¥ 450 + ¥ 350 関東への配送料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: メディアデポ

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

スタア誕生 [DVD] FRT-201

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 450
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、メディアデポ が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: ジャネット・ゲイナー, アンディ・ディヴァイン, ウィリアム・A・ウェルマン, アドルフ・マンジュー, メイ・ロブソン
  • 監督: ウィリアム・A・ウェルマン
  • 形式: Color, Subtitled
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ファーストトレーディング
  • 発売日 2006/12/14
  • 時間: 111 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000LXINY6
  • JAN: 4560285902018
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 22,995位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

北ダコタの寒村に生まれたエスター・ブロジェットは、銀幕のスターに憧れていつも映画雑誌を手から離したことがなかった。愚鈍な父親、腕白者の弟、うるさい叔母のマテイなどの中で、若い頃この地方の開拓者であったレティー祖母だけが、彼女の望みを理解し力づけてくれた。そしてある時、エスターは祖母に勇気付けられた上、貯金をもらって夢の国ハリウッドへスターを志して出発した。しかしハリウッドで彼女を待っていたのは就職難だけだった。エキストラの役さえもなく持ち金も残り少なくなったころ、安宿で知り合った人の良い助監督のダニイの世話で、ある映画関係の宴会にお手伝いとして雇われた。その席で彼女は大スターのノーマン・メインに会った。ノーマンは美しいエスターを見ると、同伴していたアニタの嫉妬も構わず彼女を家まで送ってやった。そしてエスターの夢が実現するときがきた。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

この物語はこれまでに2度リメイクされ、そのいずれもが名作であることから、今やこの‘オリジナル版’はちょっと影が薄くなっているような気がします。
あらすじとしては、女優の卵を見出したものの、自分自身はスターの地位から凋落していく主人公ノーマンと、逆にスターへの道を歩んでいくことになる女優エスターの物語なのですが、上記のとおりリメイク版がどちらもがよく出来ていることから、それらを先に観た方からすると、この映画はちょっと物足りないと感じられるかもしれません。
それは前半でやや間延びした演出が見られることや、個人的な理由になるのですが、主役のJ.ゲイナーの魅力が少し乏しいためですが、映画の終盤では結構盛り上がりを見せ、出来そのものは決して悪いわけではありません。

なお、この映画は当時(‘37年)としては珍しくカラーで製作されています。屋外のシーンではさすがに自然な色彩を感じるのですが、暗い室内となると、やはり未だ当時のカラーフィルムの感度が悪かったせいか、全体的に色合いが悪くどこかボケています。
余談ですが、初公開当時(昭和13年)では、映画雑誌にかなり酷評されていました。「よく出来てはいるものの、所詮ハリウッドのマスターベーションに過ぎない。この感傷はおよそアメリカ人の浅薄さを出している。」と。太平洋戦争前とはいえ、ちょっとこれはひどいですね。
1 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 西村哲也 VINE メンバー 投稿日 2013/9/23
 1作品の中にサクセス・ストーリーの爽快感と

 転落劇の悲哀がバランス良く配合された

 ショー・ビジネス映画屈指の強豪作であります。

 本作こそ「舞台裏映画」の幕開けを告げた歴史的作品であると言えるでしょう。

 

 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告