中古品
¥ 258
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【送料無料!アマゾン倉庫からの直送につき、365日毎日発送致します。「お急ぎ便」または「当日お急ぎ便」も利用可能です。Amazon 専売品につき在庫切れの心配はございません。】 ★★帯付です★★ ●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、本文のコンディションは、全体的に良好です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際には、速やかに返金等の対応をさせて頂きます。その際、評価を入れられる前に、メールにてご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

スタイルシート スタイルブック 単行本 – 2004/2/11

5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「検索にヒットしやすい」ウェブページをデザインする上で、またアクセシビリティやメンテナンス性を向上させるためには、スタイルシートを導入して「コンテンツとデザインの分離」を心がけることが大切です。本書は、テーブルデザインとCSSデザインの折衷である「ハイブリッド」デザインを提唱し、正しいスタイルシートの使い方をやさしく導入する手引き書です。既存のCSS関連書籍にはTIPS集やプロパティ辞典が多く見られますが、本書はそういった既刊とは一線を画し、意欲的なウェブデザイナー向けの画期的なバイブルとなるでしょう。

内容(「MARC」データベースより)

これからのWebページはコンテンツとデザインを切り離して管理する方法が主流になり、その時に役立つのがCSS。先端のWebデザイナーからウェブログで初めてCSSに触る初心者にも最適なCSS入門書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 207ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2004/2/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798105856
  • ISBN-13: 978-4798105857
  • 発売日: 2004/2/11
  • 梱包サイズ: 22.8 x 18.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 388,565位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
~まず最初に、この本は入門書ではありません。基本的な解説をすっ飛ばして、いきなり「クールなホームページの構成」の解説から始まります。
この本を手に取ったとき、正直戸惑いました。仕方ないので、他の入門書で知識を貯えてからこの本を読みました。
「基礎編」という項目もありますが、CSSの基礎は解説されていません。正直なところ、ページの無駄に~~思えます。
既にCSSでデザインしている方に有益なのは、「実在するホームページのHTMLとCSSの構成はどうなっているか」を解説した「STYLE~~ BOOK編」でしょう。プロの作った作品ですから、どれもみな格好いいものばかりです。
この本で最も役に立ったのは、「ハイブリッドデザイン」というテーブルとCSSの組み合わせを解説する「実践編」でした。
いくらCSSがデザインに優れていても、いくら「レイアウトにテーブルを使うな」と言っても、ブラウザがCSSに対応していないのでは話になりません。となれ~~ば、どんなブラウザで見ても、できるだけ同じレイアウトを維持するハイブリッドデザインを採用することが最も現実的だと思います。
惜しむらくは、トップページの解説のみで終わっている点で、コンテンツページの作例まで解説して欲しかったので、星一つ減としました。
---
CSS入門者には、
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とてもきれいな本で見ているのだけでも楽しいのだが、CSS技術についてはきれいに説明されているようには思えない。

どうも、本全体を貫く幹みたいなものを感じることができない。技術的な体系よりも、感覚的なエッセイのような話が多すぎるからかも。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 boze VINE メンバー 投稿日 2004/5/9
形式: 単行本
よくあるCSSリファレンス本ではなく、より実践的なCSSの使用法が学べる本でした。
仕事でウェブ制作をしているとクライアントからNN4でも対応するようになどの要望がまだまだ多い。
最近のブラウザと同じ見え方になるようにするにはテーブルで組むことが多かったです。
そういう時の対応方法なども載っている点も参考になりました。
肩肘張らずに気軽に読めて、それでいて参考になる本です。
また、この本のサポートする形のblogもできています。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ある程度スタイルシートに関する知識があり、
『XHTML+CSSでweb標準に準拠したサイトを作りたい!』
と考えている方にはお勧めできるかと思います。
ただ、CSS初心者の方には少し内容が難しいので、
入門書籍をいくつか読んでからの方がいいですね。
実際にXHTML+CSSでサイトを構築しようとすると、
ブラウザごとのCSSの実装に関するバグで結構悩まされます。
(レイアウトが思い通りにいかなくて、イライラ)
そういった部分に着目して具体的な回避策を提示している点は、
なかなか評価できるんじゃないでしょうか。
とはいえ、最近はXHTML+CSSの書籍が非常に増えてきているので、
他の書籍との比較検討は必要かと思います。
この本はデザインがなかなか綺麗なので、
そういった部分も踏まえて本を選ぶ方にはいいかもしれませんね。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
スタイルシートの本というと、いままでは技術者向けの本が多く、デザイナー向けの本は、CSS の本質を理解していない本ばかりでした。しかし、この本は「正しくやさしいCSS入門」と銘打っているだけあり、なかなか正しいスタイルシートの解説がなされている珍しい本です。
ただ、技術者の観点からすると、突っ込みたくなる箇所が無いわけではありません。たとえばクラス名に leftside と名付けているとか。
中身もデザイナーさんが好きそうな、かわいい体裁に仕上がっていて好感が持てます。「スタイルシートではつまらないデザインしかできない」という固定観念もなくなると思います。スタイルシートを食わず嫌いだったデザイナーさんは是非ご一読下さい。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 徳保隆夫 VINE メンバー 投稿日 2004/2/14
形式: 単行本
副題に「正しくやさしいCSS入門」とありますが、まったくの初心者には「HTMLとスタイルシートによる最新Webサイト作成術」などの他書をお勧めします。本書はHTMLとCSSをある程度かじっているけれど、今ひとつピンとこない「万年初級者」の方に最適です。転機の一冊となるでしょう。
「少しはわかっているつもり」の人のほとんどが、じつは「HTMLってどう使うべきもの?」「CSSデザインの利点って何?」このたった2つの質問に、見当はずれの(あるいは不見識な)答えしか返せない。わかっているようでわかっていないのです。そのままでは皮相なTipsの知識しか増えず、いつまでたっても標準化の利益を享受できません。本書はHTMLとCSSの効果的な利用法を提案しますが、意欲的な解説方針が素晴らしい。HTMLとCSSの本質に迫り、正面突破を狙っているのです。
本質的な解説には「スタイルシートWebデザイン」「戦うWebデザイン」「ユニバーサルHTML/XHTML」など先人の金字塔が存在します。しかしそれらはいささか内容が高級に過ぎ、前提知識の要求が厳しく、あるいは網羅性に欠けるなど、中級者向けの内容でした。本書は違います。網羅的に織り込まれたキャッチーなテーマの数々、フルカラーの美しいデザイン、必要以上に深入りしない平易で簡潔な解説、豊富な実践例、実用的なアイデア集……と、初級者にやさ
...続きを読む ›
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー