通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
スナップ写真のルールとマナー (朝日新書 063) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品になりますので、多少の日焼け・傷み・シミ・折れ等はございます。カバー・表紙の装丁、出版年月日等が掲載されている画像・詳細と異なる場合がございます。帯・特典等の付属品につきまして、記載が無い場合は付属しておりません。また、店舗でも販売しておりますので売切れの際は、ご注文をキャンセルし全額返金致します。何卒ご了承下さいます様、お願い申し上げます。 2645
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

スナップ写真のルールとマナー (朝日新書 063) 新書 – 2007/8/10

5つ星のうち 3.9 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • スナップ写真のルールとマナー (朝日新書 063)
  • +
  • SNS時代の写真ルールとマナー (朝日新書)
  • +
  • 森山大道 路上スナップのススメ (光文社新書)
総額: ¥2,646
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ケータイにデジタルカメラ…だれもが写真を撮る時代。だからこそ、知っておきたい肖像権、著作権の常識。「撮ってはいけない」というのではなく、さまざまなシチュエーションを想定し、守るべきルールとマナーを、一線のプロ写真家がアドバイス。写真を楽しむための66のQ&A。


登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 朝日新聞社 (2007/8/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 402273163X
  • ISBN-13: 978-4022731630
  • 発売日: 2007/8/10
  • 梱包サイズ: 17 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 26,559位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
スナップ写真を撮る時プライバシーの侵害なるかならないか判断がつかず購入しました。
色々の事例が出ていて大変参考になりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
本の内容は、カメラを担いでウオーキング撮りしている者には役立ちましたが、最近のスマホの内臓カメラは2000万画素を誇る高画質になっており、スマホを持った多くの人が個人情報等を無視して平気で人に向けてシャッターを切っています。撮られた方もカメラとの意識が弱いのか見逃しているようですが、これは大きな問題であります。
本誌の初版時期2007年代で「携帯」と書かれた当時の内臓カメラの映りとは比べ物になりません。又、鼎談「スナップほこう撮ろう」で多少フォローされていますが、フィルムカメラでのスナップ撮りトラブル対策等の件は「内容が古い!?」と思ってしまいます。
要は、こう云った本はもっと時代に沿った改定改正をされるべきです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
写真を撮る時の基本を示した内容でした。これは写真を撮る者にとっては全く当たり前のことです。最近はこれを無視した者が多数いるのでしょう。私も時にはマナーを守らない事があるかもしれないと感じた。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
Q&Aでひとつひとつはある程度わかります。ですが全体的なモラルの問題や法律についての問題もきちんと解説して欲しい。トラブルを穏便に済ませましょう、お互い思いやりましょうのような内容になっていますが、それがかえって本質の問題解決を靄に包んでいる印象があり、どれだけの事例をあげてもキリがありません。これからスナップ写真を撮りたい人にしてみれば、もっとちゃんとした読み物の部分があったほうがいいと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
あまりの趣味の無さを反省し、写真を趣味にしようと思っている。そんな初心者の私にはグッとくる書名だ。
内容としてはサンプルケースに沿ってQ&Aで説明していて分かりやすい。
でも、そのそれぞれのケースについては分かるんだけど、全部読み終わってみるとちょっと物足りない。
ポイントとしては、
1)きちんと断ってから撮りましょう。撮っちゃったあとでも良いので断りましょう。隠し撮りとかはダメです。
2)コンテストとか写真展とかに出すんならいいけど、商業用(売り物にする)に使うのはダメですよ。
それを前提とした許可が必要ですよー。
といったところに集約されるんじゃないだろうか。
で、改めて考えてみれば「そんなことわかってるよ」という感じで、なので具体的に「許可の取り方」とか
「商業利用の場合の手続き」とかを知りたいんだよね、と言いたくなる。
そういう意味では、この本は「問題を整理した」という程度かもしれないので、さらにこの手の本を探したい。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
スナップ写真を撮影する上で肖像権に注目して書かれた本です。

高速道路での撮影や、お祭りでの撮影、ラッシュ時での撮影等等スナップ撮影をする時に、
特にアマチュアカメラマンが気をつけなければならないことがO&A形式で綴られています。

一つ一つが簡潔に述べられていて、とっても読みやすかったです。

なるほどと思わせられる事や、そんなことする人もいるの?なんていう例も載っていました。
「人の振り見て・・・」ではありませんが、マナーには十分に気を付けようと再確認させられました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
少々厳しい評価となります。
期待はずれな内容でした。
買って手に入れる情報、知識は無いに等しいです。

カメラや写真が好きで、いろいろな状況を考えている方であれば、
既に理解しできている内容かと思います。

この本に手を伸ばそうとも思わない方、カメラや写真を特に好きでもなく、
意識していない方が読むのに必要な本なのでは?と感じました。

始めてカメラに触れ、カメラを持って始めて外に撮影に出かけようと思う方には
先ず読んでみるといいと思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
法律論に終始することなく、撮影事例を交え
こんなときはどう考えればよいのか。
その写真は、この用途に使えるのか。

撮影者の立場でかかれた割に公平でわかりやすい。

注意したいのは、絶対的基準では無いということ。
この書籍に書かれているから問題ないんです!

といった対応をすることができないということ。

立場によっては毅然と撮影・利用を断られるでしょう

逆にパパラッチや写真週刊誌のように
本人の拒否を無視し撮影・商業出版する事例も多々ある。

良識ある一般市民が、現代日本という社会環境の中で
比較的穏便にスナップ写真を撮影し、公開できる範囲
について教えてくれる、良い判断基準と行動を廉価に
わかりやすく伝えてくれる良書です。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー