¥ 1,944
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン 単行本(ソフトカバー) – 2010/7/15

5つ星のうち 4.4 179件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン
  • +
  • TEDトーク 世界最高のプレゼン術
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

商品説明

 日本で多くの方が『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則』を買ってくださっているというお話を聞き、たいへんうれしく思っています。本書で取りあげたアイデアを多くの人が学んでくださる-コミュニケーションコーチとして、これ以上の喜びはありません。

 私はコミュニケーションコーチですから、すばらしいスピーチをされる企業人がどのようなテクニックを使っているのか、常に注意しながら見ています。会社や製品を背後で支えるストーリーを上手に伝えるヒント、ほかの方々に役立つヒントはないかと探しているのです。スティーブ・ジョブズについては、2冊の本を書きました。ジョブズほどのプレゼンターは世界中を探してもそうそういないと思うからです。具体的な例を紹介しましょう。

 つい先日のことですが、10月20日の水曜日、スティーブ・ジョブズは、“Back to the Mac”と題して新製品の紹介を行いました。あのプレゼンテーションでも、本書で紹介したさまざまなテクニックが使われています。同じテクニックを次回のプレゼンテーションで使ってみませんか? きっと、メッセージのインパクトが強くなりますよ。

 まず第一に、ツイッターに投稿してもおかしくないヘッドラインを考えます。スティーブ・ジョブズは、新製品の概要をはっきり、かつ、手短に紹介する一文を用意します。11インチのMacBook Airを紹介したときの言葉はこうでした-「MacBookにiPadが合体するとこうなるんだ」。巧みな一言ですよね。この言葉、「MacBookにiPadが合体」は、数分のうちにCNNの見出しとなりました。このように、会社でも製品でも、70文字以内で表現するようにしましょう。

 第二に、数字を上手にドレスアップしましょう。スティーブ・ジョブズをはじめとするアップルのスピーカーは、大きな数字にかならず文脈を添えてくれます。アップルの売上のうち、33%がMacだと紹介したアップルCOOのティム・クックもそうでした。普通ならここで話が終わるはずですが、クックは説明を続けました。売上高としては220億ドルになると紹介したのです。これでもまだ終わりません。Mac部門が独立した会社だったら、米国で110番目に大きい会社になるほどの売上だと説明したのです。大きな数字だけをポンと投げださないこと。みんなにわかりやすい文脈を添えて覚えやすくしましょう。

 第三は、3点ルールを守ること、です。人が短期記憶で取り扱えるのは、3点か4点がいいところです。22点ものことを覚えてもらおうとしても、それは無理なのです。先日の水曜日、スティーブ・ジョブズはアップル人気のソフトウェアの新バージョン、iLife 11を発表しました。そのときジョブズは、新機能はたくさんあるけれど、そのうちの3つ、iPhoto、iMovie、Garage Bandを取りあげたいとしました。これがジョブズ流-3点に絞るのです。これは効きますよ。

 誰も思いつかなかった世界一のアイデアや画期的な製品、ユニークなサービスを思いついても、コミュニケーションのスキルがないと、周りを説得できずに終わりがちです。そのスキルを何十年にもわたって磨いてきたのがスティーブ・ジョブズなのですから、彼からは多くのことが学べるはずです。

  (翻訳:井口 耕二)

内容紹介

■スティーブ・ジョブズのプレゼンの魅力を解き明かす!
アップルCEOのスティーブ・ジョブズのプレゼンテーションは、なぜあれほど人々を魅了
し、熱狂させるのか―。
本書は、iPhone発表時などスティーブ・ジョブズの伝説のプレゼンを紹介しながら、その
秘密を詳しく解説していきます。

専門用語を使わない、ツイッターのように短い一文で製品やサービスを表わす、
ポイントを3つにする、ヒーローと敵役を登場させる、ひたすら練習を積むなど
、スティーブ・ジョブズのプレゼンの法則を解き明かします。
すばらしいプレゼンができるようになります!

■スティーブ・ジョブズの名文句やスライドの数々を紹介!
本書では、プレゼンテーションでスティーブ・ジョブズが繰り出した名文句や魅力的なス
ライド、演出の数々を紹介しています。シンプルでわかりやすく、人の心をつかむス
ライドや言葉を一部は英語も交えて紹介しています。巻末には、本書に登場するステ
ィーブ・ジョブズのプレゼン動画を見られるURLのリストを掲載しています。ぜひ、
動画も合わせてご覧ください。

[名文句の例]
「今日、アップルは電話を再発明する」
「iPodはガムより小さくて軽いんだ」
「iPhone 3G。速度は2倍、価格は半分」
「マイクロソフトが抱えている問題はただひとつ。美的感覚がないことだ。足りないんじ
ゃない。ないんだ」
「今までに売れたiPhoneは400万台。うれしいねえ。1日平均2万台のiPhoneが売れた
ことになる」

■人々を惹きつけるプレゼン 18の法則
構想はアナログでまとめる/一番大事な問いに答える/救世主的な目的意識を持つ/
ツイッターのようなヘッドラインを作る/ロードマップを描く/敵役を導入する//正義
の味方を登場させる/禅の心で伝える/数字をドレスアップする/
「びっくりするほどキレがいい」言葉を使う/ステージを共有する/
小道具を上手に使う/「うっそー!」な瞬間を演出する/存在感の出し方を身につける/
簡単そうに見せる/目的に合った服装をする台本を捨てる/楽しむ

