残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ストレッチ 少ないリソースで思わぬ成果を出す方法 がカートに入りました
& 配送料無料
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)【2021/01/23 14:38:16 出品商品】
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

ストレッチ 少ないリソースで思わぬ成果を出す方法 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2018/4/26

5つ星のうち3.7 16個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2018/4/26
¥1,980
¥1,899 ¥1
無料配送: 2月28日 - 3月1日 詳細を見る
最速の配達日: 2月 28日の日曜日, 4PM-6PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • ストレッチ 少ないリソースで思わぬ成果を出す方法
  • +
  • SIMPLE RULES 「仕事が速い人」はここまでシンプルに考える (単行本)
  • +
  • ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 (単行本)
総額: ¥5,500
ポイントの合計: 100pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

上昇志向の強い人が忘れがちな「今あるリソースを有効活用する」ということ

企業では経営資源が豊富であればあるほどうまく行く。また個人の場合もモノやお金をたくさん持っていて、能力に満ちあふれている方が幸せな人生を送れると信じられている。それに対して、企業も個人も今あるリソースを有効活用した方が物事がうまく行くし、創造力も発揮できると説くのが本書である。

前者を常に上を求めるということで「チェイシング」と呼び、後者を今ある経営資源や能力の有効活用を図るということで「ストレッチ」と呼ぶ。オリンピックの銀メダリストの満足度が銅メダリストより低いという逸話は説得力がある。

チェイシングを行う理由として「社会的比較」と「機能的固着」というキーワードを取り上げている。社会的比較は、常に上と較べるために満足することのない状況を表し、せっかく良い仕事に就いていてももっと良い仕事があるはずだ、あるいは今の家よりもっと広い家に住んでいる人がいるなどと考えてしまう。

また機能的固着とは自分の持っているもの、価値観に縛られてしまうことを表し、結果として柔軟な発想が欠如して創意工夫が生まれない状態を示す。著者によれば、企業も人を採用するとか設備に投資するといったリソース獲得の重要性を過大評価し、手持ちのリソースを活用する方法を過小評価する傾向があるという。これも頷けるところである。

別の言い方をすれば、リソースに溢れた企業や人ほど、さらにリソースを増やすことに熱心になり、創造することや工夫することを忘れてしまう。一方でリソースが少ないと、制約のある中で考えるため、新しい発想が生まれる。友人の建築家の「建築家がその才能を発揮するのは、東南の角地に面した長方形の一等地ではなく、傾斜地や日当たりが悪く形もいびつなときだ」という話を思い出した。

日頃お金やモノがたくさんないと安心できない人や上昇志向の強い人にほど一読を勧める。

評者:内田 和成

(週刊文春 2018年06月28日号掲載)

内容(「BOOK」データベースより)

いま最も必要な発想の転換とは?私たちはみな「すでにあるもの」だけでもっと成果を上げ、もっと強い組織を築き、もっと仕事を楽しみ、もっと大きな幸福を手にできる―「ストレッチ」とは、これを実現するための考え方であり、技能であり、ワークスタイルである。

登録情報

  • 出版社 : 海と月社 (2018/4/26)
  • 発売日 : 2018/4/26
  • 言語 : 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) : 288ページ
  • ISBN-10 : 4903212645
  • ISBN-13 : 978-4903212647
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.7 16個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
星5つ中の3.7
16 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年11月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年5月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2018年12月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年5月19日に日本でレビュー済み
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアー
2018年7月24日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年7月23日に日本でレビュー済み
2018年5月28日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 金や時間ではなく知恵を使うやり方
ユーザー名: ブログ 1億円分本を読む、日付: 2018年5月28日
98点 読了まで3時間

[読みやすさ 8/10] 翻訳物ですが読みやすいです。
[何度も読む 9/10] この手の本は実践が大事。手元に置いて何度も開きたい。
[読後感 9/10] 手元にあるリソースでどうにかしてやろうという気持ちになる。
[学び 10/10] もっと欲しがるより知恵を絞る面白さを知る。
[斬新さ 9/10] 制約を逆手に取るという斬新さ。

【Q1】どんな人にオススメ?
 うまくいかないのは時間や資金などのリソースが不足しているからだと諦めているあなた。リソース不足を知恵で乗り越える心躍る物語を知りたいあなた。

【Q2】この本の弱みは?
 8章の「見当違いは「ケガ」の元」は不要だったかも知れない。なんでも行き過ぎは悪徳だがせっかく盛り上がったストレッチへの気持ちがちょっと萎える。著者も言っていたが、この本を読んで実際にストレッチを実行するひとは少なく、ましてや行き過ぎてしまう人などもっと珍しいのだから、わざわざ釘を刺す必要があったのだろうか。

【Q3】この本の強みは?
 もちろん内容自体がとても意義深いのですが、読んだ人が実際にストレッチを実行できるよう9章の「ストレッチ12のトレーニング」を用意してくれている点。個人的には自己啓発本は読むだけでも判断や決断時に影響を与えるので読むだけでも十分価値があると思っているのですが、読者により強い影響を残そうとトレーニングを用意してくれた著者には感謝です。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年9月26日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告