通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 ケイズ・... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 pedykitty
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙、中身ともにおおむね良好です。書き込みライン引き等はございません。迅速に対応いたします。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします 万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 ケイズ・リポート (角川スニーカー文庫) 文庫 – 2012/2/29

5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ストライクウィッチーズ アフリカの魔女  ケイズ・リポート (角川スニーカー文庫)
  • +
  • ストライクウィッチーズ アフリカの魔女    ケイズ・リポート2 (角川スニーカー文庫)
  • +
  • ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 ケイズ・リポート3 (角川スニーカー文庫)
総額: ¥2,010
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

扶桑皇国の従軍記者・加東圭子は、一人のウィッチを取材するためアフリカを訪れる。そのウィッチこそ「アフリカの星」と呼ばれるスーパーエース、ハンナ・マルセイユだった――。大人気アニメに待望の外伝が登場!!

内容(「BOOK」データベースより)

灼熱の大地、アフリカ。正体不明の敵・ネウロイに対する人類の防衛拠点であり最前線のひとつ。扶桑皇国の従軍記者・加東圭子は、あるひとりのウィッチを取材するため、この地を訪れていた。そのウィッチこそ「アフリカの星」「黄の14」と呼ばれる稀代のスーパーエース、ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ。灼熱の大地を舞台に、今、新たな物語の幕が開く―。大人気アニメ『ストライクウィッチーズ』待望の外伝、堂々スタート。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 303ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012/2/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041002109
  • ISBN-13: 978-4041002100
  • 発売日: 2012/2/29
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 300,346位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
内容も最高だがそれよりも挿絵が面白かったです。挿絵のせいで内容のレベルまで下がっていると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
挿絵が...(2,3巻では描く人が変わって、挿絵もよくなってましたが)
(漫画版と絵を描いている人が同じです。)
...ラノベには合わない気がw
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 同人版は「アフリカの魔女 総集編」しか所有していないのでwiki情報などからの推定ですが、おそらくそうだと思われる「ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 ケイズ・リポート」です。

 あらすじとしては内容紹介の通り、あがりを迎えて引退し従軍記者となっていた加東 圭子がウィッチ取材でハンナ・ユスティーナ・マルセイユと出会うことから始まる物語で、序盤では彼女に触発されて、飛べるだけになった自分でもまだできることがある、と後方での教官として現役復帰を願い出た圭子が、あれよあれよと中隊指揮官、そして統合戦闘飛行隊「アフリカ」の隊長に祭り上げられる様子が語られています。
 そこから「アフリカ」としての初陣、部隊のマークを作る話、着任したハナGが持ち込んだ圭子の自著に端を発する圭子の昔語り等を経て、試作ユニットでの出撃を強いられて墜落事故を起こしたマルセイユを圭子が救い、二人の絆が深まるまでが語られました。

 全体を通しての特徴としては、

 幕間の三宅坂のやりとりを除いて、全て圭子の一人称で語られていること。
 501でのミーナ的ポジションの圭子の一人称故に、部隊運用に関するネタが多いこと。(上下他方との折衝・補給・食など)
 武装やストライカーユニットの運用に関するネタも多いこと。
<
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この小説の挿絵を描かれている野上武志氏の同人サークル「Firstspear」から発行されていた同人誌「アフリカの魔女」シリーズで、鈴木貴昭氏によって連載されていた小説が、加筆修正されて1冊にまとめられ、商業誌として発行されたのがこの本です。

「ストライクウィッチーズ」のアニメは1944〜1945年ですが、この小説は1941〜1942年。
扶桑海事変(1937)で活躍した加東圭子少尉(漫画ストライクウィッチーズ零 1937 扶桑海事変 (1) (角川コミックス・エース 338-1)
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
いろいろ研究して世界観を構築してるのはよくわかるだが、軸になる明確なストーリーが感じられず、結局何が言いたいのかよくわからない。  作者が自分の世界に入り過ぎていて、結局作者の知識や世界観設定の細かさを披露しているだけのような印象。  悪い意味でオタクっぽい作品といえる。   あと挿絵が下手なのもすごく気になった。   
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
1940年代の世界事情が丁寧に描き出されています。
単にストライクウィッチーズの世界観だけでなく、当時の状況を、ストライクウィッチーズの中でシミュレート出来ている点だけでも、読む価値のある本だと思います。
画像にしてしまうと、浮いた感のあるこのシリーズですが、文章と言う手法によって描き出されると、その浮いた感はどこ吹く風。
著者やそのスタッフの働きに脱帽です。
武装や機体などのミリタリー要素は言うに及ばず、資金や物資の調達運用方法、現有戦力での戦略や戦術、上層部と現場の確執、またそれを逆手に取った、現場から上層部への圧力のかけ方、戦場へ赴く者や、赴かせる現場指揮官の心情などが無理なく表現できているのではないでしょうか。
特に、ケイがLeicaを愛用し、Zeissと比較する件は、戦時中にも同じような見解があったようです。
実際にLeicaは、陸軍参謀本部でも正式に採用されていたカメラですので。
その様な背景を知る者にとってケイの描き方は共感出来、この巻の最後に近いシーンでは、ついつい涙腺が緩んでしまいました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー