この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

スタンド・バイ・ミー [DVD]

5つ星のうち 4.6 241件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:5¥ 849より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ウィル・ウィートン, リバー・フェニックス, コリー・フェルドマン, ジェリー・オコネル
  • 監督: ロブ・ライナー
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 発売日 1998/10/23
  • 時間: 88 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 241件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005LMCY
  • JAN: 4988107092271
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 70,841位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   59年、オレゴン州の小さな町、キャッスルロック。ともに12歳のわんぱく仲間4人が、森の奥で行方不明になった少年を見つけだそうと冒険に出る。しかしこの2日間の冒険は、それぞれ生涯忘れられない思い出となるのだった。
   スティーヴン・キングの小説を原作に、幼い日のみずみずしい思い出をつづる物語。多くの若者のバイブル的な映画となった。4人の無名の少年のなかからリバー・フェニックスというスターがとび出し、4人の先輩格でキーファー・サザーランドが、ナレーターとしてリチャード・ドレイファスが出演している。監督は、のちに『恋人たちの予感』などを手がけるロブ・ライナー。
   有名なベン・E・キングの主題歌は、60年代末のヒット曲である。この映画のおかげで、再度大ヒットとなった。劇中でも、オリジナルが使われている。(アルジオン北村)

内容(「Oricon」データベースより)

スティーブン・キング原作の名作小説を、ロブ・ライナー監督が見事に映画化。4人の少年たちの冒険と成長を描いた不朽の名作。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
久しぶりに見て感動した。とくに好きな俳優のリチャード・ドレィフアスが良かった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
懐かしくて何回も見直してしまいます。サウンドも良く、タイトルコールが終わるまでとめられませんでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TAKA 投稿日 2016/3/31
形式: DVD
12歳の夏、4人の少年たちが死体探しの旅に出た。
線路伝いに歩きながら、時に列車に轢かれそうになったり、
沼を渡ってヒルまみれになったり、野宿したりしながら、
みんなそれぞれ複雑な家庭環境の中にいることを互いに励まし合い、
死体があるという場所へと向かってゆく。
そして不良グループと対峙するクライマックスがやって来るのだった・・

僕が子供の頃、大人たちがよく言っていたものだ。
大人になったら、学校の時の様な友達は出来ないよと。
その時は意味が全く分からなかった。
しかし大人になって分かった、それは本当だなと。
大人になっても気の合う仲間との出会いはあるし、
そこから友達と呼べる人だって出来るだろう。
けれど何かがやっぱり違う。
それはきっと、大人の腹積りの延長線上にはない、
純粋さなのだろうと思う。

この映画は永遠の友情を描いているわけでもないし、
四人がこの旅の後、仲良し四人組でいたわけでもない。
でも大人になって振り返った時に、
純真を思い出せるアトリビュートな存在だったのだと分かる。
そこに多くの人々は共感し、この映画は主題歌と共に、
80年代を代表する作品の一つになったのだろうと思う。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 イーロンJr. トップ100レビュアー 投稿日 2017/6/10
形式: DVD
40代後半になり、会社でも管理者となり、いつの間にか「いまの若い人達は」
などということが口から出てしまう年になりました。

たまたま休日、レンタルビデオ屋でこのDVDを手に取り、借りました。
もう忘れてしまったのですが、たぶん、過去にTVで見たことがあると思います。

特段、オチやどんでん返しがある訳でもないのですが、最後の
「あの頃のような友達は二度とできることはなかった」
には、「本当にその通り」で、極めて深く考えさせられました。

この年になっても「純真さを忘れない!」などというのは、正直恥ずかしいですし、
ピント外れだと思います。
だからこそ、この「純真さ」は胸の内に秘め、日々の仕事、そして子供達の父親と
して、これからも過ごしていこうと思います。

5年おき、10年おきに見返したくなる素晴らしい映画でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この映画は日本で公開されたのは1987年だがら丁度30年前と云う事になる。私は映画館で見てはいないので、最初に見たのは
多分TV初回放送時の1989年だと思う。当時はVHSのテープに録画して何度も見ていたが、今ではデッキもテープも存在しない。
物語の時代背景は1950年代末らしい。映画で例えれば「アメリカン グラフィティ」や「グリース」の時代背景にやや近いが、
日本の映画で例えれば「三丁目の夕日」の時代背景だった頃のアメリカだ。この映画を見ると少年の頃の夏休みを思い出す。
と云っても線路づたいに歩いた事も無いし、野宿をした経験も無い、パンツの中にヒルが入っていて血を吸われた事も無いが、
何故かノスタルジックな夏の香りを運んで来るのだ。誰でも似た経験はあると思うが、夏休みに数人で特に目的は決まって
いないが、バットにグローブ、虫カゴに虫取り網、釣り竿にバケツは定番アイテムで炎天下の土手沿いや草むらを散策していた。
肩に掛けた小さいバッグには菓子パンと自販機で買った缶ジュースを入れて日が暮れるまで遊んでいた小学生だった。
(当時は炭酸飲料は250ml缶の自販機しか無く一本50円で缶よりガラス瓶の方が主流。昭和30年代生まれのオッサンです)
スクリーンの中で12歳の少年達を演じている彼らにとっては「
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 オレゴンの小さな町に住む4人の少年(ゴーディ、クリス、テディ、ヴァーン)が、ブルーベリー摘みに出かけて行方不明となり、おそらくは死亡していると思われる、同い年くらいの男の子を探しに、2日間の遠出を敢行する。その往きと帰りの旅路のなかで、彼らの生涯に残る出来事が次々に起こるのだ。

 ホラー映画で名高いスティーヴン・キング原作の映画化だが、本作は、人間の内面を深く見つめた、誰がみても共感できる、素晴らしい仕上がりになっている。ロブ・ライナー監督は、俳優の経験もある人で、出演した俳優たちからの信頼を得ながら、まだ経験の浅かった子役たちの表現力を、みごとに引き出している。

 少年4人よりもずっと年上の不良青年のボス(エース)を演じているのは、ドナルド・サザーランドの息子、キーファー・サザーランド。根は温厚で知的なこの俳優が、最後の最後まで、少年たちを脅かす悪役に徹しているのがおもしろい。

 ・・・そして、あの、20代で夭折した、リヴァ―・フェニックスが、少年たちのリーダー格(クリス)として、感情豊かな演技を披露している。なかでも、盗んでしまった給食費を担任の先生(女性)に返しにいったことから起きた、悲しい現実を、無二の親友、ゴーディ(ウィル・ウィートン)に語る場面は圧巻だ。こともあろうにその先生は、クリスから受け取ったお金
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す