ストレンジフォーク がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品によってはわずかな汚れやキズがある場合がございます。(管理ラベルは簡単に取れます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,300
通常配送無料 詳細
発売元: Office Eternia
カートに入れる
¥ 3,300
3pt
通常配送無料 詳細
発売元: SHOP☆ALEXANDRIA ◆2,000円以上配送無料◆お急ぎ便・代引・コンビニ受取・他各種対応
カートに入れる
¥ 3,300
10pt
通常配送無料 詳細
発売元: Route 77 (365日毎日発送、代引、コンビニ受取、ATM払等も可)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ストレンジフォーク

5つ星のうち 4.4 11件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,300 通常配送無料 詳細
ポイント: 10pt  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、machan78♪が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の クーラ・シェイカー ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ストレンジフォーク
  • +
  • ピルグリムス・プログレス
  • +
  • リヴェンジ・オヴ・ザ・キング
総額: ¥7,014
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2007/6/27)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • 収録時間: 59 分
  • ASIN: B000Q6GVGA
  • JAN: 4547366029871
  • その他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 53,354位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. OUT ON THE HIGHWAY
  2. SECOND SIGHT
  3. DIE FOR LOVE
  4. GREAT DICTATOR (OF THE FREE WORLD)
  5. STRANGEFOLK
  6. SONG OF LOVE/NARAYANA
  7. SHADOWLANDS
  8. FOOL THAT I AM
  9. HURRICANE SEASON
  10. OL' JACK TAR
  11. 6FT DOWN BLUES
  12. DR KITT
  13. SUPER CB OPERATOR
  14. WANNABE FAMOUS
  15. PERSEPHONE

商品の説明

メディア掲載レビューほか

イケメン・ロッカー、クリスピアン・ミルズ率いるUKバンドのサード・アルバム。ポール・マッカートニー、プリテンダーズ他を手掛けた、チャド・ブレイクがプロデュースを担当。1960年代サイケデリックのポップ感溢れる「グレイト・ディクテイター」他を収録。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 こやすみちこ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/8/5
形式: CD
新生クーラによる第一弾(2007年作)。

再結成以前のクーラのアルバムが好きな方々にとっては、東洋趣味が薄れたことは残念な部分かもしれないが、あえてシンプルなバンドサウンドによるグルーヴに徹したことは、むしろ清いのでないだろうか。聴いていてこれまでよりも、随分シャープになったなあという印象を持ったし、彼らの持ち味は以前よりアップしているように思えた。それは東洋的なメロディに頼らないサイケ感覚というものだろうか。初期のピンクフロイドのようにスピード感のあるロックなんだけど、しっかりサイケデリックな音像を描いている部分がこのアルバムからも感じられた。やたらと再結成が騒がれる昨今、これだけ期待を裏切らない新鮮なサウンドを提示してくれた彼らは、かなり稀有な存在だと思う。次のアルバムがもしあるなら、さらに進化しそうな充実度を感じる。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
EPを聴かれた方の多くが気付かれたであろう、大きな特徴であった濃厚なインド色、東洋趣味的な要素、妖しさの欠如。このフルアルバムにおいても、それは同じ。感じさせるのはタイトル・トラック 5)から6)にかけてくらい。後期ビートルズ的なポップな曲や哀愁漂うフォークソングまである。1stをイメージすると違和感はあると思う。
しかし、1)から始まる前半はこのバンドらしいグルーヴに溢れ、ベースとなるスタンスは変わっていないのだと感じさせる。 7)からは暗くフォーキーな楽曲が占め、メロディーに比重が置かれている。
変わったと言えば変わったのだと思う。だが過去の成功にすがっての再結成ではないことは明白。積み重ねられた過去と、現在の音楽性とが共存する傑作。「クーラ・シェイカー」はまだここにいる。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
このCDはお気に入りです。かっこいい。
雰囲気はそのままに更に練られた感じがする。
内容がバラエティに富んでおり、
プロディジーの人との合作等もおもしろい。
アップテンポもミディアムテンポの曲も心地よい。
聞けば聞くほど気に入るようなCD。
特に8曲目が綺麗なメロディーでイイ!
ボーナストラックもいいのでおススメです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
とりあえず復活は素直に嬉しい。
まだ数回しか聴いていないけれど美メロ多め。
インド趣味は少なめ。
1stの「In to the deep」の曲調を深化させたイメージ。
↓の方もおっしゃっているようにジャケもかっこいい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マリウシュ トップ500レビュアー 投稿日 2012/2/16
形式: CD
当時久しぶりに出たフル・アルバムで内容は他の作品よりストレートでポップだが、単にヒット意識でのそれとは違っている。以降のアルバムにも当てはまるが、C.ミルズのポップセンスは彼の幼少期の芸能界やマスメディアの影響を強く感じさせるもので、彼らは私と同年代なのでわが国でいうと70年万博より前、まだアメリカンカジュアルなライフスタイルが浸透しだす手前の品位や、陰のある文化モード、当時の芸能人のアダっぽい宿命感などが色濃く出ている。私はマリアンヌ・フェイスフルやブライアン・ジョーンズなんかを連想してしまうのだ。しっとりとした線の細さと切ない陰。ミルズの華やかさが却ってそうさせる。アップテンポよりスローな曲、地味な曲に宿るそんなシックな繊細さが、昨今では得がたい存在だ。これより少し前に先行発売の「ガレージEP」からアレンジを施した後、収録されたモロZEP風(OH MY JESUS・・)の曲が面白い。別物だが両方いい。発表まで時間があったからかこのアルバムの曲調はバラエテイーに富むが、一貫して「自分節」、このバンドの音が存在してる。60年代の陰を纏いつつも現代のロックを鳴らす彼ら。地道だが孤高の存在として死ぬまで現役であり続けてほしいと思う。作品ごとに佳くなってきている。デヴュー当時から「ありそうでなかった」バンド。この作品以降、本当に彼らのストレンジ・フォーク、探訪の旅が始まった。その宣言とそれまでのポップメーカーとしての総括みたいな感覚さえあるアルバムだ。名曲がズラリ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 thegoodlife1977 VINE メンバー 投稿日 2007/9/9
形式: CD
Kula Shaker(クーラ・シェイカー)の3rdアルバム。

1999年に解散をしたが2006年に再結成を発表。
その後、2枚のEPを経てこのアルバムの発売へと到った。
前作から考えれば実に8年振りとなるアルバムである。

1995年のブリットポップのど真ん中に、絶頂期のOASISを扱き下ろしながら颯爽と登場したKula Shaker。
その1stアルバム「K」は内容も素晴らしくブリットポップ終焉後に消えて行ったバンド達と一線を画していたのは事実だった。
2ndアルバム「Peasants, Pigs & Astronauts」も悪くはなかったが、1stアルバムほどのキレは無く、多少評価が下がったのは否めなかった。
それが当時の解散の一因であった事も事実であろう(メディア批判もあったが)。

再結成という最後の切り札ともいうべき非常に難しい選択肢を選ぶ事にしたクーラ。
果たして全盛期のキレを取り戻せるのか?
正直アルバム発売前の2枚のEPは多少期待はずれだった為、不安の方が大きいままこのアルバムに向き合ったのは事実だ。

アルバムを一通り聴き終わった段階で気持ちの奥からこみ上げてくる様な感動はなかった。
それはどうしても「
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す