スティーブ・ジョブズのプレゼン動画などの情報はこちら
http://ec.nikkeibp.co.jp/nsp/stevejobs/

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 408ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2010/7/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 482224816X
  • ISBN-13: 978-4822248161
  • 発売日: 2010/7/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.7 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 179件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,798位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 いやぁ〜、素晴らしい本だった。アップルのCEO、S・ジョブズの「驚異のプレゼン」と名打ってはいるが、ハウツー本でも、プレゼンテクニック指南書でもない。要は「他人にモノを伝えるということとは何ぞや」、ということの“本質”を、ジョブズのプレゼンという素晴らしい“実例”を元に、見事に解き明かしてみせた本、といえるだろう。

 他のレビュアーも言っているが、つまりは「物事の本質はシンプルな言葉で表現できるし、シンプルにしないと伝わらない」。だからこそ、何が本質で、何が最も重要か、要するに何がポイントか見極めることが大切だ、ということを気付かせてくれる本である。えっ?それが“本質”なら、なんで400ページも費やしているかって? それは、プレゼンの極意として、3つのテーマ、18のシーンに分類し、それぞれに結論を提示して、そこに“ジョブズの過去のプレゼン”という豊富なテキストを丁寧に分析した“解説”を加えているから。何かをグダグダ並びたてて最後に結論、なんて無粋な本ではなく、「本質」を最初に「簡潔」に提示し、実例で補完するというスタイルなので、シンプルでわかりやすく、最初から最後まで納得しながら一気に読めるんですね。

 プレゼンに限らず、レポートのまとめ方から日常のコミュニケーションに至るまで、役立つヒントが満載!それにしても、このレビューも、もっとシンプルにまとめられるかも…なんて考え始めると…。う〜ん、もう一回読み直すとするか!(笑)
コメント 304人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2010/10/2
形式: 単行本(ソフトカバー)
「ジョブズが世界に魔法をかけ続けて、もう30年になる」。

この本は効果的で惹きつけるプレゼンのコツについてまとめた本です。たぶん、ジョブズの名前を前面に出していなければ、こんなに売れなかったでしょうね。少なくとも、私は買いませんでした。そういう意味では、作戦勝ちですね。

特別に凄い内容というわけではありませんが、要点はわかりやすい。また、個人的には、ジョブズの発言が日本語訳だけでなく原文付きで載せてある点もポイントが高いです。そして、著者も書いている通り、この本と並行してジョブズが実際にプレゼンしている映像も確認することをぜひお勧めします。

一般のビジネスや学会発表で、このノウハウがそっくり使えるということではないです。それに、映像を見るとわかりますが、ジョブズがプレゼンを行う会場の興奮状況はかなりアメリカ的です。敵を挙げるようなやり方も、日本ではあまり好まれないでしょう。

ただ、筋書き作りにこだわる、ビジョンを一文に表現したヘッドラインを作る、徹底的に繰り返して練習する、シンプルにこだわる、文字ではなく画像を上手く使い視覚に訴える、数字を理解しやすい文脈に入れてドレスアップする、アイコンタクトや開いた姿勢や手の効果的な使い方、ビデオを撮ったり知人に助言を求めたりして改善する、Q&A向けの想定回答は使い回しが効く形にしてグルーピングする、といったことは分野に限らず参考になると思います。
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kaz-p VINE メンバー 投稿日 2010/11/7
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
いや、本当に面白くてためになる本でした。

・ヒーローと悪役を作れ
・ポイントは3か条
・スライドはシンプルに
・箇条書きはNG
・とにかく練習、練習

などなど、本当に実践的な内容です。

でも、本当の収穫は
ジョブズのプレゼンを実際に動画でチェックする
きっかけをもらったことですね。

特にスタンフォードの祝辞は本当に素晴らしい。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
・内容を出来るだけシンプルなキャッチフレーズにし、スライドに文字を多用しない。できれば一、二枚の絵や写真を示して説明する。
・三点ルール。全体として何を話したいか、二、三点に絞ってから話し始める。
・スライドを作る前にアイディアを紙にかきだして、何を話したいか、デザインする。
・身振り、手振りを録画してチェック。他人の上手いプレゼンを参考にする。
・ひたすら練習する。

など。割とありきたりな内容。
全くプレゼンの訓練を受けてない人には参考になる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本書は「世界一の経営者」スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションの研究書です。彼の聴衆を魅了し続けるプレゼンの極意が生々しく解明されています。

本書を読む前後にユーチューブで、「動いているスティーブ・ジョブズ」を観ること
を是非ともお勧めします。

私は「アップル社」の製品の熱心なユーザーではありませんし、正直言って流行にはかなり疎い者ですが、そんな私ですら、本書を読みこれらの製品が無償に欲しくなりました。

要するに、本書にはその「買いたくなる気持ちにさせるからくり」が述べられていると言ってもいいでしょう。これぞ「プレゼン」の本質じゃないでしょうか。

当初私は形式としてのプレゼンの指南書だとばかり思って本書を購入しましたが、まさに、うれしい誤算とはこのことです。最後まで読むと、ジョブズという人物の波乱万丈の人生を通して、単にプレゼンだけでなく仕事観、人生観まで変わってしまいます。

小手先のプレゼン技術(「効果的な」パワーポイントの使い方など)を解説した本は沢山ありますが、ここまで文字通りコミュニケーションとしての「プレゼン」の本質を突いた、有益な書物にはお目にかかったことはありません!

「18の法則」とはちょっと多いような気もしますが、以下の内
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック