通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 棚番号W19※最初の折れさえなく、使用感ございません。書き込みなどなく、気持ち良くご使用頂けます。帯なし。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学 単行本 – 2007/9/14

5つ星のうち 3.7 135件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,711 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 734 ¥ 49

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学
  • +
  • クルマは家電量販店で買え!―価格と生活の経済学
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 34pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者からのコメント

私の家の近くに24時間営業のスーパーがあり、店に入ってすぐの棚では、有名飲料メーカーの500mlペットボトル入りのお茶が98円で販売されています。ところが、店の前の自動販売機でも同じお茶が売っていて、その価格は150円です。移動に10秒もかからない場所で98円で売られているお茶が、自動販売機では150円で売られていて、しかも結構売れているようなのです。ともに冷やしてあり、もちろん同じ味です。
同じモノがすぐ近くで異なる価格で売られていて、どちらで買う人もそれなりにいるのはなぜか? 自動販売機で150円で買ってしまう消費者は合理的ではないのか? じつは、150円で買うことが合理的だと思われるケースも多いが、それはなぜか?
本書は、身近な「モノやサービスの価格」について、「消費者の視点」で理解することを目的にした経済の入門書です。しかも、徹底してひとつのコンセプトに絡めて考えます。それは「コスト」です。ただし、かなり広い意味でのコストに注目します。
石油がほとんど採れないはずの日本が、ガソリンや軽油の輸出を大幅に増やしているのはなぜか? どんどん高機能化するデジカメの価格がどんどん安くなるのはなぜか? 100円ショップの安さの秘密はどこにあるのか? といったことも考えます。
もちろん、表題にあるように、スタバのコーヒーの価格についても考えます。じつは、本書の結論は「グランデを買え」というものではありません。こういった本のタイトルは少し大げさなのです(お許しください)。スタバのコーヒーの話は、本書が取り上げているたくさんの話題のひとつにすぎません。スタバのコーヒーに興味がない人でも、身近なモノやサービスの価格に興味があれば、ご一読いただければと願っています。

内容(「BOOK」データベースより)

あのモノやサービスの値段はどうやって決まっているのか?有名コーヒー店の値段のしくみ、携帯電話の超複雑な料金体系、映画DVDの「だんだん値下げ」、100円ショップの安さの秘密…今まで「そういうものだ」と思っていた社会のしくみに、経済学というフィルターを通すと、意外な理由が見えてきます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 284ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2007/9/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478002290
  • ISBN-13: 978-4478002292
  • 発売日: 2007/9/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 135件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 37,622位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
本書の内容は、「消費者の視点」と「企業の視点」で
モノやサービスのプライスを決める理由を説明しています。
また、消費者は同じ商品でも「取引コスト」を意識的であったり無意識的に判断し、
購買活動をしていることをわかりやすく説明している。

スタバの事例は
S(ショート)サイズとG(グランデ)サイズの容量は、
それぞれ240gと480gとグランデサイズはショートサイズの2倍になります。
ところが、全ての飲物でSサイズとGサイズの金額差は全て100円となっています。
コーヒーはSサイズが280円でGサイズが380円なのに
Sサイズが380円のプレミアムホットチョコレートはGサイズが480円と100円高いだけです。

容量から計算すると、
どの飲物でもSサイズの倍になるGサイズの方がお買得です。
これは、消費者視点から見た場合のものです。

一方、企業視点から考察すると、消費者視点と同様にGサイズが利益率が高くなります。
(詳しく知りたい方は、本書を読んでください。)

軽くふれると、
コーヒーを提供するためには、コーヒー豆や牛乳などの原材料費がかかります。
それ以外に従業員にかかる
...続きを読む ›
1 コメント 214人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
■自販機で150円のお茶を買うのはなぜか?
→冷やすという付加価値が付いているから

■映画のDVDはなぜだんだん値段が下がるのか?
→最初は高くても見たい人がいて、時間がたつと安ければ見たい人が買うから

■スタバのコーヒーはどのサイズを買うべきか?
→コップ代と注ぐ行為はどのサイズもほぼ同じなので、量の多いサイズのほうが得

■デジカメや液晶テレビの価格が異常に下がるのは?
→輸出も視野に入れて大量生産するごとに、単価が下がるから

■携帯電話の料金はなぜ複雑なのか?
→いろんな顧客に合う細かな価格帯を設けた結果である

こんなことが書かれている本です。
ビジネスマン向けではなく、中高生向けの本です。
ただただ、繰り返しの表現がダラダラと書かれて、分かったことは前述のことのみ。よくもまあ、こんな内容に300ページ近くも書いたことだ。紙のムダだ。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とにかく面白いです。
切り口としてスタバや100円ショップ、携帯電話などを例に挙げ、
学術的な小難しい説明を読む苦痛を和らげてくれています。

この本全体を通して一言でまとめると、要するに
「取引コスト」など、純粋な原価以外の部分に着目して値段を見極めようぜ! って感じです。

個人的に白眉は、「比較優位」の話でした。
かいつまんで言うと、絶対的に能力がダメダメな人でも、自分の能力(出来ること・出来ないこと)を冷静に自覚できれば、必ず活躍の場がある…という話です。
中間管理職とか組織のリーダーが参考にすべき理論だと思います。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読んだ方の多くがそうであったと思いますが、題名にひかれて買いました。この時点で出版社の戦略勝ちですね。
日々買うものの値段がいかに決まっているのか、単なる需要と供給という説明を超えて、売る側の思惑と買う側の思惑を身近なモノ(スタバのコーヒーや、100円ショップ、携帯電話料金等)を例にして解説しています。

ただ、私は30代会社員ですが普通に日々のお金のことを考えながら暮らしていれば、ここに書いてある事に大きな発見はそこまであるのか疑問です。なぜ同じ品物でも店内の割引商品ではなく店前の定価販売の自販機から買ってしまうのか。列が込んでいた、急いでいた等と普通に考えればすぐに分かる理由を「取引コスト」という言葉を使って解説しています。正直最後の方は流して読んでしまいました。

あまり批判的だとよくないと思うのでいくつか良い点を挙げるとすれば、この手の初歩の解説本としては例題の出典(新聞、雑誌)を比較的明らかにしており、また記事引用だけかと思いきや、中国の日用雑貨の一大拠点にも取材に行って情報収集をしています。あと、かなり単純化していますが、読者に分かりやすく原価計算も示しています。

まとめると、10代や学生さんにとっては非常によい入門書となると思いますが、社会人には生活挙動の確認として読むことになると思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー