Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 324

¥ 190の割引 (37%)

ポイント : 3pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[池澤夏樹]のスティル・ライフ (impala e-books)
Kindle App Ad

スティル・ライフ (impala e-books) Kindle版

5つ星のうち 4.5 44件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 324
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 514 ¥ 1

商品の説明

受賞歴

第98回(昭和62年度下半期) 芥川賞受賞

内容紹介

雪が降るのではない。雪片に満たされた宇宙を、ぼくを乗せたこの世界の方が上へ上へと昇っているのだ。

「大事なのは、山脈や、人や、染色工場や、セミ時雨などからなる外の世界と、きみの中にある広い世界との間に連絡をつけること、一歩の距離をおいて並び立つ二つの世界の呼応と調和をはかることだ。
 たとえば、星を見るとかして。」

ある日、ぼくの前に佐々井が現れてから、ぼくの世界を見る視線が変わって行った——。
科学と文学が溶け合い、人と世界の関係を鮮やかに詩的に描く、永遠の名作。中央公論新人賞、芥川賞受賞作。

*文庫版で併録されている「ヤー・チャイカ」は別に発売中です

【著者】
池澤夏樹
1945年北海道帯広市に生まれる。小学校から後は東京育ち。以後多くの旅を重ね、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。1987年『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』『静かな大地』『キップをなくして』『カデナ』『アトミック・ボックス』など。自然と人間の関係について明晰な思索を重ね、数々の作品を生む。2014年末より「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」全30巻の刊行を開始。 http://www.impala.jp



登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 478 KB
  • 紙の本の長さ: 187 ページ
  • 出版社: 株式会社ボイジャー; 1版 (2016/2/5)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01BBXCBAQ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 44件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 23,084位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
若いころに池澤作品にハマり、今は中学生の娘がハマっています。
「透明感があって、現実と非現実の曖昧な所が良い」などと、エラそうに感想を言っています。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
気負ってないのに シンプルで 美しく
客観する という 視点が 彼らしい
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
発刊された10年以上前に読み、また読みかえしたくなりました。
池澤夏樹らしい、視線。飾り気のない語り口。
すごくドラマチックなことが起こるわけでもないのですが、その中に描かれている世界感が凛とした空気を持っています。
十余年たっても色褪せない、まっすぐなかんじがいいです。
今まで読んだ数々の池澤作品の中で、おすすめの一冊。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
頼まれものなので、希望の本が、安くきれいな状態で購入出来て良かった、との事です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
あまりこの種の小説は読んだことはなかったが、自分の知らない世界をみることができた。そこまで人生急がなくてもいいのかもしれない。心に残る一冊でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
どこまでも詩的かつ直観的です。

たしかに村上春樹と比較されるかもしれませんが、村上が「写実的かつ人間的(有機的)」とすれば、池澤は「直観的かつ無機的」で、いい意味で体温のような温かみを感じません。そこにある空気が鏡に水滴となって、その水滴を描写しているような冷たさ・静けさに包まれていて、その印象はどこまでも詩的です。

また十年後に読んだら、違う印象になるんではないかな、と思える一冊です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
不思議な感覚があったけれど、全体としてあまり共感できなかった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
『スティル・ライフ』『ヤー・チャイカ』共に小説の形をした詩というべき作品。自分の意識で構成される世界が何とも小さく感じられる。縮尺が1対1のまま、空高く舞い上がった視点が物語に貫かれているような。

理系とか科学とか、著者のバックグラウンドと結び付けられて評されることが多いようだが、私にはそこはよく理解できなかった。科学とか哲学とか、理論で積み上げられた思想では測れない世界観に充ちているような気がしたから。私には「詩」としか言えない。

『スティル・ライフ』ではプロローグもエピローグもあらゆる場面が素敵だったが、中でも雪を浴びる描写がたまらなく美しかった。

「雪が降るのではない。雪片に満たされた宇宙を、僕を乗せたこの世界の方が上へ上へと昇っているのだ。」

ちなみに、『ヤー・チャイカ』で描かれるディプロドクスの世界、これは一体何を表しているのでしょうか。とても幻想的でありながら、これが何を表現しているのか、掴めませんでした。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ストーリーは至ってシンプルである。株の宣伝かとも思った。
個人的にはおもしろくなかったのだが、心に残るところもあった。
それは人それぞれだろうから、読んでみて下さい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
読みやすく詩的な文章で、普通に起こるかも知れない非日常を静かに綴った作品。

雰囲気が好きなら、おすすめです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover