スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,000
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ウノインターナショナルホールディングス株式会社
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.5 232件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,500
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 573 (38%)
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:14¥ 786より 中古品の出品:17¥ 518より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオスクール・オブ・ロック (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】御宅族周边店
动漫模型,视频游戏,蓝光,DVD和日本动漫,游戏和流行文化音乐 Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック


よく一緒に購入されている商品

  • スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
  • +
  • スクール・オブ・ロック (名作映画完全セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ)
総額: ¥2,223
ポイントの合計: 39pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジャック・ブラック, ジョーン・キューザック, マイク・ホワイト, サラ・シルヴァーマン
  • 監督: リチャード・リンクレイター
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日 2006/09/08
  • 時間: 109 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 232件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000GM4CEC
  • JAN: 4988113757737
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 10,795位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【ストーリー】


いつまでたっても大人になりきれないデューイはロックを愛する熱い男。生活費を稼ぐ必要に迫られた彼は、バイト気分で名門小学校の代用教員になる。ところがある日、ひょんなことから生徒たちの音楽的才能を発見。”授業”と偽って子供たちとロック・バンドを結成したデューイは、念願だったバンド・バトルへの出場を目指す!




【DVD特典】


(1)主演のジャック・ブラックとリチャード・リンクレイター監督による音声解説

(2)生徒役で出演した子供たちによる音声解説

(3)「スクール・オブ・ロック」で学ぶこと

(4)”ロックの神様”レッド・ツェッペリンよ!

(5)ミュージック・ビデオ

(6)子供たちのトロント国際映画祭での一日

(7)ジャックの日記

(8)劇場用予告編

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ジャック・ブラック主演による痛快ロックコメディ。バンド成功の夢を捨て切れない30過ぎの男・デューイは、ひょんなことからエリート小学校の教員となり、生徒たちに“ロックの精神”を叩き込んでいく。“ハッピー・ザ・ベスト!第3弾”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
ロックを通じての子供達との心の交流を描いた…などと言えば聞こえが良すぎですが、クライマックスシーンは結構グッときます。基本お馬鹿なノリですが、かといってハチャメチャ過ぎない、よい塩梅です。
そして全編を通してロック愛に満ちた、ロック好きに嬉しいネタの数々。これもマニアックに走ることなくよいバランス加減です。

余談ですが、ロック映画って大抵猥褻な表現や下品なシーンが出てくるものが多いのですが、本作はそういうのが一切ありません。『セックス、ドラッグ、ロックンロール』と
いう言葉があるように、セックスやドラッグがロックと切っても切り離せない関係性にあることは否定できません。しかし、個人的に私はそういった『ロックの暗部』に価値や美学を見いだしたりするのが死ぬほど大嫌いなロックファンですので、そういった暗部を廃した構成を極めて高く評価したい。セックスやドラッグなんかがなくてもロックはできるんです。それを本作の主人公と子供たちは証明しているんです。
家族で楽しめます。文句なしにオススメ。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
もはや、これはコメディーではない。ヒューマン映画である。
私はコテコテの古臭いロックが好きなので、アンガス・ヤングを匂わせるジャケットに惹かれて観た。
そして感動した。

ロックの定番、AC/DCは期待通り。それ以外にも、ラモーンズやザ・フー、サバス、
そして、何とツェッペリンまで登場するのが嬉しい。

物語の筋は、うだつの上がらない中年男(J・ブラック)が教師になり済まし、教え子(小学生)たちを巻き込んで
バンド・コンテストに参加するという、一見、映画ならよくありそうな下らない話。
なのだが、私はそれに妙に感動してしまった。
そこで、その理由を考えてみた。

まずは、「己を強く持て」という強烈なメッセージ性である。
もちろん、画面上でこうした台詞が直接発せられる訳ではないのだが、J・ブラックは表情豊かにこう語りかける。
「世界は"The Man"に牛耳られている」と。小学生相手に真面目に言い放つのである。
彼がとんだ経緯で紛れ込んだ学校は、規律の厳しいことで知られる名門校で、
まさか子供たちが自分の意思でそこに入学したはずはない。
それを見越した上で、"The Man"への反抗を訴えるのだ。
...続きを読む ›
1 コメント 101人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
ジャック・ブラックのパワフルな表情が印象的なジャケットに引かれたのが本作との出会いです。
皆様のレビューを拝見しても大変好評で、ますます興味をそそられ予約購入。
これが大当たりで、何度見ても楽しめる。ほとんど毎日バンドバトルの場面を再生するので家族が呆れているほどです。
あまりにも面白かったのでもう一つ買い、姉の誕生祝に贈りました。
姉もたいそう気に入ってくれ、今ではちいさな姪たちともども『移民の歌』をシャウトしております。アアア~ア~
さて、本作の面白さは既に大勢の方が述べておいでですので、今更という気もいたしますがこれだけ申し上げます。
主演のジャック・ブラック(JB)はとにかく表情豊かでエネルギッシュ。
彼のパワーが画面からあふれ出て、こちらまで元気にしてくれます。
そして彼はまた美しい声の持ち主でもあります。
クライマックスのバンドバトルは言うまでもありませんが、教卓に足を乗せ、ギターをかき鳴らしながら歌う鼻歌まで決まってる。
校長役のジョーン・キューザックと二人でスティービー・ニックスを歌う場面はとりわけ見事で、思わず聞き惚れてしまいます。
JB出演作をよくご存知の方には彼を「下世話」と評する向きもあるようです。
私は本作で初めて彼を知ったのですが、もし
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 U 投稿日 2006/12/3
形式: DVD
本編クライマックス。《バンド・バトル》での、彼らSCHOOL OF ROCKの熱演を初めて劇場で

見た時、私は実際のLIVE会場に居る時のように拳を突き上げ、思い切り叫び出したい衝動を

必死に堪えて座席に座っていた(笑)

たしかにストーリー展開は、ハリウッド映画の王道といった印象で、突っ込み所も多いのだが、

どうしてこれが最高に楽しめる痛快作品に仕上がっている!

ROCKの醍醐味は、やはりLIVEにある。BANDの熱いパフォーマンスに熱狂して我を忘れ(笑)

会場全体が一つになる感動を味わう。もっと言えば、実際に楽器を手にして BANDを結成すれば、

その楽しさは更に倍増する!

本作はそんなROCKの持つ“体感する魅力”を疑似体験させてくれる。主演のジャック・ブラックをはじめ、

SCHOOL OF ROCKのメンバーとなる子役たちは、全員実際に楽器をプレイし楽曲が作りだされる過程(ジャムセッションの様子)や、

ステージに立った時の興奮とカタルシスといったシーケンスを、笑いを散りばめながら見せてくれる。勿論それだけではなく、協調性

ゼロだった駄目主
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す