通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
スティーブ・ジョブズ II がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

スティーブ・ジョブズ II ハードカバー – 2011/11/2

5つ星のうち 4.5 111件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • スティーブ・ジョブズ II
  • +
  • スティーブ・ジョブズ I
  • +
  • スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン
総額: ¥6,048
ポイントの合計: 183pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

取材嫌いで有名なスティーブ・ジョブズが唯一全面協力した、本人公認の決定版評伝。全世界同時発売!

未来を創った、今世紀を代表する経営者スティーブ・ジョブズのすべてを描き切った文字どおり、最初で最後の一冊!!

本書を読まずして、アップルもITも経営も、そして、未来も語ることはできない。

アップル創設の経緯から、iPhone iPadの誕生秘話、そして引退まで、スティーブ・ジョブズ自身がすべてを明らかに。本人が取材に全面協力したからこそ書けた、唯一無二の記録。

伝説のプレゼンテーションから、経営の極意まで、ジョブズの思考がたっぷり詰まった内容。ビジネス書、経営書としても他の類書を圧倒する内容。

約3年にわたり、のべ数十時間にもおよぶ徹底した本人や家族へのインタビュー。未公開の家族写真なども世界初公開。

ライバルだったビル・ゲイツをはじめ、アル・ゴア、ルパート・マードック、スティーブ・ウォズニアック、そして後継者のティム・クック……世界的に著名なジョブズの関係者百数十名へのインタビュー、コメントも豊富に。まさに超豪華な評伝。

内容(「BOOK」データベースより)

ジョブズのiPodの中身は?デザインスタジオで「3年先の未来を見る」、「宇宙に衝撃を与える」製品の開発秘話、禅、京都、イッセイミヤケを愛する日本通、はじめて明かされた家族との私生活、何度も命を落としかけた壮絶な闘病、終生のライバル、ビル・ゲイツとの最後の対面、政治改革から新社屋まで、亡くなる直前まで情熱を注ぎ続けていたもの、最後のカリスマ、ジョブズのすべてが明らかに。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 431ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/11/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062171279
  • ISBN-13: 978-4062171274
  • 発売日: 2011/11/2
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.7 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 111件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 43,074位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー Amazonで購入
I も II も面白かった。
過去1年間でもっとも面白かった本である。
自宅に関係者を招き、とことん話し合う姿勢。
あるいは相手と散歩をしながらアイデアを出し合う。
ここに描かれた経営者の姿は、日本の経営者(と称される人たち)とは全く違う。
新しいアイデアや戦略はオフィスや会議で生まれるものではない。
そのことを実感した。
ロンドンで見かけた英国版はもっと廉価で、逆に、より多くの写真が挿入されていた。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2011/11/3
形式: ハードカバー
「(この本にはジョブスが気に入らないこともたくさん書かれると確認して)それは良かった。それなら社内で作った社長礼賛本みたいになる心配はないな。かっかするのは嫌だから、当分、読むのはやめておくよ。読むのは1年後くらいかな―そのころ生きていたらね」。

ジョブス本人からの依頼をきっかけに書かれた伝記のII巻。ジョブスはその理由として、あまり父親らしいことをしてやれなかった子どもたちに自分のやってきたことを知って欲しいと思ったということと、死後いろいろな人が間違った内容の本を次々出すだろうからちゃんとしたものを遺したかったということを挙げていたそうだ。

この巻には、アップルへの復帰、ピクサーの成功とディズニーへの売却、そしてiMAC, iPod, iTunesストア, iPhone, アップルストア、iPod, iCloudといったイノベーションを次々と生み出した様子とその舞台裏を明らかにしている。がんとの闘いについてもページを割いている。Googleとの確執といったこともとりあげている。それから、巻頭には家族や本人の写真が収められているが、これは著者が今年の8月にジョブスに呼ばれた際に選んだものだ。

このII巻で扱っている範囲は比較的時代が新しく、アップルの絶頂期に重なる。よって、元々ジョブスやアップルに関心のある人にとっ
...続きを読む ›
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
読むのに8時間かかったと思う。

一年近く積読していたが読んで良かった。

最期にジョブズからの贈り物があることに、筆者に感謝したい。最後の締めも素晴らしい。

誰もがジョブズにはなれないとこの本を読んで思った。

しかし、憧れるのは罪ではないと思う。

ジョブズは交差点に立ち続けた人だ。

しかし、ビジネス本やキャリア本で語っている人、経営者達は果たして交差点に立っているのだろうか。

彼らを目指しては時代の進みは遅れるばかり。

高学歴の政治家、官僚、メディアに経営者からわかる。ジョブズになる必要は無いが、学ぶべきところは沢山ある。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
Ⅰはジョブズの気難しい性格、人間性、確執、宗教観等、ゆっくりとして重い内容だったが、
Ⅱになると8日後に倒産するappleにジョブズが復帰し、appleの何が間違えていたのか、
appleは何を失ったのか、appleは今何ができるのか、全て把握し、改革・再築を烈火の如く行い
、芸術の様な製品を次々と生み出した様に本の内容もⅠとは雰囲気がガラッと変わり、加速度的に進んでいく。
Ⅱはもう一度読み直したいと思うくらい面白かった。Ⅱだけ読むのも全然ありですよ。
 
驚くのはⅡには「SONY」と言う言葉が沢山出てくる。
ジョブズが1000曲もの音楽を持ち歩けるiPodを思いついた時に、
SONYはappleになり得るチャンスが少なくともappleより先に3回も有ったのには驚いた。
  
・最初、音楽を圧縮する技術を売り込まれていたのにもかかわらず採用せず門前払い。
 その売り込みをした人はやる事が無くジョブズに急遽呼ばれるまで燻っていた。
・小さい物を作るのが得意だったSONYのはずなのに目に留めなかった。
 なんと日本の東芝が1円玉の大きさに5ギガバイト(1000曲保存)もできる世界最小のHDDを開発したのに、
 使い道が無く(売り込む相手が無く)困っ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
著者ウォルター・アイザックソン、井口耕二翻訳の
「スティーブ・ジョブズ II」を読んだ。

なかなか読む時間がない中で読み進められなかった分厚い本だったが、
特にこの下巻の内容は上巻にちりばめられた
「破天荒」「ひどい奴」「変人」と全然好きになれない人間性のジョブズが、
どうしてそうしたのか、なぜ自伝を書いてもらったのか、
突き詰めると深い意味と考えがそこにあるのか知ることができて感動した。
誰しも誰かに傷つけられることはある。
それはなぜか、どうしてそうしたのか、真意・意図を深く考えるのには
ジョブズの考え方が今後一役買うと思う。

私はただのサラリーマンであり、
ジョブズのような経営ができるわけでも
世間が驚くようなイノベーションができるわけでもないので
同じ境地に達することはないと思うが、
本書でそのような人たちがどのように考えて会社を動かし、
イノベーションを起こそうとして言葉・態度に出すのか、
少なからずその思考回路が理解できたような気がして嬉しい。

でもできれば、少しでも近づけるよう、
自分の人間性を変えないレベルで意見を言ったり、
求められればビジョ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック