通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆☆当店よりの発送☆☆ 【日本国内正規品】 ◇カバー付属(すれキズ 薄やけあり)小口に薄やけ よごれあり◇ 本書内部確認致しましたが 書き込み 破れ 落丁確認できませんでしたが完全なチェックはできないため見落としがある可能性がございます 気になるお客様は当店での購入はお勧めはいたしません 通読に関しても問題ないコンディションです 念の為除菌及び簡易クリーニング後クリスタルパックで包んで暗所にて保管しております アマゾン専用在庫の為在庫確実にございます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books) 単行本 – 2010/4/23

5つ星のうち 4.2 185件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 1,580

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)
  • +
  • 好きなようにしてください―――たった一つの「仕事」の原則
  • +
  • 戦略読書日記 〈本質を抉りだす思考のセンス〉
総額: ¥7,344
ポイントの合計: 272pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

戦略の神髄は 思わず人に
話したくなるような 面白いストーリーにある。

大きな成功を収め、その成功を持続している企業は、戦略が流れと動きを持った「ストーリー」として組み立てられているという点で共通している。戦略とは、必要に迫られて、難しい顔をしながら仕方なくつらされるものではなく、誰かに話したくてたまらなくなるような、面白い「お話」をつくるということなのだ。本書では、多くの事例をもとに「ストーリー」という視点から、究極の競争優位をもたらす論理を解明していく。

内容(「BOOK」データベースより)

戦略の神髄は、思わず人に話したくなるような面白いストーリーにある。多くの事例をもとに「ストーリー」という視点から究極の競争優位をもたらす論理を解明。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 518ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2010/4/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492532706
  • ISBN-13: 978-4492532706
  • 発売日: 2010/4/23
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 185件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 809位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ワッフル 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/10/10
形式: 単行本
「ストーリーとして」という書名から、物語的手法(ナラティブ・アプローチ)を期待しました。ですが、この本の主張は、良い戦略とは他人に説明するときに面白いストーリーでなくてはならないという、ただそれだけのことでした。

そもそもストーリーの定義がはっきりしません。著者は、ストーリーは強く、太く、長くあるべしと言います。それぞれ、因果関係の蓋然性が大きい、要素間の結び付きの数が多い、拡張性があることのようです。最初の二つでは要素間の関係、最後の一つでは戦略全体です。また、ストーリーはその企業の戦略の変遷ともなります。物事を分析的、論理的に考える人には読みにくい本です。

ある程度この分野の本を読んだ人には退屈な戦略論の復習が冗長に続きます。ようやく167ページ目から本論に入りますが、 Michael Porter や Theodore Levitt の繰り返しに過ぎません。学生や新入社員向けの入門書を目指したのでしょうか。有名企業の成功譚の事後説明は話としては面白いと思います。ただし、地方都市のバス停で著者が話し掛けたコギャルたち(364ページ)を著者が評したように、学んだ知識を過剰に披露しているだけという印象は拭えません。

東京に住む著者から見れば、田舎の高校生が少ない情報で精一杯努力している姿は滑稽かもしれません。ですが、
...続きを読む ›
13 コメント 740人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
昨年7月に読んだ。先に読んだ方々からも、ブロガーからも好意的なレビューが多く、そのような評価で定着したのかと思っていた。しかし、最近になって、アマゾンに来てみて、この本のレビューの上位が低い評価で埋め尽くされているのを不思議に感じた。レビュー内容を読んでみて呆れた。いくつかを除いてはほとんど読むにも値しないような内容だからだ。同業者の嫉妬? よくわからないが。

少なくとも時間に限りのある実務者としては、この本の学術的な価値などには関心がないし、ポーターを原文で読めという主張に耳を貸す気もない(翻訳で十分)。舶来ものばかりをありがたがる風潮が日本の経営学をダメにしていることがよくわかった。

ところで、この本で紹介されている戦略ストーリーと同じようなことを自分でやろうとしてみるとなかなか難しい。そもそも最初から何がキラーパスになるかはわからない。実際にやっていく中で見えてくることも多いのではなかろうか。この本で紹介されている事例も楠木先生がこじつけた後付けのものもかなり含まれていそうな気がする。しかし、紹介されている事例やフレームワークが頭に入っていれば、自分の関与する事業がどんなストーリーにのっているのか考え直してみるよいヒントになると感じた。

特にリーダーの立場では、事業の目指すゴールをメンバーに対して“具体的に目に
...続きを読む ›
2 コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
優秀な日本人研究者による経営学の本である。
しかし、残念なことに筆者は「斬新な切り口」だと主張しているが、すでに米国では同じテーマについて10年以上前から研究が積み重ねられている(たとえば「語られる戦略:物語としての戦略談話」 Barry, D. and Elmes, M. 1997. Strategy Retold: Toward a Narrative View of Strategic Discourse, Academy of Management Review, 22(2): 429-452)。

筆者は日本を代表する研究者であることは誰も認める。それだけに、世界の研究者と互角に勝負できる独創的な視点や問題意識が欲しかった。そうでないと、経営学研究も「米国のモノマネ」と言われても反論できない。
1 コメント 225人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
いきなりですが、本書に関心をもたれた皆様に質問です。

皆様は企業の意思決定に関するこれらの問いにどう答えますか?

・デルはなぜ、一般的に付加価値が低いとされるPCの組立工程を、外注せず自社保有するのか
・スターバックスはなぜフランチャイズ方式より、高コスト、ハイリスクな直営店方式にこだわるのか
・アマゾンはなぜIT企業にも関わらず、実体のある巨大な物流倉庫に投資したのか。

これらの問いにはある共通点があります。
それはいずれも、一見「非合理的」に見える戦略を
企業があえて選択した理由は何か、尋ねていることです。

この点について、綿密なリサーチと明快な論理展開でもって
持論が展開されている点に、この本の最大の魅力があると思いました。

その筆者の持論をここでタネ明かししてしまうと、
(タネ明かししても本編は十分楽しめますのでご安心を)
組織の「非合理的」な戦略が競争優位の源泉になる…。というのです。

珍しいとは思いませんか?
「非合理」が強みとなる?
戦略とはすべからく「合理的」で「効率的」な物が良いのでは無いのか?

全くもって斬新な帰結です。<
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック