スティーヴン・セガール 斬撃 -ZANGEKI-... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 900
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: アンテリア
カートに入れる
¥ 986
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: WEST online
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

スティーヴン・セガール 斬撃 -ZANGEKI- [DVD]

5つ星のうち 2.2 26件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 900 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,090 (77%)
ポイント: 63pt  (7%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、マルイ本店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

この商品には新しいモデルがあります:

斬撃-ZANGEKI- [DVD]
¥ 1,149
(7)
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • スティーヴン・セガール  斬撃 -ZANGEKI- [DVD]
  • +
  • 弾突 DANTOTSU [DVD]
総額: ¥1,742
ポイントの合計: 63pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: リンデン・アシュビー, スティーヴン・セガール
  • 監督: リチャード・クルード
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2010/03/03
  • 時間: 94 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.2 26件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002ZUSAUU
  • JAN: 4547462065629
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 126,045位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

セガールVS.ゾンビ 夢の対決! 「このオヤジ、ゾンビ斬る。」

【ストーリー】街に謎のウイルスが蔓延。
人々は生きた人肉を食べ生き血を吸うゾンビと化してしまう。
タオ(スティーヴン・セガール)率いるゾンビハンターは病院内に取り残された6名の生存者を
救出するため、ゾンビで溢れ還る院内へ突入。
政府の爆破タイムリミットが目前に迫る中、果たして彼らは生存者を救出できるのか?

【映像特典】
★撮影秘話:影との戦い
★予告編集

【Copyright】
【Copyright】(C) 2008 WORLDWIDE SPE ACQUISITIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

※ジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

人気アクションスター、スティーヴン・セガールがゾンビ集団と戦う男に扮したサバイバルアクション。謎のウィルスによって街の人々がゾンビ化。政府が街一帯の空爆を図る中、元特殊部隊のタオ率いるゾンビハンターが生存者の救出に立ち上がる。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

セガールとゾンビという魅力的な広告に釣られて観ましたが何ですかこれは。
内容のレビューは他の方がされているので割愛しますが、映画としては全体の映像が暗すぎます。とにかく全体真っ暗、ストーリーもお先真っ暗、なんとアクションシーンまでも真っ暗ですよ。
昔、どっかの映画監督が「暗くすればホラーと思ってるバカがいる。ホラーは光源が命だ。」と仰っていましたがまさにそれですね。光源がおかしいんです。光源が左右と後ろからしかないんですね。だから顔が見えずらく、アクションシーンも動体が真っ黒。CGの映像美も光源の進化と言われてますもんね。なるほどです。映画としては残念な内容ですが、観る側として勉強になった一本でした。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
いつものセガール映画。セガールの映画なんてこんなものです。よって、評価は普通。ゾンビのクオリティもセガール映画には求めてないのでダイジョブ。
わざわざ買うような作品でないことだけは確かだなぁ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
映画館で見てきた感想です。
われらのセガールの登場場面は少ない!
剣を使うのはいいけど、登場場面が少ないから見せ場に欠ける!
セリフも少ないので、あの皮肉めいたいつものセリフを拝めない!

残念ながら・・・・★1です
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
セガールということで観てみました。
まず、設定が統一されていない感じです。
ゾンビのように知能は低いと思わせながら後半なぜか言葉を話すゾンビ(吸血鬼?)が登場し、
ゾンビのように肉を食らっている奴がいるかと思えば、傷口から感染させるためだけに襲うとか。
一般市民?もなぜかゾンビのいる病院で生活してたり、外から薬を求めて病院に入りながら意味不明のシャッターから脱出しないといけないとか。
ハンターとやらも無線機が一つしかないので壊れたら本部と連絡が取れないとか。
ハンター4人組中2人は言葉も発せず何もしないまま死んでくとか。
意味もなく一人で殲滅するとか、妙なタイミングで一般人が通路の確認を名乗り出て襲われて死ぬとか。
とにかくこれは観てはいけない映画の一つだと思いました。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
セガールvsゾンビということで、すごく派手なアクションを期待していただけに、映画を見て落胆しました。
他のレビューでもある通り、前半はほとんどセガールが出ませんし、派手なシーンも少ないです。
分けわからん集団が逃げるだけの微妙な逃走劇です。これなら沈黙シリーズ見たほうがマシ。
ゾンビ映画としては最低レベルで、いろいろ中途半端。なぜこうなったとか解説も何もない。
本当、ただ逃げ惑うだけの映画。退屈なシーンもある。人によっては時間返せと言っちゃうレベルかも。
興味あって見る際は購入より、借りて見た方がいいと思います。購入はお勧めできないです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「バイオハザード」+セガールという組み合わせ。
物語はウイルス蔓延→人間ゾンビ化→文明崩壊→生存者脱出という使い古されたパターン。

だから目新しさなんてセガールがゾンビを刀で斬って倒すことくらいです。
銃はなぜか使用が少ない。銃社会の米国のはずなのに。

このゾンビ映画(ウイルスもの)って夜間が舞台が多くて、暗闇の中で何が起きているのか理解し難いのですよ。
どの映画でも大体、似た展開で同じ問題を抱えています。

セガール最後はどうなったんですか?EDがアッサリし過ぎでしょ。
それに作中でもやたらと生存者たちと別行動取って、それで死ななくていい人が死ぬハメになってる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
セガール度(傍若無人、無敵、合気、おっぱい、相棒は簡単に死ぬ、他):★☆☆☆☆(1点)
傍若無人 → 相手がゾンビなので違和感なし
無敵 → いつもどおり、無傷
合気道 → たぶんなし
おっぱい → 色っぽいパツキンさんの薄乳谷間が終始拝めるけど、ものたりない
相棒は簡単に死ぬ → 部下は簡単に死ぬ

大味ストーリーあらすじ
ゾンビがあふれた街(ビル)に、生存者を救うためにゾンビハンターとしてセガールが立ち向かう
脱出者チームを主体とし、セガールたちが別のチームとして描かれている点がセガール映画として違和感大きい
全体を通して爽快感はまったくなく、アクション映画としては駄作以下、セガール映画としても酷いレベルだ

DVDをamazonで購入などもちろんせず、2015年2月23日のテレ東「午後のロードショー」を筋トレしながら観ての感想。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す