォードの演技が本作ではたまりません。
元の2枚目がきっちり渋いオヤジになってます。
スパイが派手にドンパチとかやるのは本筋じゃないよね。
007も嫌いじゃないけど。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 感謝 投稿日 2013/1/31
Amazonで購入
10年ほど前に見て強く印象に残っていたので,再度購入して見てみました。やはり泣けます。買ってよかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
冒頭の中国での救出劇から興奮してしまう。過去のスパイ劇、要人狙撃と暗殺、非情な行動を教え込もうとするネイサンと反発してしまうビショップ、それでいて信頼関係を築く師弟関係を見事に体現しうるロバート・レッドフォードとブラッド・ピット。まさに黄金コンビと言えるだろう。
「お前がヘマをしても、私は助けたりはしない。」と言っておきながら、ビショップの窮地を救おうとする姿に心打たれます。しかも、私財を投げ捨ててですから。最後にポルシェに乗って去っていくのも、憎いですね。
最高なのは、ビショップがヘリの中で作戦名を聞いて、誰が自分を救ってくれたかを知る姿。もう滅茶苦茶、感動しました。離れていても心通じ合う男達、こんな映画を待っていたのだ。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
2001年のアメリカ、フランス、ドイツ、日本の合作映画。
主演はロバート・レッドフォードとブラッド・ピット。
中国は蘇州刑務所に拘束されている友人の救出劇。
といっても刑務所にのりこんで助けるのではなく、CIAの力を利用し頭脳的に解決させる。
渋めの硬派作品ですな。
根底にあるのは友情と恋愛だが大ピらに見せるのではなくさらりとってところが憎い。
トニー・スコット監督の作りだす映像も本格的でリアルでかっこいい。
公開当時ヒットしたかどうかは知らないが、どちらかと言うと忘れ去られてしまいそうな映画ですがなかなかなもんです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
新旧二代良い男共演のスパイゲーム、引退を間近に控えたCIAの極東作戦部門担当者、伝説のスパイ<ネイサン・ミューア>と彼がその素質を見抜き自ら育て上げたCIAの若きエージェント<トム・ビショップ>この映画は過去、彼等が関わっていた哀しい事件が十数年後に尾を引きビショップを遠い地中国で窮地に追いやる所から始まる。彼の師でもあるミューアは遠く離れたCIA本部で彼を助けるか否かの協議の中、彼との出会いや人柄を参考として話し、その内面彼を見捨てようとしているCIA幹部達に気付き、単身内密にビショップを救おうとCIA本部で行動を開始する・・・タイムリミットは「24時間」
昔よりも格段に皺が増えてもロバートの男前振りは健在でした。カメラワークや色の使い方が秀逸で本当に全編通して立ってるだけでも絵になるロバートに惚れ直しました。
ブラット演じるビショップは今回ロバート演じるミューアの過去の回想に出てくる役のほうが多く、「初めてボウイスカウトでミューアに出会った頃の初々しいビショップ」の演技がとても母性本能を刺激します!その後ミューアは彼を気に入り自分の後継人として育てますが、まだ純粋さを捨てきれないビショップとの間には何度か諍いが生まれます。
そのすれ違いが起こした今回の事件、過去の諍いですれ違い離れてしまったビショップをミューアは全財産と名誉を捨てて助けます。その救
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 はらたいらさんに3000点 トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/10/27
 ロバート・レッドフォードとブラット・ピットの出演。二大スター共演のハズですが、ブラピの役回りがレッドフォードに比べて軽く、ブラピファンにはやや物足りない(不満の残る)作品ではあります。
 筋立てとしては、ネイサン・ミュアー(レッドフォード)はCIAの敏腕職員(スパイ)だが、引退の当日になって、かつて彼が育てたトム・ビショップ(ブラッド・ピット)が中国当局に捕まってしまったことを知らされる。捕まるに至った真相についてCIAもミュアー自身も見当が付かないまま、彼の処刑が翌日に迫る。ビショップの見殺しを決め込んだCIAを向こうに回し、ミュアーは一人ビショップ救出の策を練る、というもの。
 これに加えて、ミュアーとビショップの出会いや一人前のスパイになるため技術を叩き込まれていく過程、そして彼らが袂を分かつ発端となった事件が描かれ、その中に物語の伏線もしっかりと張られていきます。そしてこの伏線の回収が絶妙で、ただただ「うまい」と言う他ありません(詳細は触れません)。
 また、ミュアー自身は物語の初めから終わりまでCIAの敷地からは出ていません(回顧シーンは別)。彼はどうやってビショップを救出するのか。この点も映画の面白さの一部なので触れないでおきます。
 個人的にはミュアーと、彼の敵役(笑)であるチャールズ・ハーカー(スティーブン・ディレイン扮演)との遣り取りが好きですね。何とも憎めないハーカーの立ち振る舞いがツボです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す