通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
スタートラインに続く日々 がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: こちらの商品は店頭買取したものになります。比較的キレイな状態だとおもわれますが、中古商品ですので多少の傷・スレ・日焼けなどの使用感がございます。通常2日以内に商品管理店舗より発送いたします。発送方法はお選びいただけません。発送後発送メールにてお客様へご連絡いたします。商品についてのお問い合わせは管理店舗までお願いいたします。 商品管理店舗:フタバ図書GIGA広島駅前店 住所:広島市南区松原町2-22 【商品へのお問い合わせは「出品者情報欄」より「出品者に連絡」をクリックして頂き、メッセージにてお願いいたします。】
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

スタートラインに続く日々 (日本語) 単行本 – 2019/8/1

5つ星のうち3.4 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/8/1
¥1,650
¥1,650 ¥1,000
お届け日: 12月2日 - 9日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
18 時間 13 分 以内に注文した場合.
詳細を見る

本2冊以上で3%ポイント還元

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • スタートラインに続く日々
  • +
  • 手話通訳者になろう
  • +
  • 耳の聞こえない人、オモロイやん! と思わず言っちゃう本
総額: ¥5,060
ポイントの合計: 52pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


5日間のBig Sale 12/1[火] 23:59まで
第2弾 サイバーマンデー 開催中
今すぐチェック

商品の説明

著者について

1979年、名古屋市に生まれる。映画監督。ろう者。Studio AYA代表。愛知教育大学卒。大学在籍中にカリフォルニア州立大学ノースリッジ校に留学し、映画制作を学ぶ。大学で講師をするかたわら映画を制作し、全国各地で上映。講演にも力を入れる。
主な作品である「珈琲とエンピツ」(2011)は、全国の劇場で公開された。東日本大震災で被災した聞こえない人を取材した「架け橋 きこえなかった3.11」(2013)。他に自転車ロードムービー「Start Line(スタートライン)」(2016)、ろう・難聴LGBTを取材したDVD教材「11歳の君へ ~いろんなカタチの好き~」文科省選定作品(2018)など。手話と字幕で分かるHIV/エイズ予防啓発動画(2018)を無料で公開している。現在は、「アスペのまあちゃん」(仮)を撮影中。Yahoo!ニュースで取材したことを動画と文章で発信している。
[Studio AYA]https://www.studioaya.com

出版社より

今村彩子監督の素顔に出会える一冊です!

今村彩子監督

映画「スタートライン」の舞台裏とその後…

書籍『スタートラインに続く日々』について

ろうの映画監督・今村彩子初の単著。

生まれつき耳が聞こえない映画監督は、コミュニケーションが超苦手。 ”そんな監督”が泣きながらも約2年かけて一冊書き上げた!

監督に振り回され編集者も泣いた!(泣かされた?)

「彩子さんのために(せいで)一体どれだけ泣いたんだ!」(編集者)

……笑い、涙、怒り、すれ違い、絶望、感動の先にこの本が生まれました。

映画制作の現場の舞台裏と、著者の魅力にも触れられる本をめざしました。

障害、福祉、LGBT、HIVなどについて考えるきっかけになったらと思います。

私はぶっちゃけ「障害者」という言葉も漢字も嫌いーー。(今村監督)

人生と本音で向き合っている彼女の思いに心を揺さぶられます。

日本中のためらっている人に少しの勇気をおすそ分け。

本を読んだ後は、誰もが今村監督に会いたくなるでしょう。

今村監督が歩んできた40年間の道のりを包み隠さずに、彼女自身「今の言葉」で振り返ります。

来年公開の新作映画ができるまでのエピソードも紹介しています。

「架け橋 きこえなかった3.11」取材風景

映画 今村彩子

東日本大震災後、すぐに現地を訪れカメラを回し、聴覚障害者に向き合った

「架け橋 きこえなかった3.11」

ドキュメンタリー/74分/日本語・字幕(日本語・英語)

2014年 ドイツ・フランクフルト 日本映画専門映画祭 <ニッポンコネクション>ニッポンビジョン部門 観客賞3位

2013年 イタリア・ローマ CINEDEAF映画祭 招待作品

津波警報が聞こえなかった――― 命を守る情報に格差があってはならない。

東日本大震災の11日後に宮城を訪れ、2年4か月かけて取材。

一般のテレビや新聞で報道されなかった聞こえない人たちの現状を伝えるドキュメント。

今村彩子監督

映画 今村彩子

興味のある対象を見つけカメラを回す

映画「スタートライン」で北海道を駆け抜ける今村監督

映画 今村彩子

沖縄から北海道・宗谷岬をめざして。のちに映画「スタートライン」として公開された

「スタートライン」

ドキュメンタリー/112分/日本語・字幕(日本語・英語)

2017年 韓国・全州国際映画祭 招待作品

2017年 ドイツ・フランクフルト 日本映画専門映画祭 <ニッポンコネクション> 招待作品

生まれつき耳の聞こえない映画監督が、自転車で沖縄→北海道日本縦断の旅へ。

コミュニケーションの壁にヘコみ、涙しながらも走り続ける57日間の記録。

伴走カメラマン哲さんの叱咤激励、聴力を失った旅人ウィルとの出会い…

ニッポン中のためらう人に観てほしい、一篇の勇気のおすそわけ。


登録情報

  • 発売日 : 2019/8/1
  • ISBN-10 : 490895710X
  • 単行本 : 326ページ
  • ISBN-13 : 978-4908957109
  • 出版社 : 桜山社 (2019/8/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.4 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.4
星5つ中の3.4
2 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
36%
星3つ
64%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年10月22日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告