¥ 4,104
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
スケーラブルリアルタイムデータ分析入門 ―ラムダア... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
49点すべてのイメージを見る

スケーラブルリアルタイムデータ分析入門 ―ラムダアーキテクチャによるビッグデータ処理 単行本(ソフトカバー) – 2016/8/24

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/8/24
"もう一度試してください。"
¥ 4,104
¥ 4,104 ¥ 3,577

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • スケーラブルリアルタイムデータ分析入門 ―ラムダアーキテクチャによるビッグデータ処理
  • +
  • ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装
総額: ¥7,776
ポイントの合計: 235pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

絶え間なく入ってくる大量のストリームデータをリアルタイムに処理・分析するために必要な概念とその実現手法を紹介します。
任意のクエリに対応しながら、スケーラビリティと信頼性をどう担保するのか、障害発生時にデータを復旧しやすく、汎用的で拡張性や保守性の高いシステム設計を実現するには、どのようなデータモデルとアーキテクチャが必要なのか。
データ分析を行うエンジニアが備えておくべき知識と情報について、従来のアーキテクチャが持つ問題を解消するために著者が開発した「ラムダアーキテクチャ」のデータモデルに沿って解説します。

内容(「BOOK」データベースより)

絶え間なく入ってくる大量のストリームデータをリアルタイムに処理・分析するために必要な概念とその実現手法を紹介します。任意のクエリに対応しながら、スケーラビリティと信頼性をどう担保するのか、障害発生時にデータを復旧しやすく、汎用的で拡張性や保守性の高いシステム設計を実現するには、どのようなデータモデルとアーキテクチャが必要なのか。データ分析を行うエンジニアが備えておくべき知識と情報について、従来のアーキテクチャが持つ問題を解消するために著者が開発した「ラムダアーキテクチャ」のデータモデルに沿って解説します。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 384ページ
  • 出版社: オライリージャパン (2016/8/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4873117755
  • ISBN-13: 978-4873117751
  • 発売日: 2016/8/24
  • 商品パッケージの寸法: 24 x 19 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 179,624位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
テラバイト、ペタバイト級のビッグデータに対し、リアルタイムで分析結果を返すシステムのアーキテクチャの紹介を記した著作。
アーキテクチャを要約すると以下の3層に大きく分かれている。
・バッチ層
 データを完全正規化したマスタデータを持ち、この全マスタデータから様々な用途に利用するための汎用的な中間データとしてバッチ処理を行いビューを作成しサービス層に提供する。
 データは追記のみ。理由としてデータ汚染が起きた場合、追記のみなら問題の起きた行を取り除いてビューを再計算すれば正常化できるようにする。
 高レイテンシの計算を行う。
・サービス層
 バッチ層の作成したビューを持つ。テーブル結合などはコストが高いので事前に冗長なデータを含んだ非正規化した状態のデータに加工したビューであり、各用途のクエリに特化したビューを複数保持している。
 インデックスが張られ高速にアクセスできるインタフェースを提供。
 ランダム読み出しをサポート。
・速度層
 バッチ処理に含まれなかった新規データ分のみによる計算結果を数ミリ秒単位で返す。
以上により、膨大なデータ量をバッチ層で事前計算しサービス層でビューとして提供する事で、リアルタイムの計算は、サービス層のビューの計算と、速度層の新しいデ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ラムダアーキテクチャの提唱者らがその説明及び実装について記載したのが本書です。

ラムダアーキテクチャはバッチ層、サービス層、速度層の3層から構成されたシステムであると説明があります。同アーキテクチャは、定期的に更新し高い信頼性を保証するバッチ層と、逐次対応に重きをおいた速度層とに分ける事が特徴と読んで感じました。両層はそれぞれ得意不得意が出るので、そのいいとこ取りを行えるシステムにする事で従来のデータ管理よりもビッグデータ管理を行いやすくなるとの事です。

本書では各層の説明とJCascalogやCassandraなどを使ったサンプルシステムの実装の両方がありますので、概念とコーディングが両方把握できる構成です(コーディングは時と共に修正が必要にはなるでしょうが)。そのため、ある程度Javaの知識は要求されます。

ビッグデータ系のシステムを扱う方にとりあえず「これが基本」としてお勧めしても、まず外さないと思われます。大量のデータを処理するという関連で見識を得たい人必見です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック