スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 [... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,151
通常配送無料 詳細
発売元: 【スターズ SHOP】 在庫表示のある物は即日配送致します。
カートに入れる
¥ 2,151
通常配送無料 詳細
発売元: 【プライム会員送料無料】即日配達通運
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 [DVD]

5つ星のうち 4.3 297件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,151 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,953 (48%)
ポイント: 65pt  (3%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、goodspeedoffice(新品未開封専門店※一部開封品、中古品もあります)が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック

  • 「スター・ウォーズ」関連商品をまとめてチェック。人気キャラクターストアでは、各種グッズが勢ぞろい。


よく一緒に購入されている商品

  • スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 [DVD]
  • +
  • スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃 [DVD]
  • +
  • スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX
総額: ¥10,040
ポイントの合計: 65pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: ヘイデン・クリステンセン, ユアン・マクレガー, ナタリー・ポートマン, サミュエル・L・ジャクソン, クリストファー・リー
  • 監督: ジョージ・ルーカス
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2005/11/23
  • 時間: 140 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 297件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000AIRN3
  • EAN: 4988142332127
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 2,463位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

サーガ、ここに完結。

<キャスト&スタッフ>
アナキン・スカイウォーカー…ヘイデン・クリステンセン(浪川大輔)
オビ=ワン・ケノービ…ユアン・マクレガー(森川智之)
パドメ・アミダラ…ナタリー・ポートマン(坂本真綾)
メイス・ウィンドゥ…サミュエル・L・ジャクソン(玄田哲章)
ドゥークー伯爵…クリストファー・リー(羽佐間道夫)

監督・脚本・製作総指揮:ジョージ・ルーカス
製作:リック・マッカラム
撮影:デイビッド・タッターソル,B.S.C.
音楽:ジョン・ウィリアムズ

●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:平田勝茂

<ストーリー>
前作『エピソード2』から3年、共和国と分離主義者の戦争は全銀河に拡大し、ジェダイもクローン軍を率いて、各地でドロイド軍と激闘を展開していた。そんな折り、分離主義者の司令官グリーバス将軍がパルパティーン最高議長を拉致する事件が発生し、オビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーが救出に向かう。アナキンの活躍で無事、最高議長の救出に成功したものの、アナキンはジェダイの掟=師匠であるオビ=ワン・ケノービへの忠誠と秘かに結婚し妊娠した妻パドメとの愛、そしてシスの強大なパワーの誘惑との間で悩み苦しんでいた。そしてついには、アナキンはジェダイに反旗を翻し、ダークサイドへと転落、ダース・ベイダーへと変貌を遂げる。シリーズ完結、いまダース・ベイダー誕生の秘密がついに解き明かされる。

<ポイント>
●壮大な「スター・ウォーズ」サーガを締めくくるシリーズ最終作!
●アナキン・スカイウォーカーがフォースの暗黒面に転落し、ついにダース・ベイダーとして生まれ変わる過程と銀河共和国の終焉を壮大なスケールで描く。
●シリーズ最強! 究極のジェダイ・アクションが全編に描かれる。
●シリーズで謎とされた多くのテーマが解き明かされる。
●DVDならではの超豪華特典収録!

<特典>
【Disc-1】
●音声解説(ジョージ・ルーカス、リック・マッカラム、ロブ・コールマン、ジョン・ノール、ロジャー・ガイエット)
●DVD-ROM特典

【Disc-2】
●削除されたシーン
●ドキュメンタリー:「WITHIN A MINUTE:メイキング・オブ・エピソード3」
●ビハインド・ザ・シーン:「選ばれし者」
●ビハインド・ザ・シーン:「リアルさの追求:エピソード3のスタント」
●Webドキュメンタリー
●ミュージック・ビデオ "A HERO FALLS"(ジョン・ウィリアムズ指揮)
●劇場予告編集とTVスポット集
●スティル・ギャラリー
●「スター・ウォーズ バトルフロントII?」XBOXRゲームデモ ※U.S.版のデモ(英語)となります。
「スター・ウォーズ バトルフロントII?」ゲーム予告編
「STAR WARS EMPIRE AT WAR?」ゲーム予告編
●DVD-ROM特典

※特典名称、内容等は変更になる場合があります。

Amazonレビュー

   アナキンは最愛のパドメが出産の時に死ぬ予知夢を見て、なんとか彼女を助けたいと思うあまりに、命を操れるという悪側“シス”に身をやつし、ダークサイドへと転落してしまう。一方、アナキンをまんまとシス側に寝返らせたパルパティーンことダース・シディアスは共和国をついに崩壊させ、ジェダイ騎士団を壊滅させていくのだった……。
   シリーズ最終章は、新3部作の中では最高の出来。愛と憎しみ、友情と裏切りといった様々なドラマが紡がれていき、最後のパズルのピースを埋めるにふさわしいボリューム感を持った作品となっている。もちろんオープニングの戦いからアナキンと師匠のオビ=ワン・ケノービとの対決まで、ワクワクするような戦いの場面も目白押し。スクリーンで観るのにふさわしい、実に楽しい作品だ。(横森文)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
決して悲劇では終わらせないルーカスの妙
いわゆる新三部作の中で、『スターウォーズエピソード3:シスの復讐』(以下、『シス』)のみ、最後がファンファーレで幕を閉じていたのを気づいた方も多かったのではないだろうか?この流れの展開が、一見大団円で終局を迎えながら、最後の最後で「ダースベイダーのマーチ」のモチーフを流して漆黒の中に観客を放り出す『スターウォーズエピソード1:ファンタムメノス』(以下、『エピソード1』)と対をなしている。このように冒険活劇を悲劇に、悲劇を希望にと、選択する音楽のモチーフだけで作品全体のトーンを変えてしまうルーカス監督の力量には平伏するものがある。

旧三部作と新三部作を見事につなげるラストシーン
能力において多くのジェダイを圧倒し、それに誰もが気づき始めていながら、ジェダイオーダーに対しあからさまに批判的な態度に出るアナキンを冷静に見つめる
メイスウィンドウ。それぞれの思惑と圧倒的な影で全てをかすめるシスの暗黒卿の影。その見えざる脅威はヨーダの予知能力すらゆがめてしまう。そして、万を期して
パルパティーンの口から発せられるオーダー66。『新たなる希望』の際、ベンケノービによって発せられた『ジェダイ狩り』の全容が明らかとなるのだ。そして最後、オーウェンが赤子のルークを抱きながら二重星を見つめるところで、
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
EP1~EP3は、EP4~EP6への序章という明確な位置づけがよい。
壮大なスペースオペラは銀河全体の物語(サーガ)でもあり、そこに生きる人たちの個人的な物語(サーガ)でもある。スピンオフストーリー(アメリカで発売されているブックなど)を絡めても息の長い物語であるのがスターウォーズ(スピンオフストーリーは5000年前のシスの絶頂期からはじまる)である。
ヘイデンの師弟対決で敗れた際の演技には、荒削りではあるがこの後に続くEP4~EP6でのダースベイダーの全ての言動につながる表現をしている。EP3を観た後、トリロジー(旧三部作)の位置づけが明確に私の中で変わった。EP4でのダースベイダーとオビワンの対決シーンの二人の会話、ベイダーがオビワンに対して自分を救ってくれなかった嫉妬や、そこにベイダー自身の傲慢さが招いた運命であったことを自らも悟りながらも、オビワンに対する復讐をせざるを得ない。
EP5でのルークを味方に引き入れようとするベイダーは、多分、孤独を埋めてくれることを息子に期待したのだろう。それほど孤独が彼を蝕んでいたように思える。パドメが死んで以来、ダース・シディアスすら信頼していなかったのではないか。そう、ベイダーは、いやアナキンは自らの傲慢により自らと愛するものたち(パドメ、オビワン、ジェダイなど)を失った。孤独が彼を支え続けてきた。その目の前
...続きを読む ›
3 コメント 115人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
アナキンが脆弱とかヘタレとかで批判している人がいますが…
そもそもベイダーは旧三部作でも十分ヘタレでした。
子供のころ、エピソードⅣの終盤でTIEファイターで吹っ飛ばされていくベイダーを見て
「見た目の割りにへちょい!」と思いました。
エピソードⅥで皇帝を放り投げたのを見て、その放り方はあるかよ!と思いました。
だから新三部作でヘイデン・クリステンセンのヘタレっぷりを見るたびに
「これぞベイダー」と思います。批判する人はそもそも旧三部作をわかっていません。
そんな自分はユアン・マクレガーのオビワンが好きです。おわり。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mimu 投稿日 2005/11/10
Amazonで購入
 新3部作はアナキンがダースベイダーになる話ということで片付けられていますが、パルパティーンを中心に考えると、
 ep1 元老院議長就任、そのために自国のナブーを攻めさせる
 ep2 軍隊創設、大権発動 そのためにジオノーシスの件でクローン使用を余儀なくさせる
 ep3 皇帝就任、銀河帝国誕生 地位を確実にするため、グリーパス捜査でジェダイを分散、各個撃破
ものすごく長期的な計画である。ある意味、スターウォーズは彼が主役。弟子はすべて捨て駒。(ダースベイダーでさえep6で・・・)
腐敗した民主主義から独裁が生まれる。普遍的なテーマである。
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
プロローグの宇宙戦は繊細で華麗、スピーディーな画面展開に釘付けになってしまいました。
アナキンの、ダース・ベイダーへの変容をどのように理解するのか身構えていたのですが、始まるとアナキンとパドメが可哀想でただ泣いてしまいました。
幼かったアナキンの無欲な心は、愛ゆえにパドメに執着心を持ちます。
なぜジェダイが「個人」にではなく、命あるもの全てへ無私の愛を持つように育てられるのか、その理由が理解できました。
前作ではアナキンの母親、今回はパドメへの愛を執拗に脅かすダース・シディアス、迷った末のダークサイドへの転身はパドメを救いたい一心だったのに・・・。
猜疑心や迷いによって判断力をなくすアナキンはマスター・ウインドウとダース・シディアスとの戦いで正邪を見極めることもできず、
さらにはパドメを驚愕させる結果となり・・・ついに二人の愛は破局します。シリーズの中で心の葛藤に重点をおいて描いていると思います。
でも一番怖かったのは、ダース・シディアスの合法的な世界支配と、そのために裏で行われる堕落への計画的な誘いです。
C3POの能天気なお気楽さ、R2-D2の大活躍もいつも通りですが、オビ・ワンの成長もまた見どころです。最も大切なものを理解し、迷いなく戦いへ赴く姿に感動です。
「新たなる希望」のルークが故
...続きを読む ›
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック