この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

ステイション・トゥ・ステイション(紙ジャケット仕様) Limited Edition

5つ星のうち 4.6 50件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:6¥ 25,820より 中古品の出品:3¥ 8,752より

Prime Musicを聴いてAmazonギフト券が当たる
Prime Musicを聴いた方の中から抽選で2,000名様にAmazonギフト券5,000円をプレゼント。4/12(水)23:59まで。詳しくはこちらから

Amazon の デビッド・ボウイ ストア


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • CD (2007/2/7)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 38 分
  • ASIN: B000LZ52XY
  • JAN: 4988006850583
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 50件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 193,655位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
10:17
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
4:03
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
6:04
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
5:35
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
6:16
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
6:06
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

内容紹介

Japanese Limited Edition Issue of the Album Classic in a Deluxe, Miniaturized LP Sleeve Replica of the Original Vinyl Album Artwork.

メディア掲載レビューほか

`変貌しつづけるアーティスト、ボウイが、今回はヤク中貴族“シン・ホワイト・デューク”のペルソナを演じ、ディスコ/ファンクなシンセ・サウンドを聞かせる1976年発表のアルバム。当時を代表する「ステイション・トゥ・ステイション」「ゴールデン・イヤーズ」他を収録。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
デヴィッド・ボウイの傑作アルバムの再発盤。こちらは3CD版。

本編ディスクでは、あまりにも素晴らしいこのアルバムを最高級の音質で楽しめる。
今回のCDは所謂「デジタル・リマスター」ではなく、当時のアナログマスターテープから直接デジタル制作されたらしく、アナログテープらしい豊かな中低音が魅力だと思う。
1999年リマスターでの異様にデジタルっぽい硬い音質とは別物の、素晴らしい音質である。

そして、今回ボーナスディスクとして蔵出しされた2枚組ライブアルバムは、これだけでもある程度の売り上げが見込めるほどの充実した内容である。

この1976年3月23日のナッソー・コロシアム公演は当時FM放送されたこともあり、相当数のブートレグを生んだが、今回の公式盤はそれらのブートレグすべてをゴミ箱行きにするほどの圧倒的な音質である。
また、ブートレグでは未収録だった「Life On Mars?」「Five Years」のメドレーが初公開されたのも歴史的大事件といえる(逆に「Panic In Detroit」での豪快な編集は大きな欠点だ)。

ボウイのカタログの中でも特に素晴らしいアルバムを最高級の音質かつ、大充実のライブアルバムとともに楽しめるのはまさに「生きてて良かった!」と思えるくら
...続きを読む ›
1 コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
真のファン以外は全く相手にしてない徹底したコレクターズ仕様。
この価格はむしろ安いとすら感じる。

ベルリン前夜、76年のボウイを絶頂と捉えるファンは多い。しかしその遺された音は少ない。
写真や映像は推して知るべし。

今回のBOXでも動く76年のボウイを拝む事は叶わなかったがこれだけの写真や貴重過ぎるレプリカの数々は長年のボウイファンの枯渇を癒すには充分過ぎる仕事ぶりだ。

このデラックスバージョンの国内盤のリリースはない。この完璧なBOXに何も足すものはない。手を出すなと言わんばかりの日本人には絶対に真似の出来ないある意味狂気の充満するリイシュー決定打。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ボウイの名盤群はコンセプトやエキセントリックさが
突き抜けていますが、これは違う。

そういった「仕掛け」なしにシンプルにいい曲、いい演奏、
いい声なのです。

超一級のソングライター、ヴォーカリスト、サウンドクリ
エイターであるボウイを堪能できる作品。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
今までボウイはライブ盤よりスタジオ盤の方が全然良いと思っていた。
そんな私の価値観をひっくり返したのがこの3枚組のディスク2&3だ。

ジギー期、「LIVE」、「STAGE」…どのオフィシャルLIVE盤よりも
完成度の高いテイクが詰まっている。

ボウイのライブ盤はなぁ…と過去の私のように考えている人にこそ、あえてお勧めしたい名盤。
ステステ本編が素晴らしいのは言うまでもありません。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
デヴィッド・ボウイといえば『ジギー・スターダスト』や“ベルリン三部作”が最も有名ですが、今回再発される『ステーション・トゥ・ステーション』もそれらの作品に負けず劣らずの名作です。

74年辺りからブラック・ミュージックに傾倒するようになったボウイは、75年にフィラデルフィアで録音した『ヤング・アメリカンズ』をリリースします。この作品はフィラデルフィア・ソウルから強い影響を受けたもので、ボウイはアメリカのブラック・ミュージック専門番組『ソウル・トレイン』に初めて出演した白人となりました。

そして続く『ステーション・トゥ・ステーション』ではブラック・ミュージックとヨーロッパ的要素の融合が試みられており、具体的に言うとソウル・ミュージックとシンセサイザー、そしてクラフトワークやノイ!といったジャーマン。ミュージックの融合です。このドイツ的なサウンドをさらに押し進めたのが次作から3作続けてベルリンで録音された“ベルリン三部作”なのです。

この時期ボウイはコカインなどの重度の薬物中毒に悩まされていたのですが、作品を聴くかぎり焦点がぶれるということもなく素晴らしいないようになっています。アルバムは10分を越える『Station to Station』で幕を開けます。前半はシンセサイザーによる無機質なサウンドで、後半はメロディアスで
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー