日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

スタンド・バイ・ミー (字幕版)   

 (5,528)
8.11時間28分1987PG12
1959年オレゴンの小さな町。文学少年ゴーディをはじめとする12才の仲良し4人組は、行方不明になった少年が列車に轢かれて野ざらしになっているという情報を手にする。死体を発見すれば一躍ヒーローになれる!4人は不安と興奮を胸に未知への旅に出る。たった2日間のこの冒険が、少年たちの心に忘れえぬ思い出を残した・・・・・・。
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると3日でレンタルが終了します。

プライムで¥0で視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『バチェラー・ジャパン』シーズン4、11月25日22:00独占配信開始

あの『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1に参加した黄皓(こうこう)が、4代目バチェラーとして戻ってきた。シーズン4の波乱だらけ、予測不可能な旅を通して、バチェラー黄晧は真実の愛を見つけることができるのか?
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
キーファー・サザーランドコリー・フェルドマンケイシー・シマーシュコゲイリー・ライリーブラッドリー・グレッグジェイソン・オリヴァー
プロデューサー
Andrew ScheinmanBruce A. EvansRaynold Gideon
提供
Columbia Pictures
レーティング
PG12対象
コンテンツ警告
飲酒暴言喫煙暴力
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.4

5528件のグローバルレーティング

  1. 66%のレビュー結果:星5つ
  2. 20%のレビュー結果:星4つ
  3. 8%のレビュー結果:星3つ
  4. 3%のレビュー結果:星2つ
  5. 4%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

乙42018/08/25に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
あの12歳の時のような友達はもう二度とできない
確認済みの購入
まさにこの一言にこの映画は尽きる。
1950年代末のアメリカの田舎が舞台なのだが、日本人の私がみても郷愁を感じた。
それはなぜか。利害を考えない子供のころにしかできない友人との冒険がそこに描かれているからだ。
この映画にはドラゴンもエルフも出てこない。ただアメリカの自然があるだけだ。
だがハラハラするドキドキする。いつの間にか彼らの目線で彼らと歩いている。
最新のCG映画にすこし飽きがきているそこのあなた。おススメですぞ。
148人のお客様がこれが役に立ったと考えています
もっち2016/04/07に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
中学生の時に小説で読んで
確認済みの購入
20年前の中学1年生の時にいじめにあいました。
その時に出会った小説は今でも何を読んだか覚えています。
その中の1つがこの作品。
子供の頃の冒険心、見栄や度胸、自分が育った街が世界と思う所など物語に引き込まれていきました。
20年経ち久しぶりに映画を見ましたが、やはり心に残る名作ですね。
今の子が見ると古臭い・ダサいと思う事もあるかもしれませんが、それがかっこよくいい時代だったと感じます。
映画を見て、中学時代の1年間のいじめはとても長く感じ辛かった経験がとにかくありましたが、今になって、今の自分を作ったものなのかと感傷に浸れました。
産まれてくる赤ちゃんが大きくなったら一緒に見たい映画の1つです。
241人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazonカスタマー2020/04/07に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
色褪せない物語
確認済みの購入
暴力に暴力で勝ち、より弱い者を馬鹿にするという男社会の掟。
それでもヒエラルキーの頂点であるアメフト選手であっても交通事故であっけなく死んでしまうし、しかも彼は立場の弱い弟を常に鼓舞する善人だった。
戦争の英雄でも終戦後は息子を虐げる狂人になってしまう。
男親の存在が息子を苦しめる。

しかし、クライマックスのピンチに息子を救った暴力とは、どうしようもない父親から盗んだ銃だった。
真の盗人ではないのに、盗人の性を背負うことによって小さい町の暴力のトップを退け、親友のプライドを守ったことになった。
その彼は暴力ではなく、知力で人を守る弁護士の道を選んだ。
それなのに最期は、正義を貫いたことで暴漢のナイフによって命を落とす人生になった。

主人公は結局、書くことに困らないほどの大作家として、暴力以外のルートで大成する。
その道を選ばせたのは、主人公を勇気づけた親友の魂そのものだった。
そしてついに、その親友の死によって"書くことに困"り、親友の有り様を物語として甦らせる試みを取った。

12歳の時のような友人はもう作れない、というのは嘘である。
現に、それを上回る家族の絆を主人公は手に入れている。
だからこそ、かつての親友が刺されて死んだ現在に、昔の友情以上の友情が主人公の胸に去来したのだ。
その事を示すのがこの作中作がしたためられた由縁である。

このように、細やかな人間同士の位相の対比によって緻密に構成された、万人に共通する「どう生きるべきか」の物語であることが、この作品が色褪せない強い物語であることの証明になっている。
56人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2018/05/17に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
少年の日の帰らざる思い出
確認済みの購入
私が始めてこの作品を見たのが、丁度この作品の子達より少し上の頃、中学生でした。
たまたま近所のレンタルビデオ店で見かけて、グーニーズに出演した子役が出ていた為に興味を持ち、レンタルして見たのがきっかけでした。
内容に感動して同年代の友人にも勧めてみましたが、あまり芳しい感想は出ませんでした。もう少し大人になってから見てたら、また違った感想も出たんだと思います。
しかしながらその感動が覚めやらぬ時期に、大胆にもTV局へ電話して洋画劇場での放映をリクエストしたのも個人的には良い思い出です。

誰しもが何かしらの思い出を持っている、小学生後半の頃、子供と青年の狭間にある、微妙な、そして繊細な時期に持つ独特な感覚と世界観が垣間見え、大人になった自分がこの映画を見ると色々と思い出す、少年の日に誰しも思い描く様な冒険をストーリーに乗せて上手く表現しています。

中学生の頃に見た際は、エンディングのシーンで語られる言葉に自然と涙が出てきました。
大人になってこの作品の原作と由来を知って、本来はホラー作品の一シナリオを切り取った作品、と知ってそれはもう驚いたものです。

今一度、大人になった自分からこのギスギスした世の中を一旦忘れて、純粋に子供の頃の様な純真な心を思い出す、良いきっかけになる作品ではないでしょうか。
99人のお客様がこれが役に立ったと考えています
igul2019/05/06に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
過大評価がひどすぎる
確認済みの購入
プライムにあったので昔から気になってたし観賞。
なにこれ。何も娯楽がない時代だから評価されたのかなと思う時代に恵まれた作品という印象。

冒頭からタバコ吸った餓鬼が死体を見に行きたいという理由だけで旅に出て終わり。
しょうもない。
歌はいいんだけど子供に見せたいとかないわーw
入れ墨したりタバコ吸ってるところを見せたいてどんな親だよ。
71人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ふわもこうさぎ2018/07/15に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
リバーフェニックスの演技に涙。名作です。
確認済みの購入
涙がこぼれて仕方なかったです。改めて、
リバーフェニックスの凄さ、素晴らしい演技を
再度確認した気がします。
リバーフェニックスが亡くなってから悲しくて映画も見られずにいましたが
大好きだったので思い切って購入しました。
本当に名作だと思います。
こうやって打っていても涙が出てきます。

映画史に残る名作中の名作だと思います。
79人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Ora2016/03/18に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
時々見返したくなる好きな作品の一つ
確認済みの購入
祝、プライムへの追加。時々見返したくなる好きな作品の一つです。
クリス役の若きリバーフェニックスが非常に良い味を出している。
時代背景、環境は違えど、自分自身の少年時代の悪友を思い出して、たまには帰省しようかな。などどノスタルジックに浸ってしまいます。

スティーブンキング原作のなかではホラー色が薄い作品。
原作は"Different Seasons"という4編構成(春夏秋冬)になっていて、原作もかなり楽しめます。
「スタントバイミー」は秋の物語"The Body"。
ちなみに春の物語は「ショーシャンクの空に」で、夏の物語も「ゴールデンボーイ」で映画化されました。
日本語訳は春夏と秋冬で2冊に分かれて販売されてます。
166人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Lee2017/01/01に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
レビューの題名がつけられません
確認済みの購入
あらすじとしては、4人の少年が旅をして成長する、の一言です。
歌いながら歩いたりマンガの話をしたりこどもらしくかわいい場面もたくさんあります。
でも、本質は一言では語れない、もっとダークな社会の一面をはらんでいる。
登場人物それぞれに家庭環境上の問題があり、旅の途中で向き合う場面もあります。
私自身、小学校高学年から中学生くらいまで家庭環境や自分自身のことでかなり悩むことがあり、
就職と同時にふるさとを離れました。
そういった意味で、ただ単に子供時代の冒険心を思い出しただけではなく、自分自身のルーツについても考えさせられたお話です。
私には、すべてを包み隠さず話せる友達はいなかったので、登場人物たちを見ていて、自分も追体験し補完したように思えます。
77人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示