通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ストーリー・セラー がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ストーリー・セラー ハードカバー – 2010/8/20

5つ星のうち 3.7 86件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 188 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ストーリー・セラー
  • +
  • 空飛ぶ広報室
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

このままずっと小説を書き続けるか、あるいは……。小説家と、彼女を支える夫を突然襲った、あまりにも過酷な運命。極限の選択を求められた彼女は、今まで最高の読者でいてくれた夫のために、物語を紡ぎ続けた――。「Story Seller」に発表された一編に、単行本のために書き下ろされた新たな一篇を加えて贈る完全版!

内容(「BOOK」データベースより)

小説家と、彼女を支える夫を襲ったあまりにも過酷な運命。極限の決断を求められた彼女は、今まで最高の読者でいてくれた夫のために、物語を紡ぎ続けた―。極上のラブ・ストーリー。「Story Seller」に発表された「Side:A」に、単行本のために書き下ろされた「Side:B」を加えた完全版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 205ページ
  • 出版社: 新潮社 (2010/8/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103018739
  • ISBN-13: 978-4103018735
  • 発売日: 2010/8/20
  • 商品パッケージの寸法: 1.9 x 13 x 19.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 86件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 276,690位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
人の亡くなるお話はそれだけで悲しいですが、有川氏はその状況を一捻りも二捻りもしてきます。なかなか手の込んだ構成をしてますが、最後はやっぱり泣けます。生きてあることの幸せを今一度かみしめようと思いました。
対になるB面はラストにちょっと驚きました。このままでは悲しすぎるので救いを入れたのかもしれません。
女性作家とその夫君のお話となるとどうしても、氏と夫君を重ねてしまいます。本当にどこまでが小説なのでしょうか。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2011/12/6
形式: ハードカバー Amazonで購入
SideAとSideB。小説家とその夫を主人公にした恋愛小説が2編。モデルになっているのは著者自身と思われ、小気味の良い展開で読者を楽しませてくれる。どうやら、最初にSideAが発表され、それだけでは1冊の本にするには薄いので、SideBを書いたようだ。しかも、SideBは最初に結論を予告して始めるという大胆さ。しかし、これが、きっちり読ませる。有川浩らしい佳作。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
何度も読み返したくなる本です。
悲しい描写もありますが終わり方も希望があって素敵でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
とても切ないお話です。これほどまでに自分を理解してくれる相手に巡り合えたなら、と思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
女性目線だし、どこか女性中心に描いており、時には自己中心な女性を正当化しようとしていて、当たり前かもしれないが、男性が読んで居心地のいいものではない。
読者を感動させようと聞こえのいい条件や話を並べたようにしか感じなかった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 中年A トップ1000レビュアー 投稿日 2016/2/6
形式: 文庫
作家の妻と、その作家の大ファンにして妻を絶妙に支える夫。ここから、妻が亡くなる話がside A、夫が亡くなる話がside Bという対になる二つのお話です。

「作家が料理すれば、同じ設定から亡くなる当事者が全く逆の二つのお話が作れるんだよ」と作家の力を誇示されているような、悪く言えば技巧を見せびらかされたような、そんな気がしないでもありません。

でも、読み進めると、やっぱり止まらなくて、一気読み。そして、どちらの話にもしっかり泣かされてしまいました。ちょっと悔しいけど、素直に読んで、素直に感動するが吉。そんな作品と思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ラテンマン トップ500レビュアー 投稿日 2016/8/13
形式: 文庫
小説家の女性と,その最大のファンでもある会社員の夫.
妻が死ぬストーリーと夫が死ぬストーリーの中編の2作品.

女性の夫への想いが中心に描かれており,
愛情と死による別離の過程が描かれている.
そのひたむきさや純粋さに感動できる読者には楽しめるのかもしれない.

ただ,その男性像がなんというか,同性から見ると
少々現実離れしていてリアリティが感じられない.
この作者の別のラブストーリーである「レインツリーの国」でも感じられたが,
恋愛を描くのに,人間の心理の葛藤や行き違いではなく,条件設定を全面に押し出している.
登場人物は毒のない,理想に近い人物像で,よくも悪くもピュアである.

ラブストーリーは,恋愛の障壁となる事象やイベントを乗り越えて,
愛情を深めているプロセスが肝だと思うが,
この作者はその障壁を登場人物の内面ではなく,設定に置いているわけである.

でも,個人的にはこういうラブストーリーはあまり面白くない.
もっと,男のみみっちさや女の思い込みなど,ありふれた人間の心理を描かないと,
リアリティが感じられないし,人物造形が薄っぺらになる.
何より,ストーリーに共感できない.
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 人事部長 投稿日 2016/10/9
形式: 文庫
んんん。
しんどかった。

何を表現したくて、この言葉をつらつらと連ねたのかわかりにくかった。

読んでいて、単語を読んでいるだけだった。

残念でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
小説家の妻サイドA版が奇病致死性脳劣化症候群。複雑な思考をすればするほど脳が劣化し、やがて死に至る不治の病で亡くなるとあんだかな泣けたサイドB面旦那が不慮のことで亡くなるこれまたあんだかな泣けるお話かよ
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ダビンチの恋愛小説部門1位というタイトルに踊らされて購入。
期待値が高すぎたのか、なんだいまひとつ。
キャラクターがやや現実離れしていた点と有川浩さんのライトノーベルなのか現代小説なのか純文学なのかよくわからない境界線上にある文体についていけず…
わかりやすければいいってもんじゃないんだよなー
この辺は好みなので、つまらなかったと言ってるわけではありません。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー