中古品
¥ 26
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【良い】カバー:スレ、ふちヨレがありますが、読む分には問題ありません。アルコール除菌済!帯無し。通常24時間以内に配送業者に出荷致しまして配送となります。迅速丁寧な対応を心掛けております。 配送方法:日本郵政ゆうメール。当店より追跡は出来ますが、追跡番号はありませんので、追跡が御必要になった場合は当店まで御連絡頂きますよう宜しくお願い致します。また、配送期間につきましてAmazonが自動で左記の期間を表示しておりますが、通常発送日より4日以内に到着しております。日曜・祝日での御配送は致しておりませんのでご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ストーリー311 (ワイドKC Kiss) コミックス – 2013/3/11

5つ星のうち 4.1 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 26
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2011年3月11日以降、被災地で起きた多くの悲しい出来事、厳しい避難生活の中で生まれた家族や地域とのつながり、被災を乗り越えて成長していく町の若者の姿、日本各地から訪れるボランティアと地元住民とのふれあいなど、現地で生まれたストーリーを、漫画家自らが現地で取材し漫画に描き残すことで“語り部”的な役割を果たせないだろうか? そんな気持ちから生まれたプロジェクトが単行本になりました。


登録情報

  • コミック: 128ページ
  • 出版社: 講談社 (2013/3/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063377792
  • ISBN-13: 978-4063377798
  • 発売日: 2013/3/11
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
ストーリー311 

企画を聞いた時素人ながら
8Pで何が描けるだろうと思いました。
流石今を時めく漫画家さんのストーリーは素晴らしかった。

被災された方々もよく話して下さいましたし
それを受けて描いた先生方も覚悟の上とはいえお辛かったのではと思います。

ズン・・としたり、ほろりとしたり、時には号泣しながら読み終えました。

既にネット上で無料配信された作品を読んでいましたが
改めてこうして本で作品を読み直して益々魅力を感じました。

紙っていいですね^^

その印税全額と出版社の利益の一部を、
また電子書籍に関しても、印税・利益の一部を被災地に寄付される。
との事なので

Kindle版もポチル予定です。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
東日本大震災で津波の被害に遭った方々の話を漫画にしたもの(ネットでも一部読めます)
多数の作家さんが一人当たり8Pという枠の中で、様々な立場からの「その日とその後」を描かれていました。

末次由紀・東村アキコ先生の漫画はその日の緊迫感が多めに取られていてよかった。
ひうらさとる・岡本慶子先生のは放射線と向き合う人の話、
さちみりほ・上田倫子・うめ先生の話は避難所の人々や温かさなど。
ななじ眺・樋口橘先生は子供の目線から、
新城まゆ先生はインタビュー形式、
おかざき真理先生のお話は、震災前と震災後が8Pで素晴らしく纏まっていて、希望を持たせる〆でした。

ただ、津波てんでんこのような教訓だとかが入っていなかったのが残念で、☆を一つ減らしました。
「どうやったら生き延びれるのか」「死なないためにはどうすれば」「何が出来て何が出来ない、どういう状況か」
そういうのが入っていたら、生き延びる人も多くなるんじゃないかなぁと思いました。
折角後世に残すのなら、次に生かす部分も入れて欲しいです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 鯵の干物 投稿日 2013/3/13
形式: コミック
近所の本屋では部数が少ない為、配本されていませんでした。
駅前の本屋でシュリンクにかかってない状態で一冊ありました。
全額寄付になるという事もあり中身を見ずに購入したのですが、多くの人が読める様にそのまま置いていた方が良かったかなぁ…とも。

読んだ最初の感想は「文字が多い…」
被災者へのインタビューを元に8Pという短いPでまとめなくてはならないという事で、モノローグが多すぎます。
漫画というより絵を下にひいた文章を読んでいる気分になりました。
でも、貴重なインタビューを削るのも変えるのも心情的にできないだろうし…描かれるの苦労されたんだなと思いました。

もちろん素晴らしい漫画もあって、個人的には
プロローグ、第1話、第6話、第9話が漫画を読んだって感じです!

第10話の「でも それはすべて…強がりなんです‼」という台詞がTVで被災者を観ていて感じていた辛さの答えなのかもしれないと衝撃を受けました。

表紙の黄色も元気と癒しの色なのでいいですね。
平積みだと目立つし…私の購入した本屋のように背表紙立てて置かれるとわからないですが。

ところで、中表紙等に使われている花の絵は…被災した子どもが描いたものとかだった
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
本書の印税、著作権料全額と利益が全額寄付されるとの事で躊躇せず購入。
収録された作品は、全て胸に響き心に残るものばかり。漫画だからこその表現のおかげで、素直に感情移入が出来る素晴らしいものです。
個人的には、第2話のお菓子をくれた知らないおんちゃんの話が泣けて仕方ありませんでした。

これを読むと3.11直後、多くの被災者の方にとっては地震と津波の災害だったのだ、と改めて感じます。登場する福島の人たちにとっては、それらに加えての核災害だった訳です。

首都圏や西日本に住む人にとっては、原発が全国に点在する事や、ゆるい食物の放射能安全基準に対する疑問もあり、つい核災害に注目しがちですが3.11はそれだけではないこと、津波は愛する人や自分を愛おしんでくれた人たちをただちに大量に奪った悲劇であったことを忘れてはならないですね。

福島の方のエピソードは3つ。ネタばらしはしません。是非読んで、御自身なりの感想を持って頂きたいと思います。個人的には、第7話が私の2013.3時点の心情に近いです。

しかし、三陸の海の幸の、本当にうまそうな事よ!
原発事故が本当に憎い。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー