¥ 2,700
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
スパイクマン地政学 『世界政治と米国の戦略』 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

スパイクマン地政学 『世界政治と米国の戦略』 単行本(ソフトカバー) – 2017/1/20

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2017/1/20
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 5,449

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • スパイクマン地政学 『世界政治と米国の戦略』
  • +
  • クラウゼヴィッツの「正しい読み方」 ー『戦争論』入門ー
  • +
  • 米中もし戦わば
総額: ¥7,927
ポイントの合計: 238pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ニーア オートマタ 美術記録集 ≪廃墟都市調査報告書≫
ヨルハ部隊員達が旅する世界をアートとともにめぐるワールドガイド 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

地政学、国際政治学の祖として著名なスパイクマンが書いた、戦後の米国国際政治学の原点となった古典的著作が初めて日本語版になった
「親日反ロ」の立場をとった米国でも稀有な学者スパイクマンの主著America's Strategy in World Politics: the United States and the Balance of Powerは、日本の真珠湾攻撃の3か月後の1942年に出版され、刊行と同時に当時の米国で高く評価された。世界地図と該博な地理の知識を駆使して戦後の世界情勢を予見した本書は、75年前の著作でありながら、現代の国際情勢を考えるための重要な示唆を与えてくれる。
●75年前、スパイクマンは…… ハートランド=ロシアの膨張による侵略を受けると警告
→実際は……ロシアによるグルジア侵攻、クリミア併合、中国による海上覇権の活発な動き
1930年代米国の「介入主義か孤立主義か」の対外政策論争が半永久的に続くと予見 →現在は……トランプの「アメリカ・ファースト」回帰

※約500頁の原書には、刊行された当時の経済状況や資源問題などにかなりの紙幅が割かれているが、現代の読者には不要と思われるため割愛し、スパイクマン地政学の核心部分を抄訳した

内容(「BOOK」データベースより)

地政学、国際政治学の祖スパイクマンの主著の初邦訳版。日本の真珠湾攻撃の3か月後に出版された本書は、刊行と同時に米国で高く評価された。世界地図と該博な地理の知識を駆使して戦後の世界情勢を予見した本書は、75年前の著作でありながら、現代の国際情勢を考えるための重要な示唆を与えてくれる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: 芙蓉書房出版 (2017/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829507047
  • ISBN-13: 978-4829507049
  • 発売日: 2017/1/20
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,923位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

スパイクマンはマッキンダーと並び評される地政学の巨人である。

その主著が今回初めて邦訳されたことを素直に喜びたい。

本著で記されているのは、
WW2以降の米の対外政策の背骨となっている考え方であり、
封じ込めやパワーなど、スパイクマンから生まれた国際政治用語も多々ある。

そんな重要な存在にもかかわらず、戦後日本社会は国民に
この内容を伝えようとせず、危急存亡の秋を迎えた今に至ってはじめて
貴重な地政学知識を国民に伝え始めた。

21世紀のわが防衛を考える言葉、思考づくりに必須の本だし、
すべて頭に入っている人も、改めて読み直して今の事情を照らし合わせることで
多々学びを得ることができよう。

いずれにせよ、地政学オタク、戦略オタク、将校、研究者・学生、国政政治にかかわる人
なら必ず手に取り読みふけってほしい本だ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
N.スパイクマンについては、日本では一部の専門家や地政学・軍事マニアを除いてその名前さえ知られてはいない。だが本書の原著が1942年に刊行されて以来、アメリカ国内では激しい賛否両論にさらされながら、戦後のアメリカ外交の理論的支柱となった。第二次大戦前までは、ヨーロッパ的なバランス・オブ・パワー(勢力均衡)に基づく国家間関係に否定的な考え方が主流だったアメリカ人の間で(セオドア・ルーズベルトなどは例外)、オランダ系アメリカ人のスパイクマンは、「新世界」に位置するアメリカも、ヨーロッパやアジアのパワー闘争と無縁ではありえないと説いた。まさに慧眼であり、優れた分析家としての真骨頂であろう。
本書は、スパイクマンがこうしたパワーの概念と地理という要因から、第二次大戦期の世界情勢を分析し、アメリカが執るべき外交政策を提言する内容となっている。本書を通読すれば明らかだが、スパイクマンはこのままではアメリカは「旧世界」の侵略者から自国を守れなくなる可能性を憂慮しており、その点からして憂国の書と呼ぶことも出来よう。

多くの論点を含む本書であるが、現代の日本人にとって極めて重要なのが、「結論」部である。ここでスパイクマンは、ランドパワーのロシアや中国の膨張を抑止し、これらを包囲するために、アメリカがドイツや日本と提携することを主張している。
現代のアメリカの
...続きを読む ›
1 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
マッキンダーと並ぶ地政学の祖の主著。ただし地図はほとんど出てこないので、世界地図を見ながら読むことと、もう1冊の著作である「平和の地政学」を合わせて読むことをお勧めします。内容は文句なしなの☆5つなのだが、誤字・脱字が多すぎなので☆4つとしました。モンテビデオとするところをモンテネグロとか、島の位置を説明するのに東と西を間違えていたりとか、「ちゃんと校閲したのか?」と疑いたくなるほどでした。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告