ステキな金縛り スタンダード・エディション [DV... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 注)レンタル専用商品でディスクは1枚です。メーカーの承諾を得て販売している正規品です。★ケース交換、クリーニング済み。ジャケット、ディスクに若干のスレがありますが全体的に良好な状態です★レンタル用ラベルなど商品を傷つける恐れがある場合には剥がさずにそのままの形での郵送となります。(ディスクとケースのみの出品で特典等は付属していないのでご了承下さい)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.0 121件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 3,175より 中古品の出品:13¥ 1,048より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でステキな金縛りを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション [DVD]
総額: ¥7,424
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 深津絵里, 西田敏行, 阿部寛, 竹内結子, 浅野忠信
  • 監督: 三谷幸喜
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2012/05/25
  • 時間: 142 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 121件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0078YI11Q
  • JAN: 4988104071583
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 23,717位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

2011年実写日本映画ナンバー1の大ヒット作!!
三谷映画史上、“一番笑えて、泣ける”最高傑作がDVDで登場!!

★新収録・三谷監督、深津絵里、西田敏行によるオーディオコメンタリー!!

【スタッフ&キャスト】
脚本と監督 三谷幸喜
深津絵里 西田敏行 阿部寛 竹内結子 浅野忠信 草なぎ剛 ・ 中井貴一
市村正親 小日向文世 小林隆 KAN 木下隆行(TKO)山本亘 山本耕史
戸田恵子 浅野和之 生瀬勝久 梶原善 阿南健治 近藤芳正
佐藤浩市 深田恭子 篠原涼子 唐沢寿明

【商品仕様】
142分/片面2層/シネスコサイズ
<音声>1.ドルビーデジタル6.1chサラウンドEX 2.コメンタリー2chステレオ[ドルビーデジタル]
<字幕>日本語音声字幕
【映像特典】特報・予告編・TVスポット集
【音声特典】オーディコメンタリー

※ジャケットデザイン、仕様、特典等は予定です。変更になる場合がございますので、ご了承ください。
発売元:アミューズソフト 販売元:東宝
(C)2011 フジテレビ 東宝

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ザ・マジックアワー』の三谷幸喜監督がオールスターキャストで贈るハートウォーミングコメディ。失敗続きで後がない三流弁護士のエミは、資産家の妻殺しの容疑で捕まった男の弁護を担当することになり…。深津絵里、西田敏行ほかが共演。通常版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
喜劇って こうやってつくるものかもしれない。
幽霊が恐いものではなく フレンドリーな感じなのですね。
更級六兵衛/西田敏行は 小田原 北条の家臣だった。密告の罪で 斬首された。
悔しくて 幽霊のまま 魂が成仏できない。
旅館 しかばね荘の耳鳴りの間に 毎夜 あらわれるのだった。
妻/竹内結子 殺しの犯人は 妻が殺された時には 
しかばね荘にとまって、落ち武者に金縛りにあっていたと言う。
深津絵里は、弁護士として 妻殺しの夫を弁護するのに
金縛りをした落ち武者に 証人になってもらうことで
今までにない 裁判ゲームが 繰り広げられるのである。
深津絵里は 普通の人には見えない幽霊がきちんと見えるのである。
検事として 中井貴一は 幽霊が 証人に立つのは言語道断と言っていた。
幽霊 西田敏行を見ることができるのは
精神的に落ち込み,死の恐怖に怯え,シナモンが好き
という 3つの条件があれば,幽霊を見ることができる。
検事の中井貴一は 実は 幽霊を見ることができたのだ。
幽霊の証言が 裁判で採用されるのか。が争点であるが、
実際は 被疑者としての夫のアリバイを実証することではなく
犯人を捜すことが 重要だというこ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
個人的には前作の「マジックアワー」のほうが好きだが、本作も
幽霊が法廷で証言する、というシチュエーションだけで既に面白い
快作だった。

俳優陣の集まり方もどこかウディ・アレン作品に似ている。
今回もタケウチと深津絵里の初共演とか、中井貴一と浅野忠信の絡みなど
「おっ」という顔合わせ実現で楽しませてくれるし、前作で見事に「壊れた」(笑)
佐藤浩市が何と同じ役柄で登場するなど、笑わせどころも満載。
西田敏行の落ち武者など、本人もノリノリで演じているだけあり、相当バカバカしい
(誉めてます)。
これぞエンターテインメント作品だといえるのではないか。

寅さんなきあと、腹から笑えて、かつ人情に厚い作品は本当に少なくなった。
VFXや3Dでブッとぶ作品や、テーマ性に浸る映画もいいが、夏休みや正月くらいは
家族で観にいける作品が必要だ。
これからも良質な三谷組の喜劇作品を期待したいものである。

特典映像は2枚のディスクに収められているが、2枚ともDVDである。
「SP」ではあれだけ豪勢なブルーレイ特典を世に出して来たフジテレビ/東宝が
今回はどうしたことか。フジテレビ特番などのメイキングとインタビュー、
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
最後、草なぎ剛が出てくるくだりは蛇足かなと思うけど、そこ以外は最高に面白かった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
心を動かされるとか何度も見たいとかではないが、とても巧みな脚本だった。

おそらく着想は、死者を証人として裁判に呼んでくるコメディというところなのだと思う。
そこに主人公の新人女性弁護士の成長物語と父親との再会を絡めて感動も作る、そのように構成されている。
他に部屋の名前とか落ち武者とかマトリックスみたいな演出とかいろいろ小ネタを挟んでいる。

特に上手いなと思ったのは、検察官も実は霊が見えているというところ。
これによって主人公と検察官が共犯関係のようになって、心理的な駆け引きのおもしろさを引き出している。

あとラストの、裁判が終わって父親と再会するところ。ここで笛での会話が演出としてとても効いている。
裁判の証言の方法として使われた笛が、あとでこういう風に使われるのは考えてもみなかった。
ドタバタから一転して感動にもっていくあたり、上手いなあと思った。

クスッと笑えて、見終わった後少し心も温かくなる。
軽いテイストのフッと心が軽くなるような映画を見たいという時には、いいんじゃないかと思う。

*ユーザー名で批評ブログも書いているのでよかったら見てください!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す