¥13,200
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
スタンフォード神経生物学 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

スタンフォード神経生物学 (日本語) 単行本 – 2017/8/11

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2017/8/11
¥13,200
¥13,200 ¥12,180
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


アウトレット本から掘り出しものを見つけよう!
倉庫内で傷を負った本や、返品された商品のうち状態が良い本をお手頃価格で販売中! 詳しくはこちら

商品の説明

内容紹介

神経科学は面白い
神経科学とは,神経系に関する研究を行う自然科学の一分野である。神経科学の究極の 目的の1つは,ヒトの脳がいったいどのような基本原理によって形成されて機能するのか, という問いに答えることである。これは,宇宙がどのように成り立っているのか,という 問題と同等な,人類にとって根源的な問いといえる。また,近年増加の一途をたどってい る自閉症・注意欠乏多動症候群などの発達障害やパーキンソン病,認知症などの神経変性 疾患,統合失調症やうつ病などの精神疾患に対する効果的な予防法や治療法を確立するた めにも,神経科学の重要性はますます高まっている。
神経科学の最大の特徴は,カバーすべき領域や技術が生命科学の中でも極めて広範であ り,分子生物学,遺伝学,生化学,生理学,薬理学,心理学,コンピュータ科学,統計学, 物理学,病理学,臨床医学(神経内科・脳外科・小児科・整形外科・精神科)など多岐にわ たる点である。このような学際性に対応するために米国では1969年,日本では1974年に 神経科学学会がそれぞれ組織された。引き続いて米国では1976年のKuffl er & Nicholls “From Neuron to Brain",1981年のKandel & Schwartz “Principles of Neural Science" 以 来,神経科学の教科書が次々と出版され,多くの大学に神経科学学部が創設された。一方, 日本ではこれらのレベルに匹敵する教科書は未だに存在しない。また神経科学学部をもつ 大学もなく,神経科学は医学部,薬学部,心理学部,工学部,理学部,情報学部などさま ざまな学部に分かれて教育されているのが現状であり,日本人の初学者にとっては大きな ハンディキャップがある。私たちが本書を翻訳しようとした最大の動機はここにある。本 書を通じて神経科学分野に進もうとする日本人学生が一人でも増えれば,翻訳者たちに とって望外の喜びである。
教科書として,本書がもつ大きな特徴は2つある。まず何より面白い。教科書は,しば しば事実の羅列になりがちである。本書では,どのようにして個々の知見を得ることがで きたか,また得られた知見を総合することによってどのような原理を見いだすことができ るか,といった点に重点が置かれている。ほとんどの章において,まず興味深いエピソー ドや疑問点が読者に提示される。引き続いて,この疑問点を解決するためにどのように問 題点を整理したり,モデル動物を用いた実験が行われたかが紹介される。例えば,第5章 では,脳には1,000億個のニューロンが,それぞれ1,000以上ものシナプスを整然と形成 することによって神経回路が形成されていることが紹介される。しかし2万個しかない遺 伝子が,いったいどのような戦略によってこのような課題を達成しているのだろうか?
著者は,ハエやマウスの視覚経路や嗅覚経路について判明してきた実験結果を次々と解説 しながら,第7章にてこの問いに対する一般原理を提唱する。
本書の2つめの特徴は,これだけ広範な範囲を扱う神経科学の教科書としては稀有なこ とであるが,単独著者により執筆されたことである。そのために各章の記載が見事に連動 し,全体としての一貫性が極めて高い教科書となっている。過去18年間にわたってスタ ンフォード大学で著者が行ってきた授業をもとにしているとはいえ,現役のトップ神経科 学研究者の一人である著者が,多忙の中でこれほどの教科書を書き上げたことに心から敬 服する。
本書の各章の翻訳はそれぞれの分野の第一線で活躍している研究者の熱意と努力によって達成された。関係各位に深く感謝する次第である。近年の概念的・技術的進歩によって, 神経科学における発見のスピードは加速し続けている。しかし「根源的な問い」についての われわれの理解はまだまだ満足にほど遠く,見通しすらついていない。是非,多くの若手 研究者がこの刺激的な分野に参入してくれることを期待する。
2017年7月
柚﨑通介 岡部繁男

出版社からのコメント

神経科学の新しい教科書が誕生
具体的な研究手法に触れながら、全体像が把握できる

生物学的、医学的側面に焦点を定め、神経科学では主流となった分子レベルの研究に重点を置き解説した教科書。単なる知識の羅列ではなく、「知識がどのように得られ、原理がどのように導き出されたのか」がわかるよう、筋道立て丁寧に解説。神経科学分野の第一線で活躍するLiqun Luo博士が、スタンフォード大学での18年間にわたる神経生物学の授業をもとに執筆した単著。首尾一貫し、読者を惹きつける工夫を怠らない記述は、わかりやすく面白い。初学者から専門研究者まで必読必備の一冊。


登録情報

  • 単行本: 732ページ
  • 出版社: メディカルサイエンスインターナショナル (2017/8/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4895928888
  • ISBN-13: 978-4895928885
  • 発売日: 2017/8/11
  • 梱包サイズ: 27.9 x 21.2 x 2.8 cm
  • カスタマーレビュー:
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 220,523位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
ベスト500レビュアー
2017年8月28日に日本でレビュー済み
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告