新品の出品:2¥ 2,900より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ステディ・ローリン・マン

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 2,900より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (2005/9/16)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: Pヴァインレコード
  • 収録時間: 40 分
  • ASIN: B000ALJ0TG
  • JAN: 4995879236932
  • 他のエディション: CD  |  カセット
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 343,950位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Take A Walk With Me
  2. Steady Rollin’ Man
  3. Western Horizon
  4. Steady Groove
  5. Mean Red Spider
  6. Lockwood’s Boogie
  7. Rambling On My Mind
  8. Blues And Trouble
  9. Worst Old Feeling
  10. Kind-Hearted Woman
  11. Can’t Stand The Pain
  12. Tanya
  13. Worst Old Feeling (alternate take)
  14. Lockwood’s Boogie (alternate-take)

商品の説明

メディア掲載レビューほか

1972年録音の名盤。ロバート・ジョンスンの義理の息子である彼が、独自のモダン・ギター・サウンドで義父の偉業を表現する。ジ・エイシズのリズム隊は鉄壁で、ソロの応酬もスリリングだ。
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 tamai 投稿日 2002/10/30
形式: CD
シカゴ最高のリズムセクションであるThe Acesと、ブルーズギターマスターであるLockwoodの脂の乗りきった演奏が聴けます。
デルマークから出ていたものと内容は同じです。ロックウッドのグレッチと、フレッド・ビロウのドラムスが気持ちよく、ロバート・ジョンソンのナンバーなども入っていて、適度にディープで適度にジャージーな作品。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
11月21日で一周忌を迎える、ブルースの神様、ロックウッド。“生き神様”とよく言われたが、ほんとの神様になってしまいました。72年にデルマークに吹き込んだ本当の意味での「モダン・ブルース」。ブルースをあまり聴いたことがない人は、これを聴くとブルースのイメージが変わるのでは?豊穣な音楽です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
デルマークのこのアルバムは、長年の愛聴盤で、一家に一枚とお勧めするアルバムだ。もちろん、1974年にはこのアルバムのメンバーがそのまま来日し、ブルースのライブアルバム史上、ほとんど最高傑作と言える「ブルース・ライブ」が残されているので、入手可能ならばそちらも併せてお勧めしたい。
シカゴ・ブルースのバンドをやりたい人は、このアルバムとジミー・ロジャースの「シカゴ・バウンド」を教科書すると、間違いようがありません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告