中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

スティーブ・ジョブズ I ハードカバー – 2011/10/25

5つ星のうち 4.2 183件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,538 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

冒頭部分「はじめに」と「目次」のの中身画像を公開。
※リンクをクリックすると中身画像を表示


「はじめに(1/4)」

画像を拡大する

はじめに

「はじめに(1/4)」を見る


「はじめに(2/4)」を見る


「はじめに(3/4)」を見る


「はじめに(4/4)」を見る


「目次(1/4)」


画像を拡大する

目次

「目次(1/4)」を見る


「目次(2/4)」を見る


「目次(3/4)」を見る


「目次(4/4)」を見る


「下巻の目次」を見る


内容紹介

取材嫌いで有名なスティーブ・ジョブズが唯一全面協力した、本人公認の決定版評伝。全世界同時発売!

未来を創った、今世紀を代表する経営者スティーブ・ジョブズのすべてを描き切った文字どおり、最初で最後の一冊!!

本書を読まずして、アップルもITも経営も、そして、未来も語ることはできない。

アップル創設の経緯から、iPhone iPadの誕生秘話、そして引退まで、スティーブ・ジョブズ自身がすべてを明らかに。本人が取材に全面協力したからこそ書けた、唯一無二の記録。

伝説のプレゼンテーションから、経営の極意まで、ジョブズの思考がたっぷり詰まった内容。ビジネス書、経営書としても他の類書を圧倒する内容。

約3年にわたり、のべ数十時間にもおよぶ徹底した本人や家族へのインタビュー。未公開の家族写真なども世界初公開。

ライバルだったビル・ゲイツをはじめ、アル・ゴア、ルパート・マードック、スティーブ・ウォズニアック、そして後継者のティム・クック…世界的に著名なジョブズの関係者百数十名へのインタビュー、コメントも豊富に。まさに超豪華な評伝。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 448ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/10/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062171260
  • ISBN-13: 978-4062171267
  • 発売日: 2011/10/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 14.2 x 3.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 183件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,009位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
養子としてジョブズを育てた父親
アップル創業のパートナーであったウォズニアッキ
IT界の雄、ビル・ゲイツ
数多くの恋人の存在
そして会社で良くも悪くもジョブズと出会ってしまった人達
極端に情緒的な面があるジョブズにとって
これらの出会いは必ずしも素晴らしい出会い・別れでは
なかったわけではあるが、どれも少なからず
ジョブズの生涯に影響を与えているのではないかと感じた。

ジョブズ没後、アップルがイマイチ革新的な製品を
送り出せていないのは、間違いなくジョブズほど
細部までこだわる人間がいないからだと感じた。
神は細部に宿る、それを体現していたのが
まさしくスティーブ・ジョブズなんだと。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
ジョブズの破天荒な生涯が書いてます。
アップルを創業し、成功させただけでもすごいことだと思いますが、
一度、追放され苦しみの中でもピクサーを成功に導き、上場させるのにはしびれました。

日本版のカバーだけ?
オレンジが入っているのが苦手です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 “実力13級”天野ファンタ トップ1000レビュアー 投稿日 2014/2/21
形式: Kindle版 Amazonで購入
Apple製品が好きなので読んでみました。

ジョブズの奇人変人ぶりにクスっときますが、同時に素晴らしさも伝わってきます。

なんどか繰り返し読んでいますが、ボリュームも十分なので楽しいですよ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
原文と訳文とを比較すると、訳しづらい箇所が往々にして省略し「丸めた訳」にしてある。
このレベルでは意訳とかムード訳とも言える程度ではないか。

日本語版は高価だけど、訳者の日本語運用力を信頼して購入しているのに、このレベルとは。
「3ヶ月で急いで訳しました」は言い訳にはならないでしょう。

出版社も、「技術内容が書いてある本だから技術翻訳をやっている訳者を」という視線のみで翻訳者を選択しないで頂きたい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
天(時代)が生んだ、哀しき孤高の天才。

独裁者・異端児・伝道師・反逆者・一刻者・情熱家・完璧主義・秘密主義・激情家・気分屋・演出家・山師・芸術家・夢想家・救世主・メンタリスト等、多彩な面を持っている。

ただ、一言で形容するなら、「偉大なる革命家」といったところか。

人としては、性格・言動に難点(問題)があるが、これも立派な個性ともいえる。

彼と同じ立場(アイデンティティ障害)に於かれた場合、ああする以外に、他にどんな選択肢がありえたのか、犯罪者か?。

そうならなかったのは、養親・友人・教師等、人格形成期における環境の影響は大きい。

プラスのエネルギー(ユーザーからの賞賛)よりも、マイナスのエネルギー(彼により、プライドを傷つけられた者からの)の方が、大きかったのが、早世の要因か。

非・アップルユーザーだが、彼の業績に敬意を表し、御霊に幸多からんことを祈る。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ruby 投稿日 2015/3/5
形式: ハードカバー Amazonで購入
彼の生涯は、フィクションではやりすぎになるほどドラマチックだ。事実は小説よりも奇なり。彼は極端なまでに、美しさにこだわっていた。それは、マシンの外観のみでなく、基本ソフト(Mac)の見た目(UI)。さらに使いやすさなど、機能面にまで至る。この本を読み、私はますますアップル製品の素晴らしさ、拘りを感じるようになった。ちなみに「ビルゲイツ」と言う本に書いてあったことだが、初期のwindowsは、Macの特許の問題で、プログラムを迂回して書いていたらしい。スティーブジョブズを読んだら、ビルゲイツ側からの視点から書かれた本を読むのも面白いと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
内容については、多くのレビュアーが指摘するように実に面白い。ジョブズ自身の人生の破天荒ぶり自体が興味深いのは当然だが、多くの人のインタビューを通じて、彼の人生を丹念にそして包括的に描き出した著者の力量、そして原作に忠実でありつつ、日本の読者には縁の薄い米国の事情をかみ砕いて説明した翻訳者の力量は見事としか言いようがない。内容だけなら文句なく☆5つである。

しかし、あえて☆1つにしたのは、すべて販売元の講談社のやりように納得がいかないからである。私はこの本が好きなので、語学の勉強も兼ねて日本語版の他、英語の原書と中国語版(台湾)を読んでみた。日本では上下巻の分冊で、発売当初合計約4000円だったが、米国では全1冊のハードカバー版でも2000円以下、台湾では約1500円だった(台湾における中国語版の発売日は、日本版よりも早かった)。

ちなみに、台湾で発売された中国語版だが、内容は日本版以上に原書に忠実である。外国人の自分にとっても読みやすい良書であった。日本と台湾では所得水準が異なるとはいえ、同じ翻訳という労苦があることを考えると、この価格差は異様としか言いようがない。加えて、日本では発売から約1年後にペーパーバック版が上下合計2000円で発売されたが、本来最も廉価なはずのKindle版にはハードカバー版とほぼ同じ値段がついている。日本語とい
...続きを読む ›
5 コメント 361人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー