スター・ウォーズ / クローン・ウォーズ 特別版 ... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: アマゾンから24時間以内に発送!《 廃盤 国内正規品 》 レンタル品ではありません。 ディスクは2枚ともキレイで、全体的に状態は良好です。 アルコール除菌後、クリスタルパックにて包装・保管しております。 丁寧に梱包してお手元に迅速発送させて頂きます。 アマゾン専売商品ですので在庫切れはありません。 ご安心ください。 
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

スター・ウォーズ / クローン・ウォーズ 特別版 [DVD]

5つ星のうち 3.8 28件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 14,800 通常配送無料 詳細
ポイント: 287pt  (2%)  詳細はこちら
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、pyn堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • スター・ウォーズ / クローン・ウォーズ 特別版 [DVD]
  • +
  • スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ シーズン1-5 コンプリート・セッ ト(22枚組) [DVD]
  • +
  • スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ<ファイナル・シーズン/ザ・ロスト・ミッション>DVD コンプリート・セット
総額: ¥30,127
ポイントの合計: 289pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: トム・ケイン, マット・ランター, サミュエル・L・ジャクソン, アシュレイ・エクステイン, ジェームズ・アーノルド・テイラー
  • 監督: デイブ・フィローニ
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2008/12/17
  • 時間: 98 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 28件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001JKO0EM
  • JAN: 4988135711571
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 40,379位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


<strong>製作総指揮ジョージ・ルーカス!日本公開30周年記念作品!
スターウォーズ エピソードII、IIIをつなぐ伝説が今ここに明かされる!<strong>

銀河系全体でクローン戦争が激化し、勇敢なジェダイの騎士は秩序を保ち、平和を取り戻そうと必死になっていた。
だが、銀河共和国が、尽きることのないドロイド軍を率いる邪悪な分離主義勢力にどんどん支配されていき、
それまでのシステムは次々にダークサイドの餌食になっていく。

そんななかで、アナキン・スカイウォーカーとその弟子アソーカ・タノは、銀河共和国の将来に大きな影響を及ぼす重要な任務に送り出され、その過程で、彼らは犯罪組織の首領、ジャバ・ザ・ハットと直接かかわり合うこととなった。
だが、ドゥークー伯爵と、冷酷非情なアサージ・ヴェントレスをはじめとする残忍な手下たちは、アナキンとアソーカを倒すためならばどんな犠牲もいとわないのであった。

一方、クローン戦争の前線では、オビ=ワン・ケノービとジェダイ・マスターのヨーダが敵の強力な軍勢に抵抗するために、クローン軍を率いて勇敢に戦っていた……。


【映像特典(約82分)】
・スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ:TVシリーズの見どころ
・アフレコ:命を吹き込むまで
・サーガを彩る音楽
・スチール・ギャラリー
・US公式サイト・コンテンツ
-イントロダクション
-新たなるサーガ
-クローン・トルーパーを描く
-英雄の系譜
-悪の系譜
-アソーカ・タノ
・未公開シーン集
-前線突破!
-ランコア・ピットの戦い
-ドロイドの襲撃
-貨物室の危機
・予告編集
-オリジナル劇場予告編PART1
-オリジナル劇場予告編PART2
-スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ:ビデオゲーム予告編

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ジョージ・ルーカス自ら製作総指揮を手掛け、『~エピソード2/クローンの攻撃』と『~エピソード3/シスの復讐』を繋ぐ戦いを描いたCGアニメ。分離主義勢力との戦争が激化する中、アナキンはある重要な任務を課せられる。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
「スター・ウォーズ」の外伝に疑問を持つのは当然。
アメコミ調のキャラクターに違和感を持つのも当然。
しかし、これは今年のアニメ映画としても、スター・ウォーズとしても最高の部類に入る。

ストーリーは、舞台が目まぐるしく変わるクローン戦争のさなか。「EP2」では大人数のチャンバラと、砂漠での決戦、「EP3」は全編悲壮感漂うものだったが、本作で描かれるクローン戦争はどれも大迫力で、秀逸なシナリオやセリフまわしに満ち、それに引っ張られる我々は、いつしか悦に浸っている。

さらに特筆すべきは、吹き替え版の質のよさ。吹き替え映画にタレント・芸人を使い、映画の質を無視したものが台頭する昨今、このような優れた芝居を映画館で見られたことは最高に幸せだ。正伝でのオビ=ワン:森川智之、アナキン:浪川大輔はもちろん、新登場のアソーカ:伊藤静の芝居は最高に乗っていた。
もともと字幕版が、実写版と声が違うということを知っていたので、吹き替え版を見た次第だが、これを見た後はすべて吹き替え版で見ている。
彼らの熱い演技に賞賛の拍手を送り、彼らをないがしろにしている映画関係者には、のし袋に入れて渡してやりたい傑作だ。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
まずはこの作品、アニメーションなのですが、既発のアニメ版クローン大戦より格段にアニメっぽくなく楽しめました。
ボクは観ていて、違和感なく実写と同等に観ることができましたよ。
それだけでも驚きでしたが、描かれるストーリーが本編エピソードのようなどろどろ感がなく、
オビワン、アナキン、アソーカの痛快大活躍物語となっていて、爽やかに観ることができたので救われました。
おてんばパダワン、アソーカは、ユーモアたっぷりで、アナキンとのデコボコ師弟コンビがユニークです。
クローン兵たちもこの作品では、まだまだジェダイの味方で、
アナキンがダークサイトへ、クローン兵は寝返り、泥沼化するまでなので、
良い時代が描かれた作品なんだなぁと実感しました。
スター・ウォーズのスピンオフ、サイドストーリーとして誰もが楽しめる傑作だと思います!!
また、この作品、ワーナーから配給されているのですが、アレンジは違うものの、
とりあえずあのスター・ウォーズテーマが流れます。
日本語吹き替えも、シリーズ本編の方々と同じなので、まったく違和感有りません。
ジャケのクローン兵ドアップも頼もしいかぎりですね。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
スターウォーズ本作では、アナキンにパダワンは登場しなかった(と記憶しているが)、
今作『クローン・ウォーズ』では、アソーカというパダワンが登場。
気が強く、勝気な女の子だ。

本作で描かれているオビ=ワンとアナキンの関係が、
そのままアナキンとアソーカに投影されていた。

恐らく、テーマは「子弟愛」だと思う。
頻繁に、アナキンがアソーカを助けるシーン、アソーカがアナキンを助ける
シーンが登場する。オビ=ワンとアナキンもそう。
「火花散るところにアナキンあり」(オビ=ワン)というセリフが象徴的だった。

CGで描かれているアニメーションですが、これはこれで面白い。

逆に、ジェダイの人間離れした動きは、こちらの方が自然なのかも。
最後にはアミダラも出演するが、ナタリーポートマンそっくりで(笑)
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
CGの質感などからあまり過度な期待はしていなかったのですが、思った以上に楽しめました。
まず話自体のテンポが非常によく、各惑星のシークエンスが飽きないようにサクサク変わりながら物語が進むので見やすかったです。
新三部作はもともとCGアニメーションの割合が多いので、その部分もフルCGとの相性が良かったのかもしれません。
不満だった点は一部の楽曲にロックやエスニック調のものが使われていたこと。
スターウォーズはあくまでスペースオペラなのでオーケストラで統一してほしかったです。
CGの出来はさすがに今のピクサーのアニメなどと比べると見劣りしてしまいますが、
このクオリティでそのままTVシリーズに移行したことを考えれば決して低いものではないと思います。
ストーリー的にはEP3でジェダイを裏切り皆殺しにするはずのクローン兵士達が多少善人として描かれ過ぎている所が気になりました。
全体を通してスターウォーズの世界をベースにしたスピンオフ作品として見れば十分面白いと思います。
ただ新三部作後半のダークな世界観や物凄くゴージャスなアクションなどを期待すると肩透かしになるかもしれません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す