Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 658
(税込)
ポイント : 7pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[長谷敏司]のストライクフォール (ガガガ文庫)
Kindle App Ad

ストライクフォール (ガガガ文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] ストライクフォール(ガガガ文庫)の2の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 658
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 660 ¥ 1
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ


% if ($isSeriesASIN) { まとめ買い % }

商品の説明

内容紹介

SF界の俊英、ガガガ文庫に電撃参戦!

近未来、人類は宇宙に進出し、惨禍のはてに戦争をやめた。
……いや、正確には、形を変えた。

代理戦争として発展した宇宙競技、ストライクフォール。
広大な宇宙をフィールドに、敵のリーダーを屠るべく戦うチーム闘技に人々は熱狂した。

万能の泥、チル・ウエポンによって作られたストライクシェルに身をつつみ、プレイヤーたちは宙を駆ける。
故郷のため、栄誉のため、家族のため、あるいは己が夢のために……。

鷹森雄星も、ストライクフォールに魅せられたひとりだ。
弟は、トップリーグでのプロデビューが決まった若き天才、鷹森英俊。

幼なじみの環のやさしさに見守られながらも、雄星は宇宙を目指すが――。

「知ってるか、兄貴。宇宙では、あらゆるものが落ちている最中なんだ。
――落ち続けるなら、オレはほしいものを手に入れる」

なら、翔ぶ。翔んで、宇宙に手を伸ばす。

これは、宇宙を「掴む」兄弟の物語。

SF界の俊英が放つ新たなライトSFエンタテイメント!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

内容(「BOOK」データベースより)

その時代、戦争は競技に成り代わった―。人型のシェルを身にまとい、広大な宇宙を駆けるチーム競技、ストライクフォール。鷹森雄星も、その熱狂に魅せられたひとりだ。弟は、トップリーグでのプロデビューが決まった若き天才、鷹森英俊。幼なじみの環に見守られながら、雄星は宇宙を目指すが―。「知ってるか、兄貴。宇宙では、あらゆるものが落ち続けてるんだ」だから、兄弟は空に手を伸ばした。欲しいものを、宇宙をその手に掴むために。SF界の俊英が放つ疾走スペースグラフィティ、待望の離陸!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 8489 KB
  • 出版社: 小学館 (2016/6/22)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01H3CSBUI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 30,648位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
チル・ウエポンと呼ばれる宇宙からもたらされた万能アイテムで技術革新を遂げた社会のもと、軍事技術の産物であるスポーツ・"ストライクフォール"で夢を叶えるため奮闘する兄弟の物語――こうやって一言で知ったようにまとめようとすると、正直、的を外している感が否めない。それだけ色々詰まっている良作なので是非手にとって欲しい。

作品のバックボーンはSFだから、そこには科学技術がそれはもうぎっしりだ。すべてフィクションなのだが、決して物理法則を手放したりしないので、空戦・宇宙戦の描画にしっかりとリアリティを感じられる(そして、きちん守るからこそ、その常識を逸脱したときの価値が高まる)

SF×宇宙を題材にすると、常識を説明しなくてはならないので、間違いなく小難しくなる。どうにも敬遠されがちな部分だが、この作品、説明はしつこくなく、かといって雑でもない。かなりバランスが良いと思う。

夢を追う少年をずっと中心に据えてるので、テーマというか、やりたいことははっきり伝わってくる。
兄弟の葛藤や人間関係の複雑さはあれどドロドロ腐っていないし、ダーティーな大人も出てこない(今のところ)
私の中で本格的なSFは、どうにもどよーんとしがち(偏見)なのだが、これは読んでいて終始清々しかった(衝撃的展開もあったが)
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 デバ 投稿日 2017/5/17
形式: Kindle版 Amazonで購入
楽しく読めた。分かりやすい展開で物語は進む。この調子で良い作品を出して欲しい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
個人的には、宇宙ものは映像では好きだけど、小説は難しい話が多くて挫折しがちな自分でも大丈夫だった。
このシリーズ、難しい話はチル・ウエポンという超技術でまとめてくれてわかりやすい。わかりやすいけど、宇宙っぽさはある。
気持ちよく読み終わるから最初は気づかなかったけど、話も2分冊にしてもよかったくらい濃い。
キャラ配置は「タッチ」なんだけど、自分は気にならなかったなあ。これ宇宙の話だし。
星5にしたのは、ロボもので、宇宙を猛スピードで飛び回って戦うこういうアクション初めて見たから。
いつかアニメ化してくれるか、無理だったらガ○ダムとかのメカ戦を一回このタイプに切り替えてくれないかなあ。
宇宙アクションもののラノベでは、いまのところこれが一番好き。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
ロボットのスポーツバトルを描いたもの。その何でもありな機能からどことなく思い出したのは、オーバーマン。
要素要素は面白くなりそうな気配がするけど、序章もいいところなんでまだおすすめはできないかなあ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover