通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
スティグマの社会学―烙印を押されたアイデンティティ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙にスレ・ヨレありますが、概ね状態良好です。本文は状態良好です。クリーニング+防水包装にて出荷(ゆうメール/DM便)。品質に不備があれば返金にて対応します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

スティグマの社会学―烙印を押されたアイデンティティ 単行本 – 2001/4

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,798

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • スティグマの社会学―烙印を押されたアイデンティティ
  • +
  • 行為と演技―日常生活における自己呈示 (ゴッフマンの社会学 1)
  • +
  • 儀礼としての相互行為―対面行動の社会学 (叢書・ウニベルシタス)
総額: ¥9,828
ポイントの合計: 141pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

欠点/瑕疵、短所、ハンディキャップなどの属性により、社会によって完全に受け入れられる資格を与えられない者の状況-スティグマを関係論的枠組によって分析し、社会学としての検討を試みる。70年刊の改訂版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

石黒/毅
1931年生まれ。慶応義塾大学文学部大学院文学研究科哲学専攻修了。現在、南山大学文学部名誉教授。訳書にE・ゴッフマン『アサイラム』『行為と演技―日常生活における自己呈示』(誠信書房)、S・コーエン/L・テイラー『離脱の試み―日常生活への抵抗』(法政大学出版局)、イーヴ・ヴァンカン『アーヴィング・ゴッフマン』(せりか書房)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 310ページ
  • 出版社: せりか書房; 改訂版 (2001/04)
  • ISBN-10: 4796700439
  • ISBN-13: 978-4796700436
  • 発売日: 2001/04
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 139,777位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 スティグマ、不名誉さを付与する指標を引き受けさせられた人々がどんな風に振舞うのか、どんな風に振舞うことが可能か、ということについて記述した一冊。
 
 構成は、「スティグマと社会的アイデンティティ」「情報制御と個人的アイデンティティ」「集団帰属と自我アイデンティティ」「自己とその他者」「様々な逸脱行為と逸脱」といった章分けで進行する。
 
 まず最初にスティグマと著者が呼ぶ性質を確定する。それは、肉体的欠陥として常人に認知されるスティグマ、精神病院への入院歴・逮捕歴・同性愛者であることなど、知られることで当人に不利益を齎す経歴というスティグマ、、人種・民族などのエスニック・グループについて付されたスティグマという三つに分類され、どのスティグマの所有者も、常人と呼ばれる人々、スティグマを持っていない人々と関係する時に、精神的に不安定な立場に立たされる。そんな、スティグマを付与された人々が、自己の不安定さを克服する為の戦略を試みる局面の違いごとに、社会的アイデンティティ・個人的アイデンティティ・自我アイデンティティ、とそれぞれ名付けられた領域でスティグマ認知、スティグマ管理・操作、スティグマ適応という対応をしていくさまを、実例を多く挙げて説明していく。

 常人たちとの関わり合いの上で、「すでに信頼を失ってしまった者」たちと
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
原書の出版は1964年とかなり古いですが、最近でもしばしば参照されている良書。

Ⅰ・Ⅱ章は事例紹介的が続くので最初から当事者意識を持って本書を手に取る読者には知ってる話ばかりかも(ただ引用されてる証言はどれもすばらしい)。
理論的考察として面白いのはスティグマ保持者が<ノーマル>な人々の社会に適応しようとする際に生じる葛藤を描出したⅢ章。
Ⅳ・Ⅴ章はスティグマが<ノーマル>とされている人にも実は身近な問題だと指摘している。

障碍者、同性愛者、セックスワーカーなどの様々な事例をスティグマという一つの概念で横断していくあたりはトラウマ研究の古典的著作であるジュディス・L. ハーマンの『心的外傷と回復』を想起させるが、本書は日常生活のちょっとしたやりとりを通じて生じる現象を扱うぶん、トラウマ研究と比べてより敷衍して論じやすいという長所があるのではないかと思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
スティグマとは、ある人の不名誉を示す属性のことで、欠点、瑕疵、短所、ハンディキャップのことである。
ある局面では、心の傷と言いうる場合もあるけれど、「傷痕」というよりも「痕跡」という語感に近い。
目に見える身体的障害や身体的特徴もあれば、
目に見えない精神障害、犯罪歴、宗教もあって、常人の目から見れば、憐れむべき表象となるものである。

で、常人って何よ?とうっすら疑問を抱かされつつ、常人とスティグマを持つ者との対比、交流の在り様が縷々つづられていく。
スティグマは押しなべて社会から押される烙印であるから、スティグマを持つ者の生き辛さは分析の対象となり、
いかに乗り越えられるかが検討される。

この乗り越え方は、心に傷、あるいはすねに傷を持つ者にとっては、参考になる部分もあるのだが、
著者ゴッフマンの眼差しに熱はなく、むしろ冷やかである。ゴッフマンは、スティグマを持つ者が、
もはや自分自身のスティグマを隠すことなく、自己自身を肯定し自尊心すら持つに至った境地のことを、

「(思慮深く節度のある態度が開く)こだわりのない晴れやかな境地」
「最終的に円熟し完全に適応を遂げた段階」

とする一方で、

「よい適
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
いわゆる「障害者」のように極端に目につく場合より、むしろ目に見えない、しかしながら決定的な烙印の記号について本著は紙面を多く割いています。
その点で、現実志向の高い心理学的治療法への一つの疑問符を見て取る事さえできます。
執拗に列挙される事例を受け止めるうちに、そもそも私達が非反省的博愛行動をとる無自覚さはいかに生起しているのかという事に対して、ある示唆を与えてくれます。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告