中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐 (ソニー・マガジンズ文庫―Lucas books) 文庫 – 2005/6

5つ星のうち 4.7 29件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160 ¥ 20
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ダース・ヴェイダーの誕生とジェダイ騎士団の滅亡、
帝国の台頭、そして新たな希望を描く最終作
クローン大戦の戦火は首都惑星コルサントにおよんだ。ジェダイ評議会は元老院を陰で操る謎のシス卿ダース・シディアスの正体を暴くため、パルパディーン議長の周辺をスパイする任務をアナキン・スカイウォーカーに課す。父と慕う議長への背信行為、ジェダイ騎士団に対する失望、妻パドメの妊娠……過酷な状況に追い詰められたアナキンは、ついにシス卿の正体を知ることになったが……。
スター・ウォーズ映画、感涙の完結作!

内容(「BOOK」データベースより)

クローン大戦の戦火は首都惑星コルサントにおよんだ。ジェダイ評議会は元老院を陰で操る謎のシス卿ダース・シディアスの正体を暴くため、パルパティーン議長の周辺をスパイする任務をアナキン・スカイウォーカーに課す。父と慕う議長への背信行為、ジェダイ騎士団に対する失望、妻パドメの妊娠…過酷な状況に追い詰められたアナキンは、ついにシス卿の正体を知ることになったが…。スター・ウォーズ映画、感涙の完結作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 557ページ
  • 出版社: ソニーマガジンズ (2005/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4789725642
  • ISBN-13: 978-4789725644
  • 発売日: 2005/06
  • 商品パッケージの寸法: 15.5 x 11 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 123,724位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 sanjunio トップ1000レビュアー 投稿日 2005/4/27
形式: 単行本
7月の映画を待つか、それとも、今この本を読むかについて少し悩みましたが、基本的に物語の骨格はすでにわかっているわけで、ネタバレもなにもないだろうと思って買いました。正直EP3には、つじつま合わせのストーリーだし、そんなに期待していませんでしたし、SF映画の脚本をいままで読んでおもしろいと思ったことはありませんが、この本はすべてのネガティブな印象を完膚なきまでに一掃するだけの価値のあるすごい本です。
正義の番人ジェダイ・カウンシルと、巧妙な政治力と権力を持つパルパティーン、優雅にして悪な元ジェダイ、デュークー伯爵、そしてジェダイ殺しのライトセイバーサイボーグのグリーバス将軍、そして運命に逆らうことのできないパドメとアナキンの愛の行方、オビ・ワンとアナキンの師弟対決。もちろんパワーアップしたジェダイのアクションも満載です。
この本は、いままでのSWが単なる幼稚なファンタジー物語だと思えてしまう程、登場人物の愛と悲しみ、葛藤が十分に描かれており、物語に大きな奥行きを与え、十分大人の鑑賞に堪えられる作品となっています。
富永和子さんの訳も文句なしで、ヨーダーの倒置法トークもしっかり再現されています。
映画では例えばアナキンの心に住まうドラゴンなど、この物語の持つ心象描写やジェダイカウンシルやパルパティーンのトリックが、どこまで描けるかは疑問ですので、
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 待望の映像は観ていませんが、とにもかくにも、内容が緻密で、心の中に、勝手に映像が、それぞれの想いで浮かんでくること間違いありません。
 火山での戦いのシチュエーションも予想を裏切らぬものであったばかりか、それまで、アナキンが苦悩し、それを核にして絶叫と絶望が交錯する、それぞれの、端役に至るまで、全ての登場キャラの心の叫びが、聴こえてくるようでした。
 共和国の、民主主義の有り様だけでなく、ジェダイの存在意義についても、実に客観的に、単なるダークサイドからの陰謀で、正義が崩壊したという感じではなく、例え、シスの側から、「それら」の矛盾が語られるにせよ、読者の視点としては、バランスを保って、読み解いていくことが出来ました。
 さて、この作品を読み終えて、まず、何の欲望が掻き立てられたかと言うと、私の場合、これまで、牧歌的なエンドアの空気漂う、ハッピーエンドの度が過ぎて、個人的には、それほど好きではなかったエピソードⅥのDVDが、たまらなく観たくなり、皆様、御周知の通り、ダース・ヴェイダーの「アナキン」としての「帰還」が、息子の手によって、もたらされた時、そして、ラスト、フォースのアストラル体として、オビ・ワン、ヨーダ、アナキン(ヘイデン)が、ルークに微笑みかけているシーンに、不覚にも「SWで初号泣」してしまいました‥‥‥‥これまで何度も観てるのに‥‥‥‥
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
およそ30年前に、ジョージ・ルーカスがこのように語っているインタヴューがある。
「若かりし頃のオビ=ワン・ケノービが、ダース・ヴェイダーと生死を賭けて戦う。
オビ=ワンによって、ヴェイダーは、火山の噴火口に追い詰められてしまうのだが、
死闘の末、灼熱のマグマの中へと墜ちていき、全身が焼けただれた無惨な姿となる。
ヴェイダーがあのような姿になり、独特の呼吸音を響かせているのは、そのためだ」
それは『STAR WARS』ファンにとって、死ぬまでに観たい“幻の死闘”だったが、
いよいよ、今作『Episode III : Revenge Of The Sith』で、その光景が現実となる。
フォースに暗黒面の帳が下り、ヨーダでさえも未来が予見できぬ絶対絶命の状況で、
ついにシスの暗黒卿ダース・シディアスが正体を現し、ジェダイを滅ぼそうとする。
ジオノーシスの戦乱以降、その数を減らし、疲弊しているジェダイはどうなるのか?
“預言の子”アナキン・スカイウォーカーは、どのように暗黒面に墜ちてゆくのか?
最愛の妻パドメと双子たちは?かけがえのない友であり、師でもあるオビ=ワンは?
「おまえは“選ばれし者”だったんだぞ!」心から放つ悲痛な叫びは届かないのか?
失うことを怖れ
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 桜川 投稿日 2005/7/24
形式: 文庫
映画のノベライゼーションと言うと、どうしても中身の感じられない薄いものだと思われがちだし実際そうであることが多い。しかしこの「シスの復讐」は、その厚みからもわかる物凄い内容量で、情景描写だけでなく、映像だけではどうしても補えない心理描写がたっぷり詰め込まれた1冊の本として読むに十分値するSF小説だ。
エピソード2から3年、ジェダイ・ナイトに昇格したアナキン・スカイウォーカーに忍び寄る暗い影……なぜ彼は銀河にその名を轟かせるジェダイであったにも関わらず、恐怖の銀河帝国に君臨する最悪の暗黒卿ダース・ヴェイダーになってしまったのか?新3部作に一貫したこのテーマだが、映画を観ただけでは疑問を抱く人も多かった。この小説では、アナキンの複雑に変化していく心情を、彼の中に潜むドラゴンや、パルパティーンの誘惑などを使って細かく描き、納得できるものにしている。特に映画を観ただけでは忘れがちな、エピソード1、2とのリンクも、小説ならではの描写で思い出させてくれる。救えなかった母親の死、怒りに身を任せて行ってしまったタスケン・レイダーの虐殺など、エピソード2の物語はアナキンの心理変化にかなり重要な意味を持っていたことを改めて認識できる。オビ=ワンとの友情とその破綻、シスとなりヴェイダーと名付けられた瞬間に彼の中で花開くダークサイド、そしてその裏にあるシスの「究極的な残酷さ」――”残念だがヴェイ
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック