Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 780
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[中村あやえもん]のストーリー作家のネタ帳 イベント編1―キャラクターの王道プロット15種
Kindle App Ad

ストーリー作家のネタ帳 イベント編1―キャラクターの王道プロット15種 Kindle版

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 780

紙の本の長さ: 260ページ

商品の説明

内容紹介

待望のストーリー作家向け「王道プロット集」、ついに刊行!

◎ ネタ切れ、アイデア切れの解消に!
◎ 何日も悩まずに、インスピレーションを得られる!
◎ 一本のプロットをすぐに作れる!
◎ プロットの作り方が分かる!

本書「ストーリー作家のネタ帳 イベント編」シリーズは、ストーリーライティングに関わる方のために、「王道プロット」をまとめた参考資料集の本(電子書籍)です
本書で書かれている内容や方法を用いることで、物語を作る上での良質なプロット、すなわち「王道プロット」を短時間で作り出すことができるようになるでしょう。

なお、このシリーズはどの巻から読み始めても構いません。


-----------------

■ この本の内容

・ 物語を書いているが、ネタを使い切ってしまい、アイデアが思いつかない方へ
・ 物語作成において、新たなインスピレーションが欲しい方へ
・ 物語プロットを作っているが、うまくまとまらない方へ

本書はそのような、シナリオライターや小説家、漫画家、脚本家などのストーリー作家を対象として、物語を作る上でのインスピレーションを得られる、イベント(出来事)のネタと、そのプロットの作り方を記しています。
なお、本書の対象者は、ストーリーライティングの中~上級者です。既に物語を何作も完成されている方で、ネタやインスピレーションを必要とする方向けの内容になっていますので、ご注意ください。

この巻では主に、キャラクターを元に作る王道プロットを15種類ほど紹介しています。


■ 「ネタ切れ」になっちゃった! どうしよう!

「どうしよう、アイデアが思い浮かばない……」
「ああ、どれも今まで使ったことあるネタばっかりだ。何か新鮮なアイデアはないかな……」
「ネタが思いつかない。どうしよう」
「この場面でちょっとした出来事やイベントが欲しいけど、何かいいインスピレーションはないかなぁ……」

物語を書いている人にとって、このように悩むことは多いのではないでしょうか。
思いつくのは、今まで作ったことがあるものばかり。

「ネタがすぐに思い浮かぶ、そういうアイデアが凝縮されたネタ帳みたいなものがあればいいのに!」
「新たなインスピレーションがすぐに得られる、そんなアイデア帳があればいいのに!」
「ついでに自分なりのオリジナル作品として仕上げられるような、そんな作り方もあればいいのに!」

作家さんが持つそんな悩みを解決するために、本書を作りました。


■ 作家向けの「ネタ帳」

この「ストーリー作家のネタ帳」シリーズでは、物語を発想するためのありとあらゆる「基本的なネタ」、すなわち「王道プロット」を、様々な分野に分けて記述しています。
そして、そのプロットの作り方も説明しています。
本書のネタは、世界観とキャラクター、ロケーションに縛られない、使いやすい形式になっています。
そのため、世界観とキャラクター、ロケーションさえ別途用意できていれば、本書のアイデアから適当にピックアップして利用することで、様々なプロットを作れるようになるでしょう。

また、本書ではある程度普遍的な抽象度で記しています。
世界観やキャラクターが異なれば、大きく見た目は変化する性質を持っています。そのため、他の作家とのネタかぶりを気にすることもありません。
そして、本書では基本的に、アイデアを「追加する」というアプローチで説明しています。
これによって、他の設定や出来事との矛盾を極力避けることができます。
このように、つじつま合わせで苦しむことがないように配慮しているので、安心して、どんどんネタを追加できるでしょう。

作家にとっては、なかなか「今まで使ったことがないアイデア」というのは、思いつきにくいものです。
ですが、そこで本書のネタを参考に使うことで、様々な「新しい次の一手」を導き出すことができるでしょう。


■ 本書は中~上級者のストーリー作家向け

なお、本書の内容は中~上級者のストーリー作家向けとなっています。
まだ数えるほどしか完成させていないような方や、入門者の方には向かない内容です。
また、つじつま合わせが必要ない形式にしているとはいえ、ある程度のつじつま合わせのスキルや、ストーリー構築力も必要になります。
その辺りをご注意ください。

ですが、物語を既に何作も作っている方で、ネタにお困りの方であれば、本書は力強いアイデアの味方になってくれることでしょう。
それによって、どんどんと新たな展開を引き出し、新鮮な物語を、ネタに困ることなく、楽しく書き続けてくださればと思います。


-----------------

■ 目次

本書の使い方

第一章 メインプロット向けのイベント
  メリットがないのに優しくする
  無害な相手を恐れる
  見下される
  恨みを持つ
  恨みを持つ(恋人が敵になる)
  恨みを持つ(敵に養われる)
  罪を背負う
  人間以外のものが意志を持つ

第二章 サブプロット、場つなぎ向けのイベント
  権威者に否定される
  助けたことで不調を抱える
  上機嫌になりすぎる
  ハッタリをかます
  好きになる
  嫌いになる
  気が変わる

あとがき
解説付き目次
参考文献


-----------------
(更新情報)
第2版 2015年10月9日 各項目に概要図、流れ図を追加

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 13977 KB
  • 紙の本の長さ: 260 ページ
  • 出版社: あやえも研究所; 2版 (2015/7/18)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B0121K14U6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 4,758位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
無料キャンペーン時に入手しました。

本の中身は懇切丁寧に書かれていて実用性が高く、役に立つ本だと思います。

ただ、いかんせん価格設定が千円以上というのは如何なものかと。500円くらいが適正価格ではないかと思います。

追記
780円に価格改定されたので★3から★4としました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
 「こういうストーリーが書きたい!」というあやふやな願望を、「自分の理想としていたストーリーは、こう書くべきだったんだ」という次元にまで昇華してくれるかもしれない一冊。

 簡単に言えば、料理のレシピ本のようなものだ。書かれているルールに従って小説を書けば、素人でも大きな間違いを犯すことなく一定水準以上の面白さを持ったストーリーを生み出せる。ただし、その通りにやるだけではプロの足元には到底及ばない…という、そういう意味では、ある程度場数を踏んできたアマチュア戦士が自分流のアレンジを加えつつ、なおかつ作品を破綻させないように先人の知恵を借りる…といった使い方が一番適しているように思える。

 とはいえ、最近の流行作にはこの王道プロットから大きく外れた作品も少なくないので、そこは注意。
 これはあくまでドラマチックなストーリーを書くためのネタ帳であるから、たとえば、かわいい女の子がかわいい遊びをするだけの日常ものアニメや、神のごとき能力をもったヒーローが雑魚を蹴散らしていくバトルエンターテイメントといった、キャラの成長や時間の流れが大して重要でない作品にはおそらく通用しないだろう。

 普段からマンガや映画を見て「ストーリーがダメだ」「脚本家がダメだ」と口にする人間は多くいるが、その何パーセントが脚本の不備、あるいは
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
どこかでお名前を拝見し、検索からサイトへたどり着き、自分に不足していると思われる点を勉強させてもらいました。
まず「どんでん返しの作り方」を購入し、付録についていた記入用シートにて試作しております。
大変役に立っています。

ほか作品をいくつか購入したあと、ネタ帳の記入用シート目当てで購入を決めました。
が、残念なことに、こちらには付録がなく、もっと簡単に説明されたものだけでした。
実際、有料より無料で提供してあるもののほうが使える状況で残念です。
サイトのほうがわかりやすく、見やすかった。

いまのところ、サイトにある王道プロットの作成例を印刷させていただき、自分の作ったストーリーをあてはめて使っています。
サイトと同じ仕様のものが付録につく、もしくはテンプレが発売されれば、すべて購入しようと思います。

中村あやえもんさんの理論は、売れていくために準備するのにちょうど良い教材だと私は思いました。
ちなみに、はじめてストーリーを組み立てようとする方にはむずかしいので、気をつけてください。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover