通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ステキな旦那さん―お隣の旦那さん〈7〉 (セシル文... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ステキな旦那さん―お隣の旦那さん〈7〉 (セシル文庫) 文庫 – 2009/5/20

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ステキな旦那さん―お隣の旦那さん〈7〉 (セシル文庫)
  • +
  • 夢みる旦那さん―お隣の旦那さん6 (セシル文庫 く 1-8)
  • +
  • お隣の旦那さん (セシル文庫)
総額: ¥1,819
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

子育てもひき区切りつき、今度は自分を成長させようと絵本作家を目指し始めた功一は、絵本コンテストに応募し、結果の発表を今か今かとドキドキして待っていた。思いがけずよい結果をもらって大勢の人々に祝福され、幸せいっぱいの日々を送っていたが、衝撃の電話があり…!?他に園児たちのワクワク料理教室やいも掘り遠足のシーンを描いた『みーくんの幼稚園日記』を収録。


登録情報

  • 文庫: 271ページ
  • 出版社: コスミック出版 (2009/5/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 477472260X
  • ISBN-13: 978-4774722603
  • 発売日: 2009/5/20
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 671,201位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
デビュー作を出版してくれた会社が諸事情で幼児向けレーベルを畳むことになり、2作目を書いたのに先が見えなくなって功一くんは落ち込んでしまいます。それをさすが人生経験は功一より豊富なだけあって、明彦さんが優しく包んでくれます。
「虚栄心なんか捨てて、裸の心と向き合えば、真実が見えてくる。俺がどんなに弱音を吐いても明彦さんは見捨てはしない。」(本文より)

まあ、2冊目も出版されることにはなります。
2作目が出版できないかもという事件はありましたが、みーくんの誕生会やったり、明彦さんの36歳の誕生会、クリスマスパーティーと楽しいイベントのほうが多いです。
なのでBLというよりホームドラマ、落ち着いた家族愛みたいな感じに仕上がっているように思いました。
その部分を物足りないと感じるかは個人差があるんですが、穏やかな着実な時間があったからこのあとの大波乱を乗り越えられるんだなと。
そういうこともあって☆は3かな、とも思ったのですが、功一くんがかいた『神さまのなみだ』というお話は☆5なので真ん中をとって☆4にさせていただきました。

「みーくんの幼稚園日記4」お隣のケースケくんはみーくんにとんでもないこと(シモのお話)を教えていることが発覚します。平井さんにも功一くんにも大目玉だったのは当然です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告