中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

スティーブ・ジョブズの流儀 単行本 – 2008/10/23

5つ星のうち 4.1 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「個性こそ最強の戦略」。世界を熱狂させるビジネスの創造主たちは、見る者にそう思わせる迫力がある。自分を自分たらしめる絶対価値を「個性」と呼ぶのなら、個性を極限までつきつめていったところにこそ、最強の戦略がある。世界で最も卓越した形で、自らの個性を戦略へと高めた人物――それがスティーブ・ジョブズだ。

◆◆◆
完璧主義者、エリート主義者、気分屋、偏執狂。「ジョブズは狂人と紙一重」と眉をひそめる向きもある。しかしそうした印象にとらわれていては、スティーブ・ジョブズの底力を読み誤る。
ジョブズは、自らの関心事や個性に正直なまま、妥協なき芸術性とすぐれたビジネス手腕とを融合させた独自の経営を行っている。他者とは一線を画す自らの個性を、キャリア上の強みに転じたのだ。

たとえばデザイン。
使いやすさ、シンプルさ。それが、アップル製品のコアメッセージだ。だがそれは、見た目をスマートにすればよいというような安直な問題ではない。いかに使いやすくするかという機能面をとことん極めてはじめて、あの独特のデザインが生まれる。ジョブズは言う。「デザインとは見た目のことだと思っている人がいる。だがデザインとは、何よりも機能そのものだ」。
ジョブズの感性が、アップル社に工業デザインへの執着をもたらす。何から何までコントロールしなければ気がすまないその性格が、シームレスなユーザー体験へのこだわりを生む。すべてが完璧でなければ納得できないその頑迷さが、世界有数のクリエイティブな協力者と生産的な関係を結んだ規律ある企業風土をはぐくむのだ。

本書は、ジョブズとアップル社を12年以上にわたって追いつづけてきた著者が、ジョブズの事業哲学を詳細に分析した一冊だ。ジョブズ本人に限らず、その周辺の人たちに至るまでさまざまな角度から取材・資料収集し、無数の「点」をつないでいった先に、偏見から解放されたジョブズ像、アップル像が映し出される。
そこにあるのは、完璧主義ではなく、卓越性の追求だ。声を荒げた罵倒ではなく、宇宙をへこませたいとの情熱だ。ページを繰りながら読み手が目にするのは、手のつけられない独裁者ではなく、愚直なまでにおのれの信念を貫くひとりの男である。

◆◆◆
「私は毎朝鏡を見て、自分にこう問いかけてきた。『もし今日が人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?』。それに対する答えがノーの日が何日も続いたら、そろそろ何かを変える必要がある」。膵臓癌を克服した2005年、スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチの一節だ。
その言葉にかくも忠実に生きている人物は、そういないだろう。

みずからの個性を事業哲学にまで高めた男がここにいる。
本書はその経緯を追う。

内容(「BOOK」データベースより)

ビジネスとは、生きざまの証明。世界を変えられると本気で信じる人間こそが本当に世界を変える―。愚直なまでにおのれの信念を貫く男の素顔を、アップルコンピュータを12年以上にわたり追いつづけてきた著者が圧倒的な取材力で描き出す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 336ページ
  • 出版社: 武田ランダムハウスジャパン (2008/10/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4270004215
  • ISBN-13: 978-4270004210
  • 発売日: 2008/10/23
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 12.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 396,992位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
数多くあるジョブズの本のうちほとんどは、時間軸にて彼の仕事を追っている。Appleを追い出されるところや、Appleに復帰するところなどから始まるケースが多いのではないか。しかしこの本は、ジョブズの仕事のやりかたについて章立てで追っている。そのため、一つの事に対してジョブズがどのように考えているのかが分かりやすくなっている。
逆に言うと人間としてのジョブズに迫るような記述は少ない。帯に「生きざま」とか書いてあるが、この本はビジネスにだけ焦点を絞っている。スタンフォード大学の卒業式のような言葉は逆に散らばってしまっている。
それにこの本を読んで本当にビジネスを「ジョブズ流儀」にしようとしたらえらい事になる。そんじょそこらの人間では、「ジョブズ流儀」を実践する事等はできはしない。そういう意味で実用性は皆無のビジネス書であり、自己啓発の方向性をジョブズに求めた本とも言える。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今までのジョブズ本の中で一番の良書です。
本著の肝は、ジョブズの顧客中心主義にあります。
これだけ聞くと、「ああそうか」とさらっと終わってしまうのですが、
この顧客中心主義は私達の想像するそれとは似ても似つかぬものです。
そしてこれこそがジョブズの強みであり、本著が一般人の役に立たない
と僕が思った所以です。

一般的な顧客中心主義とは、徹底したユーザー調査にあります。
しかし、ジョブズは違います。
ジョブズは新商品を作るときにユーザー調査を全くしないそうです。
「えっ?」と思うかもしれませんが、素人(理想的な顧客)というハードに、
アイデアを生み出せるイノベーターの頭というソフトがインストールされ
たジョブズには必要ないのです。

今まで明らかにならなかった、イノベーターの頭の中をのぞけます。
マーケティングに従事する方も、ジョブズのようなやり方を知ることは強み
になると思います。
具体的内容は、本著を読む際のお楽しみです。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
スティーブジョブズの本は沢山読んできたが、この本はそれらの重要なエッセンスが凝縮されてつまっており、かつシンプルに分かり易くとても読みやすい内容だった。
登場人物に対する批判や偏った見解がなく、すごくニュートラルな立場で筆者が長年に渡り取材してきた事実を載せてある所が今まで読んできた本と違うなと思った。
とても読みやすく、楽しく読み進めていける本です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最近のアップルの快進撃を受けて、ジョブズも神格化されているようです。

天才クリエーター、天才経営者としての独創性、独裁性、情熱が主なテーマとなっています。

話は猛烈で半端じゃありませんが、ジョブズだったらあり得るな〜と思わせるところが、

ジョブズのジョブズたる所以でしょう。

各章の終りに「スティーブに学ぶ教訓」というまとめがあり仕事術の本となっています。

天才ジョブズに関する入門書としては良い出来だと思いますが、アップル社の沿革、

IT技術論、奇人・失敗者としてのジョブズについての話はやや少ないようです。

その辺はお間違いないように。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 「アップルの復活にジョブスあり」
誰もが認めるところでしょう。
そのジョブスの生き方を知ることができる一冊です。

 私はジョブスのおこなうプレゼンテーションの
インパクトに見せられ、ジョブスはどのような人なのだろうと、
一番人気のあるこの本を読みました。
 特に衝撃的だったのは、人事評価のジェットコースターです。
世論には大きく批判されかねない手法ですが、
実際には社員に尊敬される魅力を持った情熱ある人です。

 最近、イノベーションという言葉を耳にするようになってきましたが、
その本当の意味を知ることができました。
簡単に真似できるようなものではありませんが、
学ぶべきことは多かったです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー