通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ストーリー・セラー がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ストーリー・セラー ハードカバー – 2010/8/20

5つ星のうち 3.7 86件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 188 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ストーリー・セラー
  • +
  • 空飛ぶ広報室
  • +
  • 塩の街 (角川文庫)
総額: ¥3,852
ポイントの合計: 117pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

このままずっと小説を書き続けるか、あるいは……。小説家と、彼女を支える夫を突然襲った、あまりにも過酷な運命。極限の選択を求められた彼女は、今まで最高の読者でいてくれた夫のために、物語を紡ぎ続けた――。「Story Seller」に発表された一編に、単行本のために書き下ろされた新たな一篇を加えて贈る完全版!

内容(「BOOK」データベースより)

小説家と、彼女を支える夫を襲ったあまりにも過酷な運命。極限の決断を求められた彼女は、今まで最高の読者でいてくれた夫のために、物語を紡ぎ続けた―。極上のラブ・ストーリー。「Story Seller」に発表された「Side:A」に、単行本のために書き下ろされた「Side:B」を加えた完全版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 205ページ
  • 出版社: 新潮社 (2010/8/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103018739
  • ISBN-13: 978-4103018735
  • 発売日: 2010/8/20
  • 商品パッケージの寸法: 1.9 x 13 x 19.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 86件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 286,212位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
人の亡くなるお話はそれだけで悲しいですが、有川氏はその状況を一捻りも二捻りもしてきます。なかなか手の込んだ構成をしてますが、最後はやっぱり泣けます。生きてあることの幸せを今一度かみしめようと思いました。
対になるB面はラストにちょっと驚きました。このままでは悲しすぎるので救いを入れたのかもしれません。
女性作家とその夫君のお話となるとどうしても、氏と夫君を重ねてしまいます。本当にどこまでが小説なのでしょうか。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ダビンチの恋愛小説部門1位というタイトルに踊らされて購入。
期待値が高すぎたのか、なんだいまひとつ。
キャラクターがやや現実離れしていた点と有川浩さんのライトノーベルなのか現代小説なのか純文学なのかよくわからない境界線上にある文体についていけず…
わかりやすければいいってもんじゃないんだよなー
この辺は好みなので、つまらなかったと言ってるわけではありません。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
いつもの有川浩らしくない悲しく残酷な話。
しかしSideA、SideBともに人物像が作りこまれた感がありすぎて
うーん...
自分はこんなに物分かりのいい我慢強い男じゃないし、これだけ
の思いを抱く女性にも出会ったことはないから、というよりもあ
る意味夢のような男女の話でそれが違和感の原因かもしれません。

もちろん小説だし、まさにここがストーリー.セラーである所以
かもしれませんが、個人的には設定がSF的なものであるのは受け
入れられるのですが、この作品は人物像があまりにできすぎていて
感情移入するところまではいけませんでした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 香桑 VINE メンバー 投稿日 2010/8/27
形式: ハードカバー
白地に青いリボンがかけられた、物語を売る人からのとっておきの贈り物。
特別な人に贈る、物語である。

同名の雑誌に掲載された小説が、Side A。
それに対を成すSide Bをあわせて、完全版として出版された。
この二つは同じモチーフの、しかし、まったく別の物語だ。
どちらも夫婦の情愛の濃やかさに、しんみりと心を動かされる。
こんな親密で素敵な夫婦像は憧れたくなる。
いつまでも、二人で一緒にいたいという、ささやかな願い。
それは途方もない願いだ。どんなに強い関係でさえ、永遠ではない。
Side AにもSide Bにも、散々泣かされながら読んだ。

まるで、作者から夫に宛てたラブレターだ。
同時に、読者にとってはミステリになる。
幾重にも仕掛けられた罠に、読み手は問わずにいられない。
「どこまで本当なんですか?」
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
旅猫レポートで感動しました。 星5つ。 ヒアカムザサン。星3つ。 ストーリーセラー。星1つ。
最後まで読んで判断しようと、読みました。 サイドAも違和感ばかり。サイドBは、一冊の本にするために、付け足しましたって感じの話。一粒で2度美味しいではなく、サイドAの搾りかすで、サイドBをアクや苦味まで全部絞り出しました。って感じで、サイドAよりももっと劣化してました。 せっかく感動した 旅猫レポートの感動まで色褪せてしまって、すごくすごく残念です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
僕も、「ページを同じ言葉で埋める表現方法は好きではない」に同意します。
純愛?サイコしか感じません。

本作といい、三匹のおっさん2といい、少しネタが切れてきたかな。それとも、なんか辛いことでもあったのかな。

図らずも、「彼」が言っています。「…だから自分の好きじゃないもんにあたってもそれはハズレだったって無視するだけなの。ベストセラーでも自分にとって外れのこともあるし、…」

無視できませんでした。
僕の場合には、当たり外れは、次に同じ作家さんの本を買うかどうかに表します。

だから、普段ならレビューなど書かず、買わなくなってお終いなのですが、今回は何か悲しくて、書いてしまいました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ハナコ 投稿日 2016/1/12
形式: 文庫
有川浩さんの作品はほとんどすべて読んでいますが、今回はこれまでで一番「ピンとこなかった」作品でした。
人物像がわざとらしすぎて登場人物に共感できなかったのが大きいかもしれません。
最後の「オチ」も「ふ~ん」という感じで、A面B面と繰り返されると辟易しました。
作者は違いますが、『イニシエーション・ラブ』も私は「ふ~ん」で終わってしまったので、ちょっと似たテイストの気もするこちらの作品も向かなかったのかも。逆に『イニシエーション・ラブ』でがおもしろかった人にはいいのかもしれませんね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー