こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,188
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 麻布セール本舗
カートに入れる
¥ 1,188
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Bomber's Shop
カートに入れる
¥ 1,188
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: オーエス商店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

スタンド・バイ・ミー コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.6 224件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:29¥ 839より 中古品の出品:16¥ 509より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ウィル・ウィートン, リバー・フェニックス, コリー・フェルドマン, ジェリー・オコネル
  • 監督: ロブ・ライナー
  • 形式: Color, Subtitled
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2011/01/26
  • 時間: 88 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 224件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004E2YUSI
  • EAN: 4547462074621
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 26,770位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

12 才の夏、
誰も大人になんかなりたくなかった……。


【ストーリー】
1959年オレゴンの小さな町。
文学少年ゴーディをはじめとする12才の仲良し4人組は、行方不明になった少年が列車に轢かれて野ざらしになっているという情報を手にする。
死体を発見すれば一躍ヒーローになれる!
4 人は不安と興奮を胸に未知への旅に出る。
たった2日間のこの冒険が、少年たちの心に忘れえぬ思い出を残した………。

【映像・音声特典】
■ 音声解説(ロブ・ライナー監督)
■ メイキング・ドキュメンタリー:「あの夏の想い出」
■ ミュージック・ビデオ
■ ミュージック・スコア
■ タレント・ファイル
■ 関連作品予告編集

【Copyright】(C)1986 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

※ジャケット写真、商品仕様、映像特典などは予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「Oricon」データベースより)

スティーブン・キング原作の名作小説を、ロブ・ライナー監督が見事に映画化。4人の少年たちの冒険と成長を描いた不朽の名作。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
一番最初に観たのは、確か中学校1年生くらいだったと思う。
子供が4人、死体を見に行って終わり。特に盛り上がる場面もなく、淡々と進んで終了。「全く面白くない映画だなぁ」と思った。
それもその筈で、この映画のテーマは「死体探しアドベンチャー」ではなく、「喪失」なのだ。友人だったり、幼い心だったり、大人になる為に必要な、「青春の喪失」を描いた映画なのだ。
当時の僕は、それらの物を失ってなかった(まだ子供だった)ので、全くリアリティを感じなかったのだ。
23、4歳くらいにもう一度観た。はっきりと分かってしまった。
「あ、何か懐かしい感じがする・・・。」
大人になった(いろんなモノを失った)僕には、この映画が凄いリアリティで心に迫ってきた。気がつくと、僕は泣いていた。
毎日忙しく暮らしている大人にこそ観てもらいたい映画。心が少し軽くなりますよ。
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
電子化が進み、文字媒体や記号情報等で相互が表現される現代にあっても、
こんなに一喜一憂しあい、励まし励まされる生身の友情があって欲しいものだ。
と思ってしまいました。

友達が生涯、身近に居続けることは無いかも知れないですが、
思春期の友達が家族よりも大きな心の支えとなり、
時に大きな行動力の源となるということを伝えてくれた映画です。

青年の死体を発見し、兄貴分に死体を引き渡さなかったにもかかわらず、
メディアに大々的にひけらかさずに、匿名で警察に通報したというくだりに、
兄の事故死と重なったゴーディの切なさを分かち合った深い友情が感じられました。

そして、やはり主題歌が染み入りますね。
恋愛ではなくて、友にそばにいて欲しいとストレートに歌っているのが
映画の内容と相まって共感してしまいますね。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
以前、スティーブン・キングがこの作品について語っていたことがあります。
少年時代を過ごしたメイン州の田舎町、友人と泳ぎに行った湖で友人の首筋に
付いたヒルに気付き、みんな大騒ぎ。その中の1人が自分のパンツに入った
ヒルを見つけ“ヒュゥ…”と言って白目を剥いて倒れたとか。キングはその時
初めて人が失神したのを見たそうです。そんな忘れられないエピソードがこの
作品に描かれていたことを知って、改めて観てみるのも興味深いです。
小さな冒険だけど、その間お互いについて語り合い、それぞれの距離で見守る
優しい友情、学年が変わって何となく疎遠になってしまう感じ、冒険を終えて
戻ってきた時、何だか自分の町が小さく感じた微かな成長。この作品が心に
響くのは、誰の中にも残っている、子供時代の思い出と重なる部分があるから
ではないかと思います。
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ネットで夏や、夏休みがテーマの作品を検索していた所、この作品のタイトルを発見、
懐かしい思い出がフラッシュバックして来た。

30も半ばを過ぎた、今となっては少々照れ臭いのだが。
中1か中2の時、バスに乗って繁華街の映画館まで友達と見に行って・・・。
場内が明るくなった頃、エンドロールの余韻に浸り切って呆然としていた僕の顔を見た悪友が一言。

「あ〜、泣きよ〜ぞ、コイツ!!」 。

それ以来、ちょっとでも泣きそうな気配を予感させる作品は1人で見に行くようにしている。
が、それはそれとして。

今も僕はあの時涙を流せた自分は決して間違いなんかじゃないと信じているのだ。
小、中学生の間って、友達はクラスの奴か、頑張っても精々、同じ町内会の学年一つ上か下で。
その付き合いは絶対で一生続くもんだとばかり思ってたから。

でも、私立中に行った奴らとは最近顔会わせないよな、とか、
高校って受験で皆バラバラになるんだよな。とかも薄々やけど考えてた僕にとっては、
この映画での冒険と、街に帰った後での、あっけないバイバイが、めちゃくちゃ切なかったんやから。

小説とか映画って、出会うべくして出会いピッタ
...続きを読む ›
1 コメント 138人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック