日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (字幕版)

 (3,141)
8.62時間4分1977G
【3本レンタルキャンペーン対象商品(12/2まで) 詳しくは⇒https://www.amazon.co.jp/3rent】ルーク・スカイウォーカーの銀河を巡る冒険がはじまる「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」デジタルで登場。銀河帝国樹立から19年。砂漠の惑星タトゥイーンでルークは、長年隠れ住んでいたオビ=ワン・ケノービと出会い反乱軍の戦いに加わることを決意する。ダース・ベイダー率いる邪悪な帝国軍に捕らわれたレイア姫を救出するため、オビ=ワンは若きルークをジェダイへ導いていく。
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
Prime Video視聴でBOSE製品が10%OFF

キャンペーン期間中Prime Videoを視聴すると、BOSE対象商品で使用可能な10%OFFクーポンの特典が受けられます。詳細はこちら

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
マーク・ハミル
提供
フォックス
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.4

3141件のグローバルレーティング

  1. 65%のレビュー結果:星5つ
  2. 19%のレビュー結果:星4つ
  3. 11%のレビュー結果:星3つ
  4. 3%のレビュー結果:星2つ
  5. 2%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

kotatsu2017/12/16に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
シリーズの最初に公開された作品
確認済みの購入
作品を見る順に意見が分かれる場合がありますが、個人的には公開順4-5-6-1-2-3と観ることをオススメします。理由としては1,2,3を先に見てしまうと、高度なCGやアクションに慣れてしまい、4,5,6を後に見てしまうと少しがっかりするかもしれません。また、「こういう事だったのかと」という楽しさがあるので私は公開順に観ることをオススメします。
92人のお客様がこれが役に立ったと考えています
右影雅人2018/01/27に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
はじまりの映画にして完成形
確認済みの購入
改めて見ても本当に凄い脚本・ストーリーだったんだなぁ・・・と感じさせるルーカス作品。
一見シンプルかつテキトーに物事がポンポン進むので、頭からっぽで見る分には良いのですが、
真面目に見出すと言葉の端々から裏設定がニョキニョキと顔を出し始め、伏線の数々も大概で
サラッと一言ですますんじゃねぇー!と思う事が多く、ツッコミどころも多すぎて疲れます。
2時間に収まる情報量じゃないです。よく詰め込んだな・・・

SF描写については、本作の時点で完成しきっている感があって素晴らしいと思います。
数々のメカニックをデザインされた方は天才を通り越して神か悪魔かと思います。40年経過しても
格好良いとか本当に普通じゃない。というかもう全部格好良いので評価も5点満点中100点くらいです。

見ていて辛かったのは登場人物の行動がヤバいところ。大丈夫かコイツ?とか思ったりします。
ルークとか若気の至りで済ますにしては強烈すぎます。レイア姫はやたら好戦的に見えます。
オビ・ワンは・・・何なのこの人!最後の頼りのジェダイ騎士のはずが便利屋か何かでしょうか。

シリーズでどれから見たら良い?と聞かれる事がありますが、僕は迷わず本作をお勧めします。
作品の古臭さはどうしてもあるのですけど、シリーズの中でも一番見やすい作品だと思います。
ローグ・ワンとかEP1~3とかの前日譚もありますけど、本作から始まる3部作を見てから
の方が楽しめます。
40人のお客様がこれが役に立ったと考えています
まこと2018/07/07に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
スターウォーズ初心者の感想
確認済みの購入
生まれてこのかたスターウォーズを観ずにここまで来てしまったのですが、先日、劇場にハンソロを観に行ったところ、チューバッカってキャラかわいい!!!と思い、その日にレンタルさせていただきました。
一緒にハンソロを観に行った人から、スターウォーズはエピソード4から観なよ!と言われたので、エピソード4から観たわけなのですが、これまた面白い!!!
スターウォーズ全エピソードを観てる友達に言ったら、「いや〜まだまだ面白さ分かってないよ〜」と言われてしまいましたが、、、

私と一緒でスターウォーズまだ観たことないよって方は、ぜひ!ぜひ!観て欲しいです。

画質が、、、と聞いたのですが、あまり気にならなかったです。
たとえば、外装からして「このお店、、なんかまずそう、、」と思っても、食べログで「星4」のお店って行きたくなりますよね!?
スターウォーズ作品はかなり、えらく続いてますので、食べログの様な評価はできませんが、限りなく満点に近いと思います。

個人的に、まだまだ初心者の私ですが、ハンソロとチューバッカのコンビは最高に好きです!!!
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
でっぷりジョニー2018/11/11に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
やっぱり面白い
確認済みの購入
ふと思い立って、エピソード1から順にスターウォーズシリーズを見始めましたが、世間の評判に違わぬエピソード1の凡作ぶりに愕然としつつ、エピソード2とエピソード3は、まぁそれなりに楽しめるかなというのが見終えたときの感想でした。

そしていよいよ当該作品を観る番がやってきましたが、ここまで観てきた3作があまりにも『駄作~普通』レベルだったことと、過去に何回もテレビで放映されているのを観てきたということもあり、「わざわざ金を払ってまで観るほどのものかなぁ?」と思いつつの鑑賞でした。
が、逆の意味で期待を裏切られる面白さでした。

そもそも「B級映画」とされていたそうですが、それもひっくるめてのストーリーの明瞭さと純粋な面白さ、低予算でありながらも少しも違和感を感じさせない特撮シーン、わかりやすくも魅力的な登場キャラクターの数々。
これなら、後の爆発的な大ヒットに繋がったのも頷けるというものです。
エピソード1~3の鑑賞の時は、途中で飽きてしまっていた小学校高学年の娘が、この映画は最後まで鑑賞し「面白かった」と評価したのも、さもありなんと言ったところです。

映画に難解さや何らかのテーマを求める向きには、「くだらないB級映画」なのかもしれませんが、私のように映画はエンターテインメントだという考えの人間にとっては、相当面白い映画だと思いました。
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
中野 勉2018/12/04に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
「フォースとともにあらんことを」ーー初心者でも十分楽しめます
確認済みの購入
 Amazonプライム・ビデオで拝見しました。

 まず、ぼくは『スター・ウォーズ』初心者です。凡庸な映画視聴者です。
 いま30代ですが、本作が1977年公開ということは、『スター・ウォーズ』シリーズとぼくの人生はほぼ並走してきたことになります。
 喰わず嫌いといいますか、地上波で幾度も放送されたきたのにも関わらず、『スター・ウォーズ』を観ることはありませんでした。
 本作を観てみましたら、いやぁ、面白いですね。2時間弱ありますから映画としては比較的長いほうなのだと思いますが、一気に観れてしまいます。物語それ自体も面白いですし、登場人物がそれぞれキャラ立ちをしていますし、ガジェット類にも興味をそそられます。つまり丸ごと全部美味しい作りになっています。

 ジョーゼフ・キャンベルという神話学者がかつていました。彼はあらゆる神話は結局のところ一つであるという単一神話理論を構築しました。その単一神話理論を用いて作られたのが、この、『スター・ウォーズ』と言われています(興味がある方は、クリストファー・ボグラー&デイビッド・マッケナ(府川由美恵訳)『物語の法則』(アスキー・メディアワークス、2013)を一読してください)。
 ぼくは物語の構造の勉強のために観てみましたが、その目的さえ忘れて画面に没入してしまいました。
 
 初心者の方にも非常にオススメです。
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ゆうくん2021/01/29に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
SF映画史に輝く、完璧なスペース・オペラ
確認済みの購入
ジョージ・ルーカスが1973年から構想し1977年に公開された、言わずと知れたスペース・オペラ型SFの金字塔。例えCGが進化しても、本作の独創性とストーリーの完成度は些かも衰えない世紀の傑作だ。
ベトナム戦争明けの当時の米国映画界は、主に社会の底辺や暗部を題材に体制批判した”アメリカン・ニューシネマ時代”に飽きた観衆が、再び夢と希望を追い求める明るい作風に移りつつあったが、その代表格が本作だ。暗い世相を乗り越えて全く新しい時代を築きたい大衆娯楽の期待にハリウッドが応えたのだ。フランシス・コッポラの「ゴッド・ファーザー」から、スピルバーグの「未知との遭遇」へと。
だからスターウォーズはエピソードⅣが選ばれた。確かに大量の軍隊映像を必要とするエピソードⅠ~ⅢをCGが無い時代には選べなかったと言う理由もあるが、本当は違う。
ベトナム戦争で傷付いた米国の威信、夢と理想の国家像を国民が取り戻すには、「若者が旧き知恵者から戦闘術を学び、圧倒的な悪の帝国主義を相手に仲間達と奮闘し、正義を貫くストーリー」を国民が待望していたからだ。
また、この世代の監督達の特徴はオリエントへの憧憬で、彼等はいずれも巨匠、黒澤明監督の影響を受けている。「隠し砦の三悪人」の凸凹コンビがR2D2やC3POに、侍と刀はジェダイとライトセーバーに、黒武者はダースベイダーになったのは有名だ。ルーカスからのオビ・ワン役のオファーを断った三船敏郎が悔やまれる。また絶対的な悪の定番はナチスなので、帝国軍はアーリア系白人主体によるドイツ軍の服飾となり、月面着陸の喜び冷めやらぬ時に核兵器を比喩した破壊兵器を月を模したデススターにし、日本神道の自然崇拝を神秘主義のフォースに結晶させた。グローバルかつ歴史視点が満載なのだからやっぱり面白いのだ。
時代背景を巧みに捉えた舞台設定、王道のストーリー、姿も性格も全てが際立った登場人物、観たことのない美しいメカニカル造形、異国情緒を取り入れた衣装、革新的なカメラアングル、ジョン・ウィリアムスの壮麗で記憶に残る音楽等、全てが傑出していたのが本作だ。
自分は小学生の時だが、米国の熱狂が日本にも波及し、熱烈なファンまで産んだのがまるで昨日のようだ。エピソードⅣは完全無欠の夢物語として神格化され、キャラクターグッズが当たり前になり、ハリウッドが威信を回復した記念碑でもある。

2021年時点でスターウォーズ初心者の方にお薦めの観賞順は、本作→Ⅴ→Ⅵ、ローグ・ワン、ハンソロ、Ⅰ→Ⅲです。Ⅶ→Ⅸは観ても観なくてもどちらでも良いでしょう。
血が出ないシリーズなので、子供や孫と一緒に観ながら、異星人と多民族、帝国主義と同盟軍、植民地支配や通商連合、議会政治と専制国家、ジェダイとエリート教育などを語ってみるのも面白い。単なる娯楽に見えて、なかなか示唆に富むことに気づく名作シリーズの初回はSF殿堂入りの不朽の傑作です。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
マツチン2020/11/14に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ジャンル映画のビックバン的作品
確認済みの購入
直撃世代では無いのですが、それに近い時代でこの作品を見ることが出来たのは幸運でした。当時を振り返ると、自分より少し年上の男の子達が喜んでオモチャを買っていました。私自身も再放送で見た口なのですが、次から次に展開される冒険劇に興奮したのを覚えていますし、オビワンがベイダーと戦う場面では、オビワン(お爺ちゃん)が殺されると本気で心配したものです。それぐらい感情移入しました。剣道のような殺陣で一見派手さはないものの、剣の達人同士の間合いを重視した重みのある戦いです。黒沢作品の殺陣には及びませんが、それを意識して撮影していることが伺えます。

登場人物も、とても表情豊かで愛嬌が有り、主軸の3人(ルーク・ハン・レイア)に交換だが持てました。オビワンはクールながらも良いお爺ちゃんで、こんな師匠の元でいろいろ学べたら幸運だろうなと感じました。キャラクターそれぞれが、個性をぶつけ合い、プライドを賭けた演技合戦をしていたと思います。

ビジュアルは圧倒的で、ミニチュアを駆使しての迫力ある映像に驚愕しました。改めて見ますと、ウエザリングが細かく施されて抜かりが有りません。撮影時のカメラアングルも的確で斬新で面白い。オープニングが有名です。
確かに今見ると古めかしく感じるのですが、それでも当時はCGの技術が無かったのが功を奏して、今見ても色褪せていません。ミニチュアの出来が良いのと、パペットやアニマトロニクスなどを駆使して、本物を撮っていたからです。CGは素晴らしい技術なのですが、使い方を間違えると後年になるにつれてアラが目立つようになり違和感が出てきます。例えば『ファントムメナス』などのプリクエルが良い例です。当時は今よりもCG技術が幼かった為、今見ると見劣りします。しかも、使い方を間違えているので尚更です。プリクエルはCGに頼りすぎています。ミニチュアやアニマトロニクスといった本物を使っていないので、アップの時に偽物感が出てしまうのです。しかも、ワザトかどうか知りませんが、ロボットを艶消し・ウエザリング無しのプラモデル(素組)の様な作りにしています。グンガ属はソフビの様です。

起承転結がしっかりとしていて、単純ながらも王道のような物語の展開は、お伽噺としてピッタリです。むしろ、ファンタジー映画はこれぐらい簡素な作りの方が良いのです。続編のプリクエルはやり過ぎです。設定を詰め込み過ぎですね。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Grandcross2019/08/21に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
スターウォーズ初代作・ア・ニュー・ホープ、新たなる希望
確認済みの購入
この作品は、スターウォーズが初めて公開された、エピソード4にあたる作品。エピソード1・ファントム・メナス、で、アナキン・スカイウォーカーが、惑星ナブーのアミダラ女王ことパドメに出会い、恋をし、ルーク・スカイウォーカーと、レイア・オーガナ・スカイウォーカーを身ごもり、クローン戦争と、シスの暗黒卿・ダースシディアスである、元老院議長・パルパタインの護衛の任をまも理抜く形で、エピソード2で、ダースシディアスに気づいた、アナキンが、ジェダイ評議会(銀河を守る英技の使者だが、元老院議員に退位しては一警官)に報告し、逮捕許諾請求もなく、満佐太ーウインドゥたちが逮捕に向かって、国家反逆罪にとわれ、ダース・シディアスに殲滅され、アナキンは、護衛の任を果たしたが、結果、ジェダイを裏切っっため、ジェダイには戻れず、パドメの死を回避できるといった、パルパタインに修行の完結を申し出た、アナキンが、ムスタファーでのオビワンとの戦いで、体を焼かれ、元老院議会を永久解散したパルパタインが、築いた、銀河帝国軍=クローン軍=ストームトゥルーパー、を指揮するようになり、オーダー66(ジェダイに対する、国家反逆罪による殲滅命令)でジェダイを後方から打つ作戦の命令と、ムスタファーにいた、通商連合の司令船に対しての、ドロイド軍に対する、昨日停止命令を、アナキンがパルパタインから受け取って、ドロイドをくずに変えて終わった区rーん戦争、後に生まれる、ルークとアナキンことダースベーダーの物語、妹のレイアと、悪党だったハン・ソロのラッキーを利用して、進んでいく物語、

レンタルだ借りれる今、ここで購入し、プライムビデオアプリにダウンロードしてみるタイプ。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